« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月26日 (土)

ベスト16!

もう6月も終りですか。
世間はサッカー一色ですな。
もちろん、昨日のデンマーク戦は3時過ぎにきっちり起きて見ましたよ。
でも、寝る前に一人で日本酒を飲みSUGIたため、試合中も終始俺のコンディションは良くなかったです。参りました。

前回更新したときのAKBの選挙もすっかり過去の出来事になりましたね。
私は、昔っから「ライバル物語」みたいな競い合い、高め合う両人のカンケイ性みたいなものが好きでしてね。
そのライバル同士がお互いの事を語るとき、その発言の中から人生においていろんな示唆を与えてくれるような深い言葉が聞けたりとかね。
謙信VS信玄とか、西郷VS大久保とか、猪木VS馬場とか、江川VS西本とか、セナVSプロストとか、最近だと浅田真央VSキム・ヨナ、とか。
なので、前田さんVS大島さんという構図の中の人間ドラマ的な、ヒューマンな部分に注目して見てました。
選挙イベント直後の二人の抱擁が真心からの行為であると信じたいです。
93年最終戦のオーストラリアグランプリ後のセナとプロストの握手みたく。
まあ、信じるのは自分の心のモンダイですからね。

そんなライバル物語の中で、私が特に印象に残っている言葉を。セナの事故死後のとあるインタビューに答えてのライバル、アラン・プロストの言葉。
「自分はレースに自分の人生の99%を捧げてきた。が、アイルトンは100%かそれ以上のものをレースに捧げていた」
そういえば、前田さんも「AKBに人生を捧げる」と言ってましたね()
以上、今月のコラムでした()

○ 音楽鑑賞日記

EARTH スポーツ

あぶらだこ 神曲たち#DVD付#

黒猫チェルシー I WAS JAPANESE KINKS

Total Life Forever クリスタル・キャッスルズ

Cosmogramma [ボーナストラック付き国内盤]あの日の海

ここ最近聴いてるものですが、すべて○○しながらの「ながら」聴き。あまり集中して聴いてないので繰り返し聴いてもいずれもあまり印象に残らず。やっぱり一番は「神曲たち」ですな。
世界の終り、あぶらだこ、東京事変、AKB48、黒猫チェルシー、ボヘミアンズ
以下、洋楽 フォールズ、クリスタル・キャッスルズ、フライングロータス、コリーヌ・ベイリー・レイ。

○ 読書日記

人の心は歩く早さがちょうどいい 人の心は歩く早さがちょうどいい

著者:酒井 雄哉
販売元:PHP研究所
Amazon.co.jpで詳細を確認する

千日回峰行を2度も満行した現代の生き仏の著作。難しい事はひとつも言ってないのだが、この方のおことばはいつも重い。

人間が行なうことは、すべてどこかにつながっていて、人生に無駄なことなんて一つもないんじゃないかな。 まったくもってその通りであります。最近よくそれを実感してます。

父親のための人間学 父親のための人間学

著者:森 信三
販売元:致知出版社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

知る人ぞ知る、教育学の大家、森信三大先生。

「どうにもならぬことはどうにもならぬ」こととして、つまりはマイナスはどこまでもマイナスとして、そこに肚(はら)をすえるより他ない、という全肯定の境涯まで心を高める。
 逆境に処する態度の第一として、自分に与えられたマイナス面を、絶対不可避な絶対必然として、ここに肚をすえるほかない。肚をすえることによって、そこから初めて「絶対」に通じる真の知恵の微光が射し始めてくるもの。
「肚をすえる」とは「比較相対を超える」ということだから。

あーだこーだと迷ってるうちは、逆境のカベをぶち破る知恵の力は湧かない。
だめなものはだめ、ならぬものはならぬ、とまず観念する。どーせ俺は…的なアキラメではない。それはさながら、今まさに切腹するにいたるサムライの精神状態に近いものなんじゃないかな、と想像する。
そこまでいってはじめて、「○○にくらべてどーした」「こっちよりあっちの方が○○」「世間的には○○」といった比較したり相対的にものを見たりという視点から「絶対」の「自分だけのオンリーワン」な視点にたどり着ける…そんな具合なのだろうか。

人生修行の道は果てしなし、です

| | コメント (0)

2010年6月 5日 (土)

ラフィータフィー

6月ですか。2010年も半分過ぎたか。
カクジツに日、一日とトシ取ってるわけやね。

○ 読書日記

山岡鉄舟の武士道

「山岡鉄舟の武士道」
幕末の幕臣の山岡先生ですね。江戸城無血開城の最大の功労者の。

人間万事至誠奉公。
これですかね。
誠を尽くして、「私」を捨て、「公」つまりは自分以外の誰か、ないし、何かのお役に立つよう生きる、と。

あとやっぱり、これをやっちゃあおしまいよ、という自分なりに自らを律する規則というか、美学を持つ事でしょうか。
人の目が恥ずかしいから、とか「○○と思われたくないから」といった他者からの視線ではなしに、自分で自分に課する規則というか。
ひいては、人の目じゃなく、天の目、お天道様の目。
そこだけ意識するというか。

おい、俺よ、その行い、その精神、その言動は天に対して恥じる事がないのか?
という自らに対する問い。
こーゆー古典に触れる際に、何が重要かとゆーと、その本の中身をいかに自分なりに血肉化できるか、ということでしょう。
自分内武士道を確立して、それを軸に日常生活の諸々に処していきたいですな。

君たちは、どう生きるか―スマイルズ『自助論』 (座右の名著シリーズ)

スマイルズの「自助論」。それの斎藤孝教授訳バージョンを読みました。
「天は自ら助くる者を助く」
とゆー有名な書き出しから始まるアレですな。
天は、自主独立して他人の力に頼らない、そんな人間、自分で自分をがんばれと励まして励まして自助努力する人間に救いの手を差し伸べるんだってさ。
斎藤教授の訳は読みやすかったです。
このシリーズの新渡戸稲造版武士道も出てるようなので、次はそれを読もうかのう。

○ 音楽鑑賞日記

神曲たち#DVD付# Music 神曲たち

アーティスト:AKB48

桜の花びらたち2008 桜の花びらたち2008

アーティスト:AKB48

とゆーわけで、相変わらず通勤の車内では「神曲たち」がヘヴロテ中。
さらには今更ながらこのシングル曲を購入。
泣いても知らないよってぐらいの名曲。
総選挙の行方も気になったりしてます。参議院じゃないよ。私は「○○推し」と言えるほどヒイキのメンバーもいないし、誰が誰やらそこまでよくわかりません。
中間発表は1位前田さん、2位の大島さんのようですが、うまく言えませんが、このままの順位が確定する事を期待してます。

私は巨人はあまり好きではなく、25年来の中日ファンだけど、巨人が弱いとプロ野球が面白くない、やっぱり巨人は強い巨人であってほしい、そんな強い巨人に全球団がぶつかっていってお互いに切磋琢磨していく、そのことがひいては、各球団各選手のレベルアップにもつながり、日本野球の根本的な質の向上にもつながっていく、それが健全なプロ野球界の姿なんじゃないかなあと思うわけでして。
つまりは、あるべきものはあるべき場所に君臨してこそ全体の秩序が保たれる、全体のレベルアップもなされる、ということもあるわけでしてね。

ベガーズ・バンケット ベガーズ・バンケット

アーティスト:ザ・ローリング・ストーンズ

このアルバムの次の次の次。「メインストリートのならず者」のデラックスエディションなるものが出たんですよね。
一昔前の自分ならソッコー買ってるところですが。
ここ1年ぐらい、「むやみやたらにCD買うのやめよう」運動を展開してまして。
宝くじでも当たったら、買う事にします。
でもやっぱり欲しい。
そんな気持ちを紛らすために、これを聴いたりしてました。

俺と仲間 俺と仲間

アーティスト:ロン・ウッド

ここしばらく、洋楽でこれ!という作品がなくてですねえ。邦楽一辺倒になりつつあるわけです。なので、昔の聴いてたやつをひっぱりだして聴いてましたよ。
これ、ロン・ウッドがストーンズに加入する前のソロアルバム。
ゲストが凄いです。
ミック・ジャガー、キース・リチャーズ、ロッド・スチュワート、デヴィット・ボウイなどなど。
中身はラフでタフでルーズなロックンロールです。
ロンさん、素敵な仲間をお持ちですな。

L.A.M.F.: The Lost '77 Mixes

L.A.M.F.: The Lost '77 Mixes

アーティスト:Johnny Thunders & the Heartbreakers 

あとこれ。ラフでタフでルーズ。ジョニーサンダーズのこのアルバム。がっごいいです。かっこいい、に思わず濁点をつけてしまうほどです。

hana-uta hana-uta

アーティスト:ハナレグミ
販売元:EMIミュージック・ジャパン
発売日:2005/09/14
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ハナレグミのベスト。やさしきことこの上なし。
そんなカンジの楽曲が満載。
なんだかほっとします。

amp-reflection amp-reflection

アーティスト:school food punishment

ギターロック+エレクトロニカ+JPOPなオモムキの音。
去年、ちらっとライヴ見た事があります。
さらに、インディーズ時代のアルバムも1枚持ってます。
その頃に比べると音のメジャー感が上がってます。
でも自分内大ヒットにはいたらず。



| | コメント (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »