« 神曲 | トップページ | ベスト16! »

2010年6月 5日 (土)

ラフィータフィー

6月ですか。2010年も半分過ぎたか。
カクジツに日、一日とトシ取ってるわけやね。

○ 読書日記

山岡鉄舟の武士道

「山岡鉄舟の武士道」
幕末の幕臣の山岡先生ですね。江戸城無血開城の最大の功労者の。

人間万事至誠奉公。
これですかね。
誠を尽くして、「私」を捨て、「公」つまりは自分以外の誰か、ないし、何かのお役に立つよう生きる、と。

あとやっぱり、これをやっちゃあおしまいよ、という自分なりに自らを律する規則というか、美学を持つ事でしょうか。
人の目が恥ずかしいから、とか「○○と思われたくないから」といった他者からの視線ではなしに、自分で自分に課する規則というか。
ひいては、人の目じゃなく、天の目、お天道様の目。
そこだけ意識するというか。

おい、俺よ、その行い、その精神、その言動は天に対して恥じる事がないのか?
という自らに対する問い。
こーゆー古典に触れる際に、何が重要かとゆーと、その本の中身をいかに自分なりに血肉化できるか、ということでしょう。
自分内武士道を確立して、それを軸に日常生活の諸々に処していきたいですな。

君たちは、どう生きるか―スマイルズ『自助論』 (座右の名著シリーズ)

スマイルズの「自助論」。それの斎藤孝教授訳バージョンを読みました。
「天は自ら助くる者を助く」
とゆー有名な書き出しから始まるアレですな。
天は、自主独立して他人の力に頼らない、そんな人間、自分で自分をがんばれと励まして励まして自助努力する人間に救いの手を差し伸べるんだってさ。
斎藤教授の訳は読みやすかったです。
このシリーズの新渡戸稲造版武士道も出てるようなので、次はそれを読もうかのう。

○ 音楽鑑賞日記

神曲たち#DVD付# Music 神曲たち

アーティスト:AKB48

桜の花びらたち2008 桜の花びらたち2008

アーティスト:AKB48

とゆーわけで、相変わらず通勤の車内では「神曲たち」がヘヴロテ中。
さらには今更ながらこのシングル曲を購入。
泣いても知らないよってぐらいの名曲。
総選挙の行方も気になったりしてます。参議院じゃないよ。私は「○○推し」と言えるほどヒイキのメンバーもいないし、誰が誰やらそこまでよくわかりません。
中間発表は1位前田さん、2位の大島さんのようですが、うまく言えませんが、このままの順位が確定する事を期待してます。

私は巨人はあまり好きではなく、25年来の中日ファンだけど、巨人が弱いとプロ野球が面白くない、やっぱり巨人は強い巨人であってほしい、そんな強い巨人に全球団がぶつかっていってお互いに切磋琢磨していく、そのことがひいては、各球団各選手のレベルアップにもつながり、日本野球の根本的な質の向上にもつながっていく、それが健全なプロ野球界の姿なんじゃないかなあと思うわけでして。
つまりは、あるべきものはあるべき場所に君臨してこそ全体の秩序が保たれる、全体のレベルアップもなされる、ということもあるわけでしてね。

ベガーズ・バンケット ベガーズ・バンケット

アーティスト:ザ・ローリング・ストーンズ

このアルバムの次の次の次。「メインストリートのならず者」のデラックスエディションなるものが出たんですよね。
一昔前の自分ならソッコー買ってるところですが。
ここ1年ぐらい、「むやみやたらにCD買うのやめよう」運動を展開してまして。
宝くじでも当たったら、買う事にします。
でもやっぱり欲しい。
そんな気持ちを紛らすために、これを聴いたりしてました。

俺と仲間 俺と仲間

アーティスト:ロン・ウッド

ここしばらく、洋楽でこれ!という作品がなくてですねえ。邦楽一辺倒になりつつあるわけです。なので、昔の聴いてたやつをひっぱりだして聴いてましたよ。
これ、ロン・ウッドがストーンズに加入する前のソロアルバム。
ゲストが凄いです。
ミック・ジャガー、キース・リチャーズ、ロッド・スチュワート、デヴィット・ボウイなどなど。
中身はラフでタフでルーズなロックンロールです。
ロンさん、素敵な仲間をお持ちですな。

L.A.M.F.: The Lost '77 Mixes

L.A.M.F.: The Lost '77 Mixes

アーティスト:Johnny Thunders & the Heartbreakers 

あとこれ。ラフでタフでルーズ。ジョニーサンダーズのこのアルバム。がっごいいです。かっこいい、に思わず濁点をつけてしまうほどです。

hana-uta hana-uta

アーティスト:ハナレグミ
販売元:EMIミュージック・ジャパン
発売日:2005/09/14
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ハナレグミのベスト。やさしきことこの上なし。
そんなカンジの楽曲が満載。
なんだかほっとします。

amp-reflection amp-reflection

アーティスト:school food punishment

ギターロック+エレクトロニカ+JPOPなオモムキの音。
去年、ちらっとライヴ見た事があります。
さらに、インディーズ時代のアルバムも1枚持ってます。
その頃に比べると音のメジャー感が上がってます。
でも自分内大ヒットにはいたらず。



|

« 神曲 | トップページ | ベスト16! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。