« ゼロ地点へ | トップページ | キープ・オン ロック雑誌購読 »

2009年3月19日 (木)

漢(おとこ)とは何ぞや

春を通り越して、夏がきちゃった。
って言ってた人がいた今日。
そんぐらいいい天気だった。

○ 読書日記

燃えよ剣〈下〉 (新潮文庫) 燃えよ剣〈下〉 (新潮文庫)

著者:司馬 遼太郎
販売元:新潮社

というわけで、5年ぶりに読み返した「燃えよ剣」読了。
以前ほどの衝撃はなかったなあ。
でも、やっぱり人生のベスト5に入る作品であることにはMACHIGAIないな。

なんだかんだで、結局土方歳三という人は、幕府がどうの勤皇がどうの、武士がどうのっていう部分ではなく、「男としての自分なりの美学」をただただ貫いていこうとした人。
それが、土方さんいうところの「万世に照らして変わらねえもの」なのでしょう。

|

« ゼロ地点へ | トップページ | キープ・オン ロック雑誌購読 »

本とひとりごと」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。