« 愛されるわけ | トップページ | ノータイム »

2009年5月 6日 (水)

エヴリシング・バット・ザ・ガール

Image0371
休みの昨日は、じーちゃんとばーちゃんを連れて菜の花がたくさんある丘に行ってきた。

これが夏になると、ひまわりに変わる。

すべては巡り巡るのだ。

○ 音楽鑑賞日記

アイドルワイルド アイドルワイルド

アーティスト:エヴリシング・バット・ザ・ガール

一昨日。中古、500円でゲット。
捨てる神あれば、拾う神あり。
俺は神じゃあないが、この作品を必要としてた。
それで、今、巡り巡って、俺の手元にある。

中身は、80年代後半、オシャレな女子が聴いてそうな(?)雰囲気の音でした。
ほんのりネオアコ うっすらボサノヴァ、そこはかとなくダンサブル、みたいな。

Title: Walking Wounded Title: Walking Wounded

アーティスト:Everything But the Girl

そしてまたまたエヴリシング・バット・ザ・ガール。
これまた中古で500円。
今から12年ぐらい前。
このアルバムを中古CD屋さんで何度も見かけた。
そん時はエヴリシング・バット・ザ・ガールなんて知らなかった。
だから、買うつもりも全くなかった。
スルーしまくった。

でも、めぐり巡って、今、俺の手元にある。
どーしても、このアルバムを聴いてみたいっ!
って思ってた矢先に中古500円で発見した。

常に求めていれば、何かのきっかけで、それが手に入っている。

|

« 愛されるわけ | トップページ | ノータイム »

音楽とひとりごと」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。