2011年6月21日 (火)

SNOOZER

6月に入ってから1回もブログ更新してなかった。

曇ってるわい。空が。

いまいち気分もすぐれず。

そんなこんなで、いろいろ雑感。

雑誌 / snoozer 2011年8月号  〔Book〕 雑誌 / snoozer 2011年8月号

スヌーザーの最終号、買う。
なんだか、寂しい。
創刊号からではないが、12年ぐらい買い続けていたので。
物事をアイマイにしがちな俺にとって、はっきりYES!とかNO!という姿勢、意思を明確に世世間に発信する、この雑誌はいろいろ刺激になりましたし、勇気づけられました。
といいつつも、スヌーザーが仮想敵誌と位置付けているロッキング・オンも毎号買ってる自分ですが。
そう、私はただ、熱い音楽雑誌がすきなのです。

いろいろ音楽鑑賞

The Apples The Apples

アーティスト:吉井和哉

とゆーわけで、6月のアタマにライヴ行きました。
ロックスターのオーラがバリバリ出てましたねえ。
「LOVE&PEACE」を聴いて涙しました。
この1曲だけでも行った価値がありました。

Joys of Living 2008-2010 イギー・ポップと讃美歌

SUNNY 心ノ底ニ灯火トモセ

11のとても悲しい歌Mccartney

s(o)un(d)beams グリーン・トゥリーズ

どうでもいい芸術 

SHARKS、オワリカラ、TEI TOWA、イースタンユース、ピチカートワン、ポールの1枚目、Salyu×Salyu、GREEN TREES、米騒動。

なんかいろいろ聴いたが、あまり印象に残ってない。
とりあえず、なにかしら新しい音楽に触れてないと、自分を保てないというか。
今は、音楽を楽しむ余裕はないけど、とにかく音楽に触れるのが大事。
うまく言えないが。

| | コメント (0)

2011年4月 3日 (日)

思い出アルバムたち

新年度、スタート。

って気がしない。

今日が何日なのか。
何曜日なのか。
よくわからない日々が続く。

今日は、久しぶりに半日休み。

そんなこんなでいろいろ見聞きしたキロク。

機動戦士ガンダム ZZ 12 [DVD] 機動戦士ガンダム ZZ 12 [DVD]

とゆーわけで、よーやくラストまで見終わりました。
地震の影響で、しばし中断してましたが。

こんなラストだったっけ?
けっこうあっさり終わっちまったんだね。

評価あまり高くないZZだけど、それほど悪くもないじゃん、
っていうのが正直な感想。

アムロ、カミーユと比較してのジュドーの明るさと吹っ切れ具合も悪くないし。
けっこう好きなキャラでした。

○ いろいろ音楽聴きました、キロク。

そんなこんなで、センチメンタルな気分になりながら、

久しぶりに聴く思い出深いアルバムたちを聴きながら、

荒れ果てた自分の部屋を片付けました。

まだまだ片付きそうもない。

ア・ディスタント・ショア(紙ジャケット仕様) ア・ディスタント・ショア(紙ジャケット仕様)

アーティスト:トレイシー・ソーン

邦題は「遠い渚」。まさにそんなイメージ。
行った事もない異国の地の遠い海辺に独りたたずみながら。
俺は波の音に耳をすますのです。

KYU-BOX. KYU-BOX.

アーティスト:大正九年

これは、2002年、俺内アワード年間ベストアルバム賞獲得の1作。
実に久しぶりに通して聴いたけど。
このなんともいえない「引きこもり」感と「ちょっと鬱」感が心地良いです。
ひきこもりテクノです。

Baby I'm Bored Baby I'm Bored

アーティスト:Evan Dando

このアルバムも2003年によく聴いたなあ。
レモンヘッズのヴォーカルのエヴァン・ダンドゥのソロアルバム。
この枯れた味わい、ケダルイ雰囲気。最高です。

ベスト・オブ・ジョン・デンバー ベスト・オブ・ジョン・デンバー

アーティスト:ジョン・デンバー

「悲しみのジェットプレーン」という曲が最高に好きで、それが聴きたくて。
久々、ひっぱりだして聴きました。
69年ぐらいの曲だったかな。

ユメクイ ユメクイ

アーティスト:大塚愛

これは2006年にほんとによく聴いた曲。
死ぬほど好きな曲です。
久しぶりに聴きましたが、やっぱり死ぬほど好きな曲だな、と思いました。

アビイ・ロード アビイ・ロード

アーティスト:ザ・ビートルズ

4日ぐらい前から聴いてましたが、3日連続、途中で寝てしまいました。
私はヒロウコンパイ状態なんです。毎日。
そんなこんなで、今日、よーやく大好きな後半のメドレー曲を聴き切りました。
君が受け取る愛は、君がもたらす愛に等しい
…という「ジ・エンド」が最高に好きです。

Music From Big Pink (Remaster) (紙ジャケ) Music From Big Pink (Remaster) (紙ジャケ)

アーティスト:ザ・バンド
販売元:EMIミュージック・ジャパン

バンドのファースト。
これまた久々聴きました。
こーいう黄昏たヤツが聴きたくなるんですよね、最近よく。

TOP OF THE FUCK’N WORLD TOP OF THE FUCK’N WORLD

アーティスト:The Mirraz

そして、今、これ書きながら聴いてるのはコレです。

○ 読書日記

あきらめない人生 (集英社文庫) あきらめない人生 (集英社文庫)

著者:瀬戸内 寂聴
販売元:集英社

もともとは3年ぐらい前に読み始めて。
途中でストップしてずーっと放置してた。
数日前から読むの再開して読み終えました。

こん中で瀬戸内さんの知人の言葉が印象に残りました。
失明という困難な状況にぶち当たった時。
神も仏も信じない、信じるのは自分のみ、とこの現実を受け入れた時から、
生きていく気力と安心感を得た、みたいな話。

震災以後、なんだかんだで、自分も神と仏に祈ってるし。
毎日、自分ちの神棚と仏壇に手を合わせるじゃないですか。
それまでは、手を合わせるだけで具体的に心の中で何かを念じることはしなかったのにね。
最近は助けてー、って祈ってる。
これは甘えなのかな。

明日っから超ハードスケジュールでかなりユウウツ。
ほんとはこんなん書いてる場合じゃないのだ。
もう寝なきゃ。明日に備えなきゃ。

延々室内にて、思い出アルバムに浸りながら、自分の時間を過ごすのは幸せか。
それだけの人生だったら楽しいか。
否、だね。

せっかく生きてるんだから、命を使わねば。

| | コメント (0)

2011年3月27日 (日)

この道をゆけば…

ハロー、生きてるか?俺。

震災から2週間が経過したが。
どーも、いまいち、状況がよい方向に向かってない。

いまだに風呂に入れないし、食料が手に入りづらいし、灯油もあまりないし。
仕事に関しては、職場(店舗)の電気が未だに完全復旧してないし。
物流が止まってて商品が入ってこないし。
でも、一方でやらなきゃいけない業務はしっかりやらなきゃいけないし。
あと、ガソリンが全然手に入らないし。
車のガソリンが底をつき、ついに、昨日から自転車通勤になっちまったし。
職場まで約1時間。

まともに自転車に乗るのなんて10年ぶりぐらいなので、マニックスのファースト聴きながら、中高時代の通学ルートを思い出に浸りながら走行…するはずだったのだが。

ジェネレーション・テロリスト ジェネレーション・テロリスト

アーティスト:マニック・ストリート・プリーチャーズ

死ぬほどバテた。しかも途中から雨降ってくるし。
思い出に浸る余裕も無く。マニックスの音もあまり耳に入ってこなかった。
これが老いるということか…と老いをリアルに実感した。
仕事でもそれなりに身体は動かしているはずだが。
持続的な体力とはまた別なのか。

アルティメット ヒッツ ドラゴンクエストIV 導かれし者たち アルティメット ヒッツ ドラゴンクエストIV 導かれし者たち

販売元:スクウェア・エニックス
発売日:2010/03/04


今日、自室内の本とCDの海状態を片付けていたら、DS本体を発見。
もう3年以上さわってない。ドラクエⅣをプレイして以来。
なんだか、またムショウにドラクエⅣやりたくなってきたわい。
ゲームの世界に軽く現実逃避したいカンジ。
勇者は、ライアンは、アリーナは、クリフトは、マーニャは、ミネアは、トルネコは、
ブライは、元気かのう。

とかなんとか泣き言ばかり言ってても何も始まらないので。
日々、できることをやってます。
って、まあ、こーしてブログなんぞ更新できてるだけ十分に俺は幸せ者やぞ。

苦中に楽有り。
死中に活有り。

求めれば、楽しみも、活もあるはずだ。

そんなこんなで、ここ数日の音楽鑑賞日記

 トリコロル 言葉にならない、笑顔をみせてくれよ(初回限定盤)(DVD付)

Love & Theft The Heart of Saturday Night

悪魔のささやき〜そして、心に火を灯す旅〜 Four
Elevation Eden

相変わらず、ジャンルレスです。
いまどき、キタキマユ聴いてる人もいないと思うけど。
俺内アワード2001年年間ベストアルバムの「トリコロル」。
今聴いても最高に素敵です。
あと、くるり、ボブ・ディラン、トム・ウェイツ、エレカシ、横山健、
ファラオ・サンダース、エヴリシング・バット・ザ・ガール。

迷わず行けよ、行けば分かるさ。

| | コメント (0)

2011年3月21日 (月)

生きてる

俺が住むこの地は宮城県北部のとある市。

そんなこんなで、震度6強の地震食らいました。
普段、地震に全く恐怖を感じない自分でもさすがに今回は少し「死」を意識しました。
ちょうど地震発生時、仕事中、築数十年のえらく古い三階建て倉庫の1階にいたので。
幸い、家族も、俺も無事。自宅も倒壊せず。

こちらの市は沿岸部に比べて被害は少ないものの、建物倒壊、道路陥没多数。
職場、自宅ともに室内は壊滅的な荒れ様。
自宅では、箪笥、本棚等、床に直立状態で立っていた家具類はほぼ全て倒れ、食器、陶器類は三分の二ぐらいは壊れました。
そして、しばしの断水、停電生活を送りました。
電気は復旧まで一週間かかり、よーやく今、こーしてパソコンを使えるようになりました。
停電中はろうそくで生活しました。4日目ぐらいでろうそくが切れ、となりの家から数本頂戴しました。まさか、ろうそくにも困る生活を送るとは夢にも思わなんだ。

電気が復旧した時は嬉しくて少しだけ泣きましたね。
蛍光灯の明かりがまぶしすぎて。

よーやく、家の1階、生活スペース部分の片付けはだいたい完了したので、2階の自分の部屋の復旧作業をしているところ。
しかし、これ、復旧までに10年ぐらいかかるんじゃないか、というぐらいヒドイ状況。

俺の部屋にはだいたい3000枚近くのCD、推定2500冊の書籍、さらに一体何冊あるか数え切れないほどの雑誌がある。毎月欠かさず買っているロッキング・オン、ジャパン、スヌーザー、ムジカの他、クッキーシーン、クロスビート、ミュージックマガジンなどなど。
俺は貧乏性なので、基本、モノをあまり捨てない。
そんなわけで、それら雑誌数年分が本棚なり、本棚上なりに全部揃って(しまって)いるのだ。

本棚の類はほぼ倒れてたので、室内は海になってました。本とCDの。
それら瓦礫の中から救い出したipodが奇跡的に無事だったので、停電中も音楽聴けました。
ちなみに、地震発生の夜、荒れ果てた真っ暗闇の自宅で極寒の中、余震が続く中、そんな極限状況下、眠りにつく際(眠れなかったが)毛布にくるまって、ipodシャッフルで音楽聴いてみた。俺のipodには現在2500曲ぐらい入っている。
こんな状況の中、1曲目にクる曲ってなんだろう、と思ってイントロを待っていたら…。
これまで、何回も聴いた曲のイントロが。。
ビートルズの「ジョンとヨーコのバラード」でした。
サビの部分の歌詞が、これまたその時の状況にジャスト過ぎて…。

キリストさんよ まったく楽じゃないぜ
どんなにツライか想像つくだろ
世の中まったく狂ってるぜ 
奴ら この僕(ら)を責め苦しめるつもりだ (対訳 山本安見)

そんなこんなで、地震発生の夜、以降ipodで聴いてたもの、並びに、ここ数日、廃墟化状態のわが部屋を片付けながら聴いてた愛すべき音楽たち。

GAMEPerfume~Complete Best~(DVD付)

メイン・ストリートのならず者<デラックス・エディション>

BEAM Live

神曲たち(DVD付)

ナクナイ(初回限定盤)(DVD付) カメラ・トーク

夏草の誘い(紙ジャケット仕様)
アクシス:ボールド・アズ・ラヴ(DVD付) ディス・イズ・マイ・トゥルース・テル・ミー・ユアーズ

Velvet Underground & Nico
追憶のハイウェイ61 ポート・エントロピー

トーキング・ブック
Dye It Blonde オカモトズに夢中

想像と都市の子供
OVER THE BORDER HORN AGAIN(DVD付)

バニラビーンズ
ARE YOU READY?(初回限定盤) いとしのレイラ(40周年記念スーパー・デラックス・エディション)(DVD付)

Bad Company

我ながらかなりバラエティに富んだ聴き方してるな。
パフューム、ローリングストーンズ、メグ、ダニー・ハサウェイ、

AKB48、たむらぱん、フリッパーズ、ジョニ・ミッチェル、ジミヘン、

マニックス、ヴェルヴェッツ、ボブ・ディラン、トクマルシューゴ、

スティーヴィー・ワンダー、スミスウェスタンズ、オカモトズ、

ハイスイノナサ、ステレオポニー、ピロウズ、バニラビーンズ、

斉藤和義、デレク・アンド・ザ・ドミノス、バッドカンパニー…

バッドカンパニーなんて、13年ぶりぐらいに聴いたかも。

○ 読書日記

三国志男 (SANCTUARYBOOKS) 三国志男 (SANCTUARYBOOKS)

著者:さくら 剛
販売元:サンクチュアリパプリッシング

村上ソングズ (村上春樹翻訳ライブラリー) 村上ソングズ (村上春樹翻訳ライブラリー)

著者:村上 春樹
販売元:中央公論新社

どんな状況下であろうと、読書習慣を途絶えさせてはいけない、

1ヶ月に最低10冊は本を読むのだ、という自分内ルールのもと、

停電中の夜もろうそくの明かりの下で本を読み切りました。

そんな2冊。

三国志男は非常に面白かった。
精神的にまいっていた状況下、ほんとに救いになりました。
大いに笑わせていただきました。
この著者のファンになりました。

村上春樹の本を読むのはほんとにほんとに久しぶり。
10年ぶりぐらいかも。
20歳前後の頃、ひたすら村上春樹ばかり読んでいた時期
あったのだが。
今日も、本棚の整理をしてたら出てくるわ、出てくるわ、
村上春樹の文庫本が。
内容はこれといったこともないが、読んでる最中、いろいろ、
昔のことを思い出した。

ガソリンないし、食料も十分とはいえないし、風呂にも入れないし、
などなど。

いろいろ難しい事はあるけど、
命があるだけで有り難いので。
これも自分が人間的に成長するため、
天が与えた試練だと受け止めることにする。

早く世の中が震災前の状態に戻るのを切に願い、祈る。
願い、祈るばかりではなく、自分も出来ることを具体的に何かしたい。
せねば。

| | コメント (0)

2010年12月 7日 (火)

そんな大人、修正してやる!!!!

○ 11月下旬から12月上旬にかけてのもろもろレビュー。

三国志(5)(吉川英治歴史時代文庫 37) 三国志(5)(吉川英治歴史時代文庫 37)

著者:吉川 英治
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

吉川三国志もよーやく5巻目まできました。
私、月1回、読書会的なあるテーマに沿って本を紹介しあうという会合に出席しているのですが、先日のテーマは「今年のこの1冊」でした。
悩んだ末、三国志を紹介しました。横山版とこの吉川版を。
本当は、道元禅師の「正法眼蔵髄聞記」を紹介しようと思ったのですが、そんなマニアックな本を紹介して場のフンイキが重くなったらヤだな、と思って大メジャーな方を選びました。
そして、自分が劉備玄徳がいかに好きか、劉備玄徳的なる生き方がいかに素晴しいか、について演説をしてきました。
「技術」とか「テクニック」ではなしに、「徳」と「仁」で人を動かし、状況を創る。
我が教祖、アントニオ猪木言うところの「馬鹿になれ」精神で。
馬鹿がつくほどの誠実さと正直さと一途さと温情をもってして。

【特典生写真付き】チャンスの順番(A)(DVD付) チャンスの順番(A)

アーティスト:AKB48

明日発売のこのシングルですが。
ジャンケン選抜で選ばれたアレですね。
いやはや、聴いてびっくりしました。
その歌詞にめちゃめちゃ感動しましたよ、私は。
おそらく世間の「大人」の方々が聴いたら鼻で笑ってしまうかのようなコテコテの「人生応援歌」みたいな歌詞なんですよ。
ところが、今の自分にはこのうえなく心に響くのです。
なにゆえか?

誤解を恐れずに言うならば、この歌詞の内容、これまさに劉備玄徳のテーマ曲です。
劉備の事を、彼が歩んできた歴史、道のりを歌っているようにしか聞こえない。

じゃんけんみたいに 運は巡るもの

今までついてなかった 今度は君の番だ

くじけちゃいけない 泣いてちゃいけない

長い冬の後には 君の春がすぐそこに来てる


周りの友は 一人また一人

夢に続く階段 登っていったよ

例えビリでも焦ることないさ どこかで風が吹いたら

追いつき追い越せる


途中で誰かと 比べるよりも

未来の自分信じるんだ 君のペースでゴールまで

走り抜けろ

チャンスの順番 いつかきっと来る

まだ先のようでも 確かに近づいてる

声がかかるまで 光り当たるまで

君は今まで以上に どんな時も輝いていよう

一部抜粋してみました。でしょ。まさに劉備玄徳の辿った半生じゃないですか。
母と二人で貧しい生活を送りながら、蜀の国の皇帝の地位に登りつめるまでの玄徳の艱難辛苦の道のりそのもの。連戦連敗、流浪の日々を送ること度々。それでも天は彼を見捨てなかった、そうチャンスの順番をしっかり手にしたんだから。

機動戦士Zガンダム 1 [DVD] 機動戦士Zガンダム 1 [DVD]

三国志同様、現在自分内ブームになりつつあるのが、これ。
はい、Zガンダムです。
先日、「心に沁みるガンダム名語録」みたいな本を読みまして。
そうしましたら、何故か久々にゼータが見たくなりまして。
と、思っていましたらなんと、その日からスカパーのアニメチャンネルにてZガンダムが第一話から放送開始するじゃありませんか。
そんなこんなで、毎日録画して、昨日で10話目まで見ました。
リアルタイムで放送していた頃、自分は小4ぐらいで、ちらってと見ていたぐらい。
で、10年ぐらい前に、全話ビデオ借りて見たのですが。。
久しぶりなもので、ほとんどストーリーを忘れてました。
なんか、カミーユが毎回誰かに殴られてる。

僕たち、プロレスの味方です 僕たち、プロレスの味方です

著者:ユリオカ超特Q;ケンドーコバヤシ
販売元:双葉社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


面白かったです。プロレスファンはみんな読むべし。
私も、プロレスの味方です。
ちなみに、少し前に、あの有名な村松さんの「私、プロレスの味方です。」も読みました。

[抄訳]葉隠 [抄訳]葉隠

著者:渡邊 誠
販売元:PHP研究所
Amazon.co.jpで詳細を確認する

あと、久々、葉隠を少し読み返してました。

世が末になりたるとて、人々思いくだし、精を出さぬは無念の事に候。世に咎はこれなく候。

世も末だと人々が嘆き悲しんで、がんばることをしなくなるのは残念なことだ。世の中に罪はないのだから。
…そうです。世の中にも他人にも罪はない。罪なのは自分の中の怠惰な心と反省しない心だ。克己あるのみです。

最近の音楽鑑賞記です。

ジャマイカ、ルースター、ストーンズ、エレカシの新譜、ニールヤングの新譜、アリエルピンクス、50回転ズ、バード&ザ・ビー
でわ、ごきげんよう。

ノー・プロブレム 通常盤 ルースター

ラヴ・ユー・ライヴ 悪魔のささやき〜そして、心に火を灯す旅〜

ル・ノイズ ビフォー・トゥデイ

ロックンロール・マジック ザ・バード&ザ・ビー

| | コメント (0)

2010年11月23日 (火)

龍馬ごえ

晩秋。

最近誕生日を迎えまして。
坂本龍馬の享年を超えてしまいました。
これは少しショック。
次は新撰組の土方さんと近藤さんの享年が目前。

もはやこの世の人ではない好きなミュージシャンとか歴史人物とかより長生きしてる…。
それは大いに素晴しいことだけど、同時にそれだけ歳をとってしまったということで。
そこの部分を考えるとユウウツになる今日この頃DEATH。

11月中旬から下旬のいろいろ感傷兼鑑賞日記。

三国志 (1) (吉川英治歴史時代文庫 33) 三国志 (1) (吉川英治歴史時代文庫 33)

著者:吉川 英治
販売元:講談社


読もう!と思ったときに手を出す。
横山三国志60巻読み切ったので、次は小説版吉川三国志に挑戦です。
全8巻モノ。しかも1巻あたり約500ページ。これは手強い。
よーやく今日で2巻目が終わりそう。
ますます劉備玄徳が好きになってます。

花言葉 花言葉

著者:美輪明宏
販売元:パルコ

美輪氏の本ははじめて読みましたが、素晴しい言葉が満載でした。
今後、他の著作も読んでみようかなと思います。

ACACIA-アカシア- DVD ACACIA-アカシア- DVD

販売元:竹書房
発売日:2010/11/05

はい。アントニオ猪木主演映画。辻仁成監督作品。
観ました。そして、寝ました。
信者なので教祖が主演の映画は観なきゃいけない、と思って見ましたが。

Awa Come ARE YOU READY?(初回限定盤)

ADVENTURE(初回生産限定盤)(DVD付) STAR BLOWS

Dear Diary(初回限定盤) ポート・エントロピー

狂気のスラッシュ感染(紙ジャケット仕様) Love & Desperation

Crazy for You 木更津グラフィティ(DVD付)

最近聴いてたやつ。
チャットモンチー、斉藤和義、モノブライト、バースデイ、ボニーピンク、トクマルシューゴ、洋楽だと、「スラッシュメタル四天王」のアンスラックス、ダイナソーJrのJマスシスが参加してるスイートアップル、ベストコースト、あと邦楽で忘れてた、氣志團。

| | コメント (0)

2010年6月26日 (土)

ベスト16!

もう6月も終りですか。
世間はサッカー一色ですな。
もちろん、昨日のデンマーク戦は3時過ぎにきっちり起きて見ましたよ。
でも、寝る前に一人で日本酒を飲みSUGIたため、試合中も終始俺のコンディションは良くなかったです。参りました。

前回更新したときのAKBの選挙もすっかり過去の出来事になりましたね。
私は、昔っから「ライバル物語」みたいな競い合い、高め合う両人のカンケイ性みたいなものが好きでしてね。
そのライバル同士がお互いの事を語るとき、その発言の中から人生においていろんな示唆を与えてくれるような深い言葉が聞けたりとかね。
謙信VS信玄とか、西郷VS大久保とか、猪木VS馬場とか、江川VS西本とか、セナVSプロストとか、最近だと浅田真央VSキム・ヨナ、とか。
なので、前田さんVS大島さんという構図の中の人間ドラマ的な、ヒューマンな部分に注目して見てました。
選挙イベント直後の二人の抱擁が真心からの行為であると信じたいです。
93年最終戦のオーストラリアグランプリ後のセナとプロストの握手みたく。
まあ、信じるのは自分の心のモンダイですからね。

そんなライバル物語の中で、私が特に印象に残っている言葉を。セナの事故死後のとあるインタビューに答えてのライバル、アラン・プロストの言葉。
「自分はレースに自分の人生の99%を捧げてきた。が、アイルトンは100%かそれ以上のものをレースに捧げていた」
そういえば、前田さんも「AKBに人生を捧げる」と言ってましたね()
以上、今月のコラムでした()

○ 音楽鑑賞日記

EARTH スポーツ

あぶらだこ 神曲たち#DVD付#

黒猫チェルシー I WAS JAPANESE KINKS

Total Life Forever クリスタル・キャッスルズ

Cosmogramma [ボーナストラック付き国内盤]あの日の海

ここ最近聴いてるものですが、すべて○○しながらの「ながら」聴き。あまり集中して聴いてないので繰り返し聴いてもいずれもあまり印象に残らず。やっぱり一番は「神曲たち」ですな。
世界の終り、あぶらだこ、東京事変、AKB48、黒猫チェルシー、ボヘミアンズ
以下、洋楽 フォールズ、クリスタル・キャッスルズ、フライングロータス、コリーヌ・ベイリー・レイ。

○ 読書日記

人の心は歩く早さがちょうどいい 人の心は歩く早さがちょうどいい

著者:酒井 雄哉
販売元:PHP研究所
Amazon.co.jpで詳細を確認する

千日回峰行を2度も満行した現代の生き仏の著作。難しい事はひとつも言ってないのだが、この方のおことばはいつも重い。

人間が行なうことは、すべてどこかにつながっていて、人生に無駄なことなんて一つもないんじゃないかな。 まったくもってその通りであります。最近よくそれを実感してます。

父親のための人間学 父親のための人間学

著者:森 信三
販売元:致知出版社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

知る人ぞ知る、教育学の大家、森信三大先生。

「どうにもならぬことはどうにもならぬ」こととして、つまりはマイナスはどこまでもマイナスとして、そこに肚(はら)をすえるより他ない、という全肯定の境涯まで心を高める。
 逆境に処する態度の第一として、自分に与えられたマイナス面を、絶対不可避な絶対必然として、ここに肚をすえるほかない。肚をすえることによって、そこから初めて「絶対」に通じる真の知恵の微光が射し始めてくるもの。
「肚をすえる」とは「比較相対を超える」ということだから。

あーだこーだと迷ってるうちは、逆境のカベをぶち破る知恵の力は湧かない。
だめなものはだめ、ならぬものはならぬ、とまず観念する。どーせ俺は…的なアキラメではない。それはさながら、今まさに切腹するにいたるサムライの精神状態に近いものなんじゃないかな、と想像する。
そこまでいってはじめて、「○○にくらべてどーした」「こっちよりあっちの方が○○」「世間的には○○」といった比較したり相対的にものを見たりという視点から「絶対」の「自分だけのオンリーワン」な視点にたどり着ける…そんな具合なのだろうか。

人生修行の道は果てしなし、です

| | コメント (0)

2010年5月15日 (土)

無題

なんだかえらく久しぶりの更新。

なので、2か月分ぐらいのもろもろのレビューを。

○ 龍馬伝

正直、あまり盛り上がってません。
始まる前、非常に楽しみにしてた割には。
でも○地人よりはずっと面白い!
サクサク進むのがよいですな。
もうそろそろ武市さん切腹でしょうか。
でも、やっぱり俺は武市半平太という人、好きですなあ。
武市さんについて改めてじっくり調べてみたくなりました。
武市さんはとにかく、真面目すぎるんですよね、たぶん。
もう真面目で一途で純真。
とにもかくにも「日本を異国の侵略から守りたい」
その一心なのでしょう。
俺はそーいう人、大好きなんですよね。
ただ、身近にそーいう人がいたら、そーいう上司がいたら困るかもしれんが。
武市さんの最後、しかと見届けます。

○ もろもろディスクレビュー

Orkonpood Orkonpood

アーティスト:小林太郎


これはここしばらくよく聴いてました。
グランジです。音的には。
ニルヴァーナ、というよりカート・コバーンをイメージしてしまう小林氏の歌声。
曲名が面白いです。
「安田さん」とか「美沙子ちゃん」とか。
ループする ループする

アーティスト:ふくろうず

これまたよく聴いてました。
プロデューサーは知る人ぞ知る、益子樹氏。
アルバムタイトル通り、「ループする」ようなぐるぐる廻るカンジの浮遊感が心地良い音です。

音楽の世界へようこそ 音楽の世界へようこそ

アーティスト:川本真琴 feat.TIGER FAKE FUR

これまたよく聴いてました。
川本さんの9年ぶりのアルバムです。
初期のようなポップさとかキャッチーなカンジはないですけど、なんとも味わい深いです。
派手さはないですが、沁みます。繰り返し聴いてると。

神曲たち#DVD付# 神曲たち

アーティスト:AKB48
販売元:キングレコード
発売日:2010/04/07

桜の花びらたち2008 桜の花びらたち2008

アーティスト:AKB48

とゆーわけで、AKB48も最近通勤途中よく聴いてます。
涙サプライズ」、とか「RIVER」とか「BABY BABY BABY」あたりが非常に良いです。
「桜の花びらたち」も非常に良いです。泣けてきます。

Wake Up the Nation Wake Up the Nation

アーティスト:Paul Weller

御大(といっていいのか)ポール・ウェラーの新譜聴きました。

若いですなあ。エネルギッシュですなあ。かつてのJAM時代の盟友ブルース・フォクストンも2曲で参加。時の流れはいろんなことを解決してくれるのですな。

ソルジャー・オブ・ラヴ

ソルジャー・オブ・ラヴ

アーティスト:シャーデー
販売元:SMJ
発売日:2010/03/03
Amazon.co.jpで詳細を確認する

シャーデーの9年ぶりのアルバム。
何回か聞き込みましたが。。。。
なんだかイマイチでした。

| | コメント (0)

2010年3月 3日 (水)

天は自ら助くるものを助く

NHKで放送の「史上最高の戦い 浅田真央・キムヨナ」を見た。

キムヨナの発言にいろいろと「うーむ」と考えてしまった。
3年ぐらい前、まだ浅田真央がキムヨナを上回っていた頃。
キムヨナは自分より数段上のレベルの実力を持つ浅田にこんな印象を抱いていたという。

「凄い!世の中にはこんな子がいるのか、と本当に感心した。
なぜ、私はこんな凄い子と同じ時代に生まれてしまったのか、と考えてしまった。」
「真央は特別な選手。私は普通の選手。真央にできても私にはどうしてもできない事がある。」

例えば、逆境とか困難にブチ当たった時。
○○のせいで、○○のために、これこれこんな事ができなかった、とか、失敗したとか、思いを成就し得なかったとか。
人間、その○○という困難をマイナスの方にもってっちゃう事が多いのですな。

○○という困難にブチ当たった。だからこそ、○○できた。○○を成就することができた。
本物人間はそーいう方向にいく。
キムヨナはまさにそんな本物人間なのだなあ、と感心した。
天賦の才能の面では劣る。
が、今、自分の持っているものを最大限に磨き、深め、高める。
そのためには、鍛錬あるのみ、というマインド。
「プレッシャーに打ち克つ方法はない。
ただ練習するだけ。事前に万全の準備をするだけ。」
とも言ってたな。

…いろいろ考えさせられたドキュメンタリーでした。

○ 音楽鑑賞日記

ファンファーレと熱狂 ファンファーレと熱狂

アーティスト:andymori

去年出たアルバムのリバティーンズにも似た性急さというか、切迫感と言うか、つんのめるようなビートが好きでしたが。

今回のアルバムは一味もふた味も違う。
単純に曲がいいです。
つんのめりビート一辺倒でもなく、ニールヤングあたりを連想させるような深みのあるアコースティックなテイストの曲も多し。
収録時間が36分と短いのもまたよし。
繰り返しきいても飽きません。


| | コメント (0)

2010年2月25日 (木)

人を相手にせず、天を相手にせよ

もちろん、浅田真央に勝ってもらいたいと思いますよ。
けど。
キム・ヨナが金メダリストになるんじゃないかなあ。
と感じました。
競技の後の記者会見での両者のコメントからそう思いました。

「金メダルが欲しい」と明言した浅田。
「金メダリストは天が決める」と言ったキム。
金メダルを相手に滑る浅田。
「天」を相手に滑るキム。
ふたりが目指しているものは全く違うんじゃないかと思いました。

もちろん、浅田真央に勝ってもらいたいと思いますよ。

○ 音楽鑑賞日記

ファイアー・ライク・ディス ファイアー・ライク・ディス

アーティスト:ブラッド・レッド・シューズ

このアルバム、かなり気に入ってます。

Surfer Rosa Surfer Rosa

アーティスト:Pixies

ブラッド~聴いてたら、ムショウに聴きたくなりまして。
やっぱり最高です。
楽曲のポップさは明らかに次作の「ドリトル」なのですが。
なんでしょうね。
抗えない魅力があります、この作品には。
アルビニが創る音と「間」が好きなんです。
ブラッド・レッド・シューズの音にもそんな匂いがします。

Cafe Buono! Cafe Buono!

アーティスト:Buono!

ブラッド・レッド・シューズとかピクシーズといったUSオルタナだけじゃないんです。
相変わらずこーゆーのもちゃんとフォローしてますよ、私は。
明らかに楽曲が劣りますね、セカンドアルバムに比べると。

The Blueprint The Blueprint

アーティスト:Jay-Z

そして、今、このブログ書きながら聴いてるのはコレです。
「00年代ヒップホップの大名盤」としてよく取り上げられてますね。
こないだ中古で入手しまして。
よーやく聴けました。
いや、これ、メチャ良いです。
なんというか、体育会系ヒップホップ(?)ではなく、知的ヒップホップ、というオモムキ。
ジャズにも通じる深みもあり。
ポップスにも通じる親しみやすさもあり。
ロックにも通じる格好よさもあり。
聴いてて全く退屈しません。
Jay-Z、集めてみようかな、と思いました。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧