« 私、プロレスの味方です | トップページ | 終戦の日 »

2010年8月 7日 (土)

BINGO!!

夏真っ盛り。
ですが、盛りが来れば、終りも近い、とゆうことで。
そう想うと、聞えてくるセミの鳴き声にも、そこはかとない哀愁感が帯びているように感じられる今日この頃でありますな。

○ 最近の読書日記とか音楽鑑賞日記とか。いろいろレビュー

これ、5月ごろに出たものの続き、下巻。86年から現在までの猪木の軌跡ですな。見入ってしまいました。猪木を語るゲスト陣がこれまた豪華で。
長州、前田、天龍、小川、馳、武藤、蝶野、中村などなど。
猪木信者にとっては、まさに永久保存版。

the 寂聴 第11号  カドカワムック  62483‐28 (カドカワムック 325) the 寂聴 第11号 カドカワムック 62483‐28 (カドカワムック 325)

著者:瀬戸内 寂聴

AKBのメンバーが瀬戸内 寂聴に人生相談。
寂聴先生の人生相談系の本は好きでこれまでも何冊も読みましたが。
AKB相手に寂聴先生は何を語るのだろう、と思って読みましたが。
うーーむ。
特にこれといった感想はありませんでした。

学問のすすめ 現代語訳 (ちくま新書) 学問のすすめ 現代語訳 (ちくま新書)

著者:福澤 諭吉
販売元:筑摩書房

苦労して読みましたが。
脳内学問ではなく、実学、実際の生活に活かせる学問をしようぜ、日本国民一人ひとりが悩んで学んで、独立自尊の精神を自らの内に築き上げようではないか、と。
一人ひとりがそうなれば、日本国全体の国力も上がる、それで西洋に追いつけ、追い越そうぜベイビー、と。

自分を活かす“気

これまた古典モノ。自分を活かす「気」の思想。幸田露伴「努力論」に学ぶ。

運命を変えたいのなら、まず自分を変えよ。
これが自分だ、と言える自分を養っておけ。名刺上の肩書きを取っ払って、なおこれが自分だ、と言える自分を養っておけ。

…ですな。

海軍兵学校 江田島教育 (新人物文庫)

「海軍兵学校江田島教育」
軍人勅諭、一日五省
1、誠を尽くしたか
2、恥ずべき言行はなかったか
3、気力に欠けていなかったか
4、努力にかけていなかったか
5、めんどくせー…と不精をしなかったか

軍人じゃなくとも、心に言い聞かせたいですな。

THE ROLLING STONES (rockin’on BOOKS) THE ROLLING STONES (rockin’on BOOKS)

販売元:ロッキングオン
Amazon.co.jpで詳細を確認する



ロッキングオンブックス第4弾。結局買いました。
日々、いろいろと新しい音楽は聴きますが。
ビートルズとともに、ストーンズは自分が「帰る場所」的な。
故郷みたいな場所ですな。
山羊の頭のスープ#紙ジャケット仕様# イッツ・オンリー・ロックン・ロール

そんなこんなで、久しぶりに73年、74年のこの2枚を聴きました。
昔はストーンズのなんだか締まりの感じ(?)のバラードがあまり好きではありませんでしたが。今聴くと、非常に味があって良いです。
じっくり時間をかけて熟成させておくと美味しくなる食べ物がありますが。
ストーンズの音楽は変わってないので、自分の心と気持ちと趣向が変わったのでしょう。

SET LIST~グレイテストソングス 2006-2007~

AKB48の「グレイテストソングス」
こん中の「BINGO!」という曲に異様にハマってしまい。
最近の通勤途中の車内でその曲だけエンドレスリピート中です。
曲調がなんとなく、オニャンコ分隊の「うしろ指さされ組」とかあの辺の楽曲の匂いがします。自分が小学校時分に聴いたその近辺のアイドル歌謡は何気に脳内の端っこの部分に染み付いているようですな。

マジックディスク MAVERICK#初回限定盤# サンシャイン#ニューアルバム・通常盤#
アジカン、meg、HIGE…らのニューアルバムを聴くも、「ながら」聴きのせいか、イマイチ印象に残らず。どーも、自分の中で音楽と向き合うテンションが落ちてきてるような気がする。気になる音はいっぱいあるのだが。

バイブル・ベルト バイブル・ベルト

アーティスト:ダイアン・バーチ
販売元:EMIミュージックジャパン

これまた「ながら」聴きながら、これは良かった!去年少し話題になったシンガーソングライター。
キャロル・キングとかリッキー・リー・ジョーンズとかジョニ・ミッチェルとか。
偉大なる先達女性シンガーソングライターの伝統を脈々と堂々と受け継いでるような音やヴォーカリゼーションやメロディ。
最近あまり、「どっかで聴いたことある音楽」は聴かないことにしてる。
けれど、やっぱりこーゆーふうに良いモノはいいんだよなあ、と。

|

« 私、プロレスの味方です | トップページ | 終戦の日 »

音楽と本」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。