2008年6月 7日 (土)

ミッシング・ピース

ぼくを探しに

ぼくを探しに

著者:シェル・シルヴァスタイン,倉橋 由美子,Shel Silverstein

ぼくはかけらを探してる。

足りないかけらを探してる。

ラッタッタッタ。
さあ、行くぞ…

足りないかけら…ね。

今、持ってるもので足りてる。
そう、考えるのもあり、かな。

| | コメント (0)

2007年2月 9日 (金)

遠くからみてみな

なんか、平坦ないまいちな日々が続く。

遠くからみると―FROM A DISTANCE 遠くからみると―FROM A DISTANCE

著者:ジェーン レイ,ジュリー ゴールド
販売元:BL出版

遠くからみると 地球は青とみどりいろ
雪の帽子をかぶった山々は白い
遠くからみると 幸せな顔ばかり
苦しみなんか どこにもない
銃も爆弾も病も
飢えに苦しむ人もみあたらない

そう、少し、いろんなことを遠くからみてみる、とゆー視点を持とうよ、俺。
と自分に言い聞かせてみたりする今日この頃です。
もう2時30分。ぎゃぼーーー。
のだめカンタービレ17巻、今月13日発売。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月20日 (土)

ナイスキャッチ!

日常の一瞬先は闇。いつも、そう思う。

昨日の記事のラストに、明日っから子どもの本と戯れるぞー!とか書いて、はしゃいでたのに、今日はそれどころじゃなかった。
営業先でえらくトラブった。日常生活でしばしば起こる、すれCHIGAI。
言った・いや聞いてない、払った・いや貰ってない、売った・いやこっちは買ってない…的な「エンドレス話が平行線」スパイラル。あーあ。
昨日まで、俺の日常はヒカクテキ平和だったのにー。
すごーく、ヤな気分になって店へ戻りました。

でも、店に戻ったら、嬉しい発見が。
児童書コーナーのいっちばん目立つ所に置いている俺の超超オススメ絵本「おおきな木」がまた1冊売れてた。うわーい!
「売れた」ことが嬉しいんじゃないですよ。その絵本を愛する俺の想いを、絵本を買ってくれた見ず知らずの誰かがキャッチしてくれた事が、嬉しいんです。俺の想いが届いたのが最高にハッピー。

おおきな木 おおきな木

著者:Shel Silverstein,シェル・シルヴァスタイン
販売元:篠崎書林

明日こそ児童書展示会場で、子どもの本と戯れるぞー。

ソングブック

「こどもの本」とか書いてたらふと思い出した。竹村延和さんの「ソングブック」。
こーゆーの音響系?エレクトロニカ?とゆーのでしょうか。専門用語は知らないけど。なんか絵本の世界に迷い込んだような、そーいう電子音楽の世界だったような気が。
久しぶりに聴いてみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月12日 (金)

美しき姉妹愛

最近入ったバイトの女の子。22歳だったっけかな。

このコと何かしら会話すると、30秒に1回ぐらいの割合で、そのコの口から「おねえちゃん」という、単語が出てくる。

「おねえちゃんが○○だから~」とか「こないだおねえちゃんと、いっしょに~」とか。
話を聞いてみると、そのコは3つ年上の姉の事が本当に本当に大好きらしい。

その年頃で、それほどまでの姉想い。率直に、いいなあと思う。ハナシを聞いてるこっちまで、嬉しい気持ちになる。
妹にそこまで想われるおねえちゃんも、さぞや幸せだろう、と思う。
この愛なき時代に、そーいう綺麗で純真な姉妹「愛」が確かに存在するんだ。
なんてすばらしい!と心からそう思う。

明日はどーいう「おねえちゃん」トークが聞けるのかな。

ねえさんといもうと
麗しき姉妹愛。ときて、思い出した絵本。「ねえさんといもうと」(福音館書店)
これは妹想いのお姉さんのお話。幼い姉妹のお互いを想い合う心の動きが、細やかに描かれています。なんか、すごくいいなあ、って思います。

久しぶりに、妹にメールしてみよっかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 4日 (木)

与える木

よーやく、明日から休み。うーん、長かった。ジツに。
夜7時以降は、客足も鈍く、昨日に続き、少し早めの店じまい。
明日から、本が入ってきます。リアルな日常へ。

今日は、同僚の女の子を泣かせてしまいました。1冊の本がきっかけで。

俺にとって、「生涯の1冊」と言っても過言ではない絵本がある。

おおきな木 おおきな木

著者:Shel Silverstein,シェル・シルヴァスタイン
販売元:篠崎書林

おおきな木。これ。これに関して書き始めると止まらなくなるので、あえて内容には詳しく触れません。ただ、この絵本は俺にとって、死ぬほど好きな1冊で、かつ、読むと号泣してしまう1冊。

世界中の65億人に読んでほしくって、うちの店にも「世界中65億人のみんな、読んでみて!泣いても、しらないよ…」という俺の紹介文とともに、児童書コーナーのいっちばん目立つところに、ずーっと表紙を見せて、置いてる。

知人や同僚、いろんな人に読んでみて、読んでみて!とススメている1冊。

その本を、3日前からうちの店に加わった新入りの女子に読ませたんです。
俺の超オススメ!少しでも、本の中身見ると、俺、泣いちゃうから、俺から見えないように離れて読んでね。
ってそのコに言いました。

少しの後、その同僚のコが泣きながら、無言で俺んとこにその本持って来ました。(ちなみにこれは、閉店後のやりとりですよ。)

俺がその本に感情を揺さぶられたのと、同じなにかをその物語から感じてくれたようで、同じ気持ちを共有できた気がして、すごく嬉しくなりました。でも、なんだか、女の子を泣かせちゃって、ちょっと悪い事しちゃったかな、って少し恥ずかしい気持ちにもなりました。

求める、のではなく、与え続ける。ただただ、与え続ける。自分がどんなに、ボロボロになっても愛を注ぎ続ける。見返りも何も求めない。無償で、無限で、果てしない愛情をも超えた感情。それを与え続ける。

俺も、おおきな木、みたいなニンゲンになりたいです。それが究極の理想です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月24日 (日)

はろー、KIRABIYAKA

ラッピングの嵐。

児童書がたーくさん、売れた。新記録っちゅうぐらい。

ふゆのよるのおくりもの ノンタン!サンタクロースだよ めがねうさぎのクリスマスったらクリスマス

 

 チビねずくんのクリスマス  チャレンジミッケ! 4 サンタクロース

こーゆーのがよく売れました。表紙を眺めてるだけでも、なんか、ワクワクしてくる。うん、きらびやか。

きらびやか。ジツは俺、ちょびっと、きらびやかアレルギー。きらびやか、苦手。きらびやか、まぶしすぎ。きらびやか、敬遠派。バイバイ、きらびやか。

でも、ほんとは、友達になりたいんだ。きらびやか、と。てへっ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月12日 (火)

想像力が世界を変える。かも。

早番の今日。本当に本当に久しぶりに7時ちょうどに退社。何故か、それがとっても嬉しい。フツーじゃない状態の中にいつもいると、フツーのことがとっても嬉しく感じる、っていうけど、そーいう事なのかな。

わたしのワンピース わたしのワンピース

著者:にしまき かやこ
こぐま社

ホントは今日も休憩とってる、ヒマはなかったのに、休んじゃった。その間、魂、半分抜けた状態で、読んだ絵本です。わたしのワンピース。絵本の古典的名作ですね。

ある日、うさぎさんのところに、空から真っ白な布きれが落ちてくる。うさぎさんはミシンで「わたしのワンピース」をつくるんですねえ。そのワンピースが…お花畑を散歩すると、花模様に、雨が降ってくると、水玉模様に変わるんですよ。これが。草原を歩くと、草の実の模様になって、小鳥がその実を食べにきて、ワンピースは小鳥の模様に。虹がかかるとワンピースはなないろの虹色になって…。

なんていうか、幸せな気分になるための想像力。灰色にしか見えないいろんなものがカラフルに見えるようになる、想像力。それで、少しでも自分や身近な人がやさしい気持ちになれるような。そーいう、想像力。 そーいうのって、なんか、いいなあって思いました。

pop go the happy tune

カラフルというイメージで思い浮かんだ。メルティング・ホリデイズ。知ってるかな。
去年出た「POP GO TO THE HAPPY TUNE」というアルバム。
いわゆる90年代初頭の「渋谷系」から、多大な影響を受けてるであろう、的な音。

「おもちゃ箱をひっくり返したような」という表現がとっても良く似合う、最高にキュートで、ポップで、イマジネーションに溢れてるキラキラした音楽。

そんなこんなで、今日はメルティング・ホリデイズ聞きながら寝ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)