« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月23日 (火)

龍馬ごえ

晩秋。

最近誕生日を迎えまして。
坂本龍馬の享年を超えてしまいました。
これは少しショック。
次は新撰組の土方さんと近藤さんの享年が目前。

もはやこの世の人ではない好きなミュージシャンとか歴史人物とかより長生きしてる…。
それは大いに素晴しいことだけど、同時にそれだけ歳をとってしまったということで。
そこの部分を考えるとユウウツになる今日この頃DEATH。

11月中旬から下旬のいろいろ感傷兼鑑賞日記。

三国志 (1) (吉川英治歴史時代文庫 33) 三国志 (1) (吉川英治歴史時代文庫 33)

著者:吉川 英治
販売元:講談社


読もう!と思ったときに手を出す。
横山三国志60巻読み切ったので、次は小説版吉川三国志に挑戦です。
全8巻モノ。しかも1巻あたり約500ページ。これは手強い。
よーやく今日で2巻目が終わりそう。
ますます劉備玄徳が好きになってます。

花言葉 花言葉

著者:美輪明宏
販売元:パルコ

美輪氏の本ははじめて読みましたが、素晴しい言葉が満載でした。
今後、他の著作も読んでみようかなと思います。

ACACIA-アカシア- DVD ACACIA-アカシア- DVD

販売元:竹書房
発売日:2010/11/05

はい。アントニオ猪木主演映画。辻仁成監督作品。
観ました。そして、寝ました。
信者なので教祖が主演の映画は観なきゃいけない、と思って見ましたが。

Awa Come ARE YOU READY?(初回限定盤)

ADVENTURE(初回生産限定盤)(DVD付) STAR BLOWS

Dear Diary(初回限定盤) ポート・エントロピー

狂気のスラッシュ感染(紙ジャケット仕様) Love & Desperation

Crazy for You 木更津グラフィティ(DVD付)

最近聴いてたやつ。
チャットモンチー、斉藤和義、モノブライト、バースデイ、ボニーピンク、トクマルシューゴ、洋楽だと、「スラッシュメタル四天王」のアンスラックス、ダイナソーJrのJマスシスが参加してるスイートアップル、ベストコースト、あと邦楽で忘れてた、氣志團。

| | コメント (0)

2010年11月 3日 (水)

CD全然買ってない月間

10月中旬から下旬のいろいろ感傷兼鑑賞日記。。。

三国志 (1) (潮漫画文庫) 三国志 (1) (潮漫画文庫)

著者:横山 光輝
販売元:潮出版社

2週間前ぐらいにブックオフにて全巻セット買い。
よーやく昨日全巻読み終えました。
長い道のりだった。
でも、正直なところ、急いで読み進めすぎたせいか、登場人物とかすでに忘れてるところがある。
ベタですが、一番のフェイヴァリットキャラクターは劉備玄徳ですな。
その昔、三国志フリークの友人から「キミは三国志の登場人物の劉備に似てる」と言われたことがあって、はてさて、劉備玄徳とはどんな人物なのかな、と思っていたのだが。
自分とは似ても似つかない人徳が備わった人物でしたな。
あとは、好きなのは超雲かな。あのいかにもサムライ然とした人柄が。
それと、自分にとって強烈な印象を残してくれたのが、劉備の息子(だよな)の蜀の国の二代目の劉禅。
あの愚王ぶりが。
一国は一人を以って興り、一人を以って滅ぶ…という言葉があるが、まさにその通り。
孔明の寿命がもう少し伸びたとしても、いずれ蜀は滅んだでしょう。
会社も役所も国も、トップしだい。
いくら有能なプレイヤーがいたとしても、劉禅のようなボンボンが頭じゃあ、会社も国も潰れるわい、という話。

一道を行く―坂村真民の世界 一道を行く―坂村真民の世界

販売元:致知出版社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

仏教詩人の坂村真民氏です。

「念に生きる」とは、一本の道だということです。人間は一本の道を見つけて、それに向かって生き、それに向かって死ぬのだと。

なんだか大河「篤姫」を思い出します。
「女の道は一本道、宿命に背き、引き返すは恥」
みたいな。

心に響く呻吟語 心に響く呻吟語

著者:呂 新吾
販売元:日本能率協会マネジメントセンター
Amazon.co.jpで詳細を確認する

中国、明の時代の思想家、呂 新吾による人生訓。

徳を進むにはかりそめにせざるに如くはなし。

「かりそめに」を戒める。徳を身につけるには、中途半端な気持ちでいてはならない。。
「かりそめ」ばかりの自分にとっては耳に痛い言葉です。

10月下旬のミュージックライフ。

Brief History of Love Ignore the Ignorant

オール・カインズ・オブ・ピープル~ラヴ・バート・バカラック~プロデュースド・バイ・ジム・オルーク TOP OF THE FUCK’N WORLD

HOLIDAYS IN THE SUN 少女の証明

革命エントランス Hello!“Z”

DANCING SHIVA ごめんね

Documentary(初回生産限定盤B)

えーと、BIG PINK THE CRIBS、バートバカラックトリビュート、ミイラズ、YUI、アーバンギャルド、Jeepta、ねごと、小林太郎、ふくろうず、秦基博。

クリブスが思いの他良かった。あと秦基博の「アイ」とゆう曲がめちゃめちゃ良かった。
ここ1ヶ月、は過去10年の間でもっともCDを買わなかった1ヶ月だった。ほとんどレンタル。




| | コメント (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »