« ふたりのイエスタデイ | トップページ | ヘブンリイ デイズ »

2009年4月13日 (月)

平成の若人諸君!!!!!

今月から新人のアルバイトさんが入ったんですけどね。
21歳ぐらいの。男子。
職場体験とかで高校生もよく来るんですよ、ウチの会社に。
あと、繁忙期には複数バイトが入るんですが。
世代的には、昭和60年代生まれから平成以降生まれ。

まあ、一概に「その世代」と括ってはいけないとは思うのですが。

なんか、いまいち、ナヨナヨしてるよね。
なんか、気合入ってないよね。
なんか、白か黒かはっきりしいや、コラ!って言いたくなる曖昧感強いよね。
なんか、だらしないよね。
なんか、礼儀がなってないよね。

…って感じてしまう事が非常に多いのDEATH。
その世代の多くの若者と一緒に仕事した上での感想ですが。

なんか、「漢(おとこ)」度がどんどん下がってるというか。
男子に生まれながらに備わっている「侍性」(=サムライ度)がどんどん薄まっていってるというか。
そんな事を強く感じる今日この頃です。

○ 読書日記

真実 (DVD付き) 真実 (DVD付き)

著者:アントニオ猪木
販売元:ゴマブックス

猪木信者は彼の新著が出たら即日購入、速やかに読破しなければなりません。
そんなこんなで読了。
76年のモハメド・アリ戦を軸に、いつもの、そして得意の猪木哲学が炸裂します。
平成生まれの若人諸君!!!!
猪木を読め。
猪木を見ろ。

「闘魂」とは己に打ち克ち、戦いによってオノレの魂を鍛えていく事…だぞ、このヤロウ。

そう、漢(おとこ)は「いつ、何時、誰の挑戦も受け」るんものだぞ、このヤロウ。

さらに「どんなに道は険しくても、笑いながら歩こうぜ」マインドでいくんだぞ、コノヤロウ。

そして、「花が咲こうと咲くまいと 生きている事が 花なんだ」ぞ、コノヤロウ!!!

○ 音楽鑑賞日記

ココロに花を ココロに花を

アーティスト:エレファントカシマシ

4月になると、「4月の風」が聴きたくなります。

ココロ優しき、ココロ強き、漢(おとこ)のうたですよ。

明日もがんばろう 愛する人に捧げよう 
ああ 風が吹いた 四月の 四月の風

|

« ふたりのイエスタデイ | トップページ | ヘブンリイ デイズ »

音楽とひとりごと」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。