« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月16日 (土)

書くこともないし。

○ 10月上旬のいろいろ感傷兼鑑賞日記

黒猫チェルシー オトナマイト・ダンディー Orkonpood

camouflage Hello!“Z” 友だちを殺してまで。

毎年恒例。MEGA☆ROCKSに行ってきた。
今年1月のピロウズ以来実に久しぶりのライヴでした。
黒猫チェルシー、怒髪天、小林太郎、チョモランマトマト、ねごと、神聖かまってちゃん…を見てきました。毛皮のマリーズはあきらめました。もの凄く人が並んでたので。
列に並ぶの嫌いなので。←お、なんかロックぽい発言。
久しぶりのライヴでしたが。
嗚呼、やっぱりここが俺が帰ってくる場所だ、と。
ライブハウスのあの空間、なんだか安心します。

【特典生写真無し】ヘビーローテーション<Type-B> ポニーテールとシュシュ(TypeA)(DVD付)

Fourレイン・イン・ブラッド

オンリー・バイ・ザ・ナイト still a Sigure virgin?

JAPANESE POP NIGHT ON FOOL

最近聴いてたモロモロ。
今更、ヘビーローテーションとポニーテールとシュシュ。これはi-tunesでダウンロードして購入。まさにヘビーローテションで今の通勤途中のBGMになってる2曲。
あと、横山健氏のアルバム。それと、横山氏が某番組でお気に入りの1枚として紹介していた、「スラッシュメタルの帝王」:スレイヤーの「レイン・イン・ブラッド」を久しぶりに聴いてみる。うーーーん。何だかいまいち。
さっきちらっと聴いてみた、キングスオブレオン。いまやアメリカンロックの王道らしいですが、これまたイマイチピンとこない。
あと、ついにオリコン1位にまでなった「凛として時雨」の4枚目のアルバム。
これまたいまいちぴんとこない。
安藤裕子さんの新しいアルバム。収録時間61分は今の俺には苦痛な長い時間。
そして、今聴いてる、バースデイ。これ、キングス・オブ・レオンより全然いい。

高橋みなみ1stフォトブック『たかみな』 (講談社MOOK) 禅語百選―今日に生きる人間への啓示 (ノン・ポシェット) 傷だらけの店長 〜それでもやらねばならない〜
高杉晋作の「革命日記」 (朝日新書) 大山倍達 強く生きる言葉 猪木詩集「馬鹿になれ」 (角川文庫)
7つの習慣―成功には原則があった! 15歳の寺子屋 みんなの論語塾 [新版]素顔の安岡正篤

読書日記もろもろ。
いろいろ書こうとおもったけど、なんだか疲れたのでこのへんにしときます。

| | コメント (0)

2010年10月 2日 (土)

慈愛の輝き

最近、ナミダもろくて困りますな。
トシのせいか。
昨日は朝から泣かされました。
「めざましテレビ」に。
「高島彩、めざまし卒業」の回をたまたま見てしまい。
自分、これといって高島彩ファンではないのだが。
「7年半の軌跡」とかいう過去の名場面とかを見てたら何だか泣けてきましてね。
よう、がんばったのう…と。
そんな気持ちになりました。
惜しまれるつつ去っていく…なんと美しい。見習いたいものです。

私が尊敬する僧侶の言葉です。

帰るとき、来たときよりも、美しく

まさに、その通りです。
テレビ画面に向かって拍手しました。

って、さらに泣けたのが、めざまし終了して次の「とくだね」に番組が切り替わって、オープニングに小倉さんが登場して河西アナが登場して、その横に立ってる中野美奈子が号泣してたのを見て、また泣けてきましてね。

仏教における「同時」という言葉。
相手と同じ立場、同じ目線に立って、といった意識を超えて、「相手の心になりきる」「自分も相手その人になる」…そんな境地を「同時」というらしい。
中野アナが高島先輩を想う気持ちに「同時」の心が働いたのだと思う。

○ いろいろ感傷兼鑑賞日記

フジファブリック フジファブリック

アーティスト:フジファブリック

今更ですが、フジファブリック、めちゃめちゃいいな!
って、実はこのアルバムリリース直後に借りてきて、コピーして、いつか聴こう、と思いながら6年ぐらい放置していたのです。
つい、最近聴きまして。
いろいろ後悔しましたね。

もっと、早く聴いとくんだった。

世の中は諸行無常なのに。
参った…。

Resistance 言葉にならない、笑顔をみせてくれよ(初回限定盤)(DVD付) We Love Cyndi-Tribute to Cyndi Lauper- Union

ツタヤの5枚1000円レンタル利用して、MUSEとかくるりの新しいのを借りたり、ツタヤで新品300円コーナーでシンディローパーのトリビュートアルバムとかポラリスのアルバムを買ったり。

でも、最近、疲労困憊DAYSが続いており、聴いてる途中で寝てしまうことが多い。
でも、シンディローパーのトリビュートは寝ずに聴いた。
パフィーの「ガールズジャストワナハブファン」と土岐麻子の「グーニーズの主題歌」のカバーが良かったです。

慈愛の輝き 慈愛の輝き

アーティスト:ジョージ・ハリスン

ついに聴けました。これ。ジョージハリスンの名作。
10年越しぐらいでよーやく。
ずーっと聴きたい!と思いながら。
2004年ぐらいに再発されたときはCCCDだったし。
今回よーやく普通のCDでリマスター盤が出たんで、発売日の9月15日を待ちに待って、買いに行ったのに。
近隣の数件のCD取り扱い店でどこにも置いてなかった。
ショックである。ジョージハリスンはそんなにマイナーか?
ジョージだよ?ビートルズだよ?慈愛の輝きだよ?
と言ってもはじまらないので、やむをえず、ネットで取り寄せました。
で、数回聴きました。
が、私は疲労困憊しているのです。最近。
そんな事情により、数回とも7曲目ぐらいで意識を失ってしまうのです。
まだ通して聴いてません。

器量と人望 西郷隆盛という磁力 (PHP新書) 器量と人望 西郷隆盛という磁力 (PHP新書)

著者:立元 幸治
販売元:PHP研究所
Amazon.co.jpで詳細を確認する

そして相変わらず西郷先生の本を読む。俺。

人と苦しみを分かち合うこと。
謙譲、謙虚を旨とすること。
克己に勉め励むこと。己に克つこと。
人の見ていない所でこそ、自らを慎むこと。
公平、無私、正道、を踏むこと。
困難を楽しむこと。
俺がやらねば誰がやる、マインドでいること。
人が嫌がることに親しみ、難局に敢然と向かうこと。
弱者へのまなざしを忘れないこと。

一個でもいい。なにか自分にもそうのようにできるようになりたい。
想わなきゃ、叶わないからな。
自分の中の「○○みたいになりたい」という気持ちを大事にしたい。

| | コメント (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »