« 人にまけ己に勝ちて 我を立てず 義理を立てるが男伊達なり | トップページ | 無題 »

2010年3月 9日 (火)

武市先生

昨日の龍馬伝観て思ったんですが。
あのドラマの武市半平太、好きだなあ、俺は。
どーしても、非情になりきれない。
友情とかの「情」に最終的に流されてしまう。
何かを決断しなきゃいけなくって、「理」と「情」のハザマで悩みに悩んで揺れ動く。
で、結局「情」の方に行ってしまう。
…人間らしさというか、人間味というか。
なんだか、昨日の回を見て、一気に武市さんが好きになりました、というハナシでした。

○ 音楽鑑賞日記

聖なる館 聖なる館

アーティスト:レッド・ツェッペリン

はい、またキましたよ。レッド・ツェッペリン。
ただいま、レッド・ツェッペリン復習月間なので。
これも、たぶん30回ぐらいは聴いてると思うけど。
一時はZEPの作品中、一番好きな作品だった頃もあったなあ。
今聴くと、曲調が多彩なぶん、散漫な印象を受ける作品にも感じられましたが。
ツェッペリン流のレゲエ、ファンク、プログレ…な曲は聴いてて楽しめますが。

○ 読書日記

安岡正篤ノート 安岡正篤ノート

著者:北尾 吉孝
販売元:致知出版社

あいかわらずカタめの本ばかり読んでます。
でも、書いてある中身は至ってシンプルにして普遍的な事ばかりです。

君子になる6つの条件。
1、徳性を高める
2、私利私欲を捨て、道義を重んじる
3、常に人を愛し、人を敬する心を持つ
4、信を貫き、行動を重んじる
5、世のため人のために大きな志を抱く
6、世の毀誉褒貶を意に介さず、不断の努力を続ける

…何も言う事がありません。
ただただそのように精進したいですよ。

|

« 人にまけ己に勝ちて 我を立てず 義理を立てるが男伊達なり | トップページ | 無題 »

音楽と本」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。