« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月17日 (日)

YES WE CAN

なにやらとてつもないスピードで日々が過ぎてゆきます。

公私共に震災の余波からいまだ抜け出せないでいるものの、少しづつもとの生活に近づきつつある。
またでかい余震が来ないことを祈るのみ。

昨日は久々に一日まともに休みました。

○ いろいろ鑑賞日記

結成10周年、 メジャーデビュー5周年記念! Perfume LIVE @東京ドーム 「1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11」【通常盤】 [DVD] 結成10周年、 メジャーデビュー5周年記念! Perfume LIVE @東京ドーム 「1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11」【通常盤】 [DVD]

もともと買うつもりなどなかったのですが。買っちゃいました。
Perfume関連のものを買うのはほんと久しぶり。
2年ぐらい前まではシングル出れば必ず初回限定盤を購入するほど、入れ込んでたのに。
すっかりPerfume離れしてました。

震災後、一週間停電してた期間に、なぜかPerfume聴きたくなりましてね。
ipodに入ってた彼女らのアルバムをよく聴いてました。
電気もない、生活の見通しもつかない、っていう「暗い」時期だったからキラキラしたものが聴きたくなったのかな。

そんなこんなで、このDVDも買いました。
すごいのう、ようここまでたどり着いたのう…って感慨深く感じながら見ました。
東京ドーム、5万人ですよ。

FAN SERVICE~BITTER~ Normal Edition [DVD] FAN SERVICE~BITTER~ Normal Edition [DVD]


で、ドームのDVD見終わった後、すぐ、これ見返しました。
2006年12月のライブ。
観客100人もいない、50人ぐらいじゃないか、ってぐらい小さい会場。
そんな会場で、3人は「すごい人の数!!びっくり!!!」って驚いてた。
まさか4年後5万の前で同じ曲を歌うことになるなど、夢にも思っていなかったろうに。

と、同時に、ベタだけど、人はやっぱりいかようにも変わり得るんだ、と。
そんな事を思いましたね。
あーちゃんがドームライブで言ってたが。
「ここまで来るのに、無駄な経験なんてひとつもなかった」と。
4年でこれほどまで劇的に環境を変える事もできる。
運命を、人生を変える事もできる。

4年前の俺と今の俺と何か違いがあるか?え?
と自問自答してみた。

役職名が「主任」から「係長」になったぐらいか。
しかも年収はほとんど変わらず(苦笑)
まあ、下がってないだけよしとしなきゃいかんのか。

とにもかくにも、健気で一途な志は運命と人生を変える事もある。
ってことでしょうか。

4年前、18歳の頃の方が、かしゆかとのっちが可愛く見えたのは気のせいかな。

Several Shades of Why What Did You Expect from the V

Transpersonal 9 Stories

いずれもamazonで購入したアルバムたちです。
震災後初のCD購入。
ダイナソーJr.のJマスシスのソロ。
イギリスの新鋭、ヴァクシーズ。
あと日本のバンドだけど音は洋楽な
lillies and remains とveni vidi viciousの新作。

| | コメント (0)

2011年4月 9日 (土)

まじすか学園

まじ、ありえねえ。
またかよ、おい。

っていうのが正直な気持ち。

おととい、また震度6の地震食らう。
3週間かけてようやく片付きつつあった家の中が。
そして、俺の部屋が。
また廃墟状態。
さらにまた停電するし。
信号消えて混雑しまくりの市内を走行しながら、また1週間ろうそく生活か…とゾッとした。
今日電気は復旧したので、ろうそく生活が1日で済んだのが幸い。


職場は前回の地震以上のダメージ。
精神的なダメージは今回の方がでかい。
俺が一番最初に出社したが、正直、同僚及びアルバイトの皆さん方には見てほしくない、見せたくない職場の惨状だった。
正直、今、こーしてブログなんか書いてていいのか、って状況だが。
まあ、今日は休んでいいって事だったんで。
でも、ひたすら家の中の廃墟状態復旧作業に追われ、なんかあまり休んだ気がしない。

そんなこんなで、さっきまでまた愛すべき音楽たちを聴きながら室内の回復作業。

HEART STATION Layla

3+3 I HOPE

Jagged Little Pill Resistance

宇多田ヒカル、デレク&ザ・ドミノス、アイズレー・ブラザーズ、ホリデイ・フライヤー、アラニス・モリセット、ミューズ。例によってジャンルレスな聴き方。
ホリデイ・フライヤーなんて超懐かしい。2002年ごろ、よくこのアルバム聴いてたわ。メランコリックではかない女の子ヴォーカル。確かアメリカのバンドだったかな。
アラニスの1枚目は大学生時分によく聴いてたわ。あー懐かしい。

まあ、とにもかくにも、嘆いても仕方ないので、天から与えられた試練だと受け止めて黙って事に当たる、そして現実を少しずつでも変えていく、それだけだ。


| | コメント (0)

2011年4月 3日 (日)

思い出アルバムたち

新年度、スタート。

って気がしない。

今日が何日なのか。
何曜日なのか。
よくわからない日々が続く。

今日は、久しぶりに半日休み。

そんなこんなでいろいろ見聞きしたキロク。

機動戦士ガンダム ZZ 12 [DVD] 機動戦士ガンダム ZZ 12 [DVD]

とゆーわけで、よーやくラストまで見終わりました。
地震の影響で、しばし中断してましたが。

こんなラストだったっけ?
けっこうあっさり終わっちまったんだね。

評価あまり高くないZZだけど、それほど悪くもないじゃん、
っていうのが正直な感想。

アムロ、カミーユと比較してのジュドーの明るさと吹っ切れ具合も悪くないし。
けっこう好きなキャラでした。

○ いろいろ音楽聴きました、キロク。

そんなこんなで、センチメンタルな気分になりながら、

久しぶりに聴く思い出深いアルバムたちを聴きながら、

荒れ果てた自分の部屋を片付けました。

まだまだ片付きそうもない。

ア・ディスタント・ショア(紙ジャケット仕様) ア・ディスタント・ショア(紙ジャケット仕様)

アーティスト:トレイシー・ソーン

邦題は「遠い渚」。まさにそんなイメージ。
行った事もない異国の地の遠い海辺に独りたたずみながら。
俺は波の音に耳をすますのです。

KYU-BOX. KYU-BOX.

アーティスト:大正九年

これは、2002年、俺内アワード年間ベストアルバム賞獲得の1作。
実に久しぶりに通して聴いたけど。
このなんともいえない「引きこもり」感と「ちょっと鬱」感が心地良いです。
ひきこもりテクノです。

Baby I'm Bored Baby I'm Bored

アーティスト:Evan Dando

このアルバムも2003年によく聴いたなあ。
レモンヘッズのヴォーカルのエヴァン・ダンドゥのソロアルバム。
この枯れた味わい、ケダルイ雰囲気。最高です。

ベスト・オブ・ジョン・デンバー ベスト・オブ・ジョン・デンバー

アーティスト:ジョン・デンバー

「悲しみのジェットプレーン」という曲が最高に好きで、それが聴きたくて。
久々、ひっぱりだして聴きました。
69年ぐらいの曲だったかな。

ユメクイ ユメクイ

アーティスト:大塚愛

これは2006年にほんとによく聴いた曲。
死ぬほど好きな曲です。
久しぶりに聴きましたが、やっぱり死ぬほど好きな曲だな、と思いました。

アビイ・ロード アビイ・ロード

アーティスト:ザ・ビートルズ

4日ぐらい前から聴いてましたが、3日連続、途中で寝てしまいました。
私はヒロウコンパイ状態なんです。毎日。
そんなこんなで、今日、よーやく大好きな後半のメドレー曲を聴き切りました。
君が受け取る愛は、君がもたらす愛に等しい
…という「ジ・エンド」が最高に好きです。

Music From Big Pink (Remaster) (紙ジャケ) Music From Big Pink (Remaster) (紙ジャケ)

アーティスト:ザ・バンド
販売元:EMIミュージック・ジャパン

バンドのファースト。
これまた久々聴きました。
こーいう黄昏たヤツが聴きたくなるんですよね、最近よく。

TOP OF THE FUCK’N WORLD TOP OF THE FUCK’N WORLD

アーティスト:The Mirraz

そして、今、これ書きながら聴いてるのはコレです。

○ 読書日記

あきらめない人生 (集英社文庫) あきらめない人生 (集英社文庫)

著者:瀬戸内 寂聴
販売元:集英社

もともとは3年ぐらい前に読み始めて。
途中でストップしてずーっと放置してた。
数日前から読むの再開して読み終えました。

こん中で瀬戸内さんの知人の言葉が印象に残りました。
失明という困難な状況にぶち当たった時。
神も仏も信じない、信じるのは自分のみ、とこの現実を受け入れた時から、
生きていく気力と安心感を得た、みたいな話。

震災以後、なんだかんだで、自分も神と仏に祈ってるし。
毎日、自分ちの神棚と仏壇に手を合わせるじゃないですか。
それまでは、手を合わせるだけで具体的に心の中で何かを念じることはしなかったのにね。
最近は助けてー、って祈ってる。
これは甘えなのかな。

明日っから超ハードスケジュールでかなりユウウツ。
ほんとはこんなん書いてる場合じゃないのだ。
もう寝なきゃ。明日に備えなきゃ。

延々室内にて、思い出アルバムに浸りながら、自分の時間を過ごすのは幸せか。
それだけの人生だったら楽しいか。
否、だね。

せっかく生きてるんだから、命を使わねば。

| | コメント (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »