« ハンサムスーツ | トップページ | ふたりのイエスタデイ »

2009年3月29日 (日)

ふたたび謙信と下妻物語

アワタダシイ年度末の日々もあとひとやま。
頂上まであと少し。

そんなこんなで今日は完全休養日。

○ 読書日記

上杉謙信 (吉川英治歴史時代文庫) 上杉謙信 (吉川英治歴史時代文庫)

著者:吉川 英治
販売元:講談社

12年ぶりに読み返しました。
その時は2、3日で読み終えたキオクがあったのに。
10日近くかかって読み終えました。
吉川英治の文体ってこんな感じだったか。
何だか読みづらかった。

「私」のモロモロの事情を超えて、「公」の立場で、自らが「公」となって戦う。
あくまでも世の乱れ正し、秩序を乱すヤツを成敗するために戦う。
っていう謙信の姿勢に触れ、えらく感銘を受けたのは、その昔、この小説を読んだのが一番最初だったな、と。
そんな事を思い出しました。

○ 映画鑑賞日記

下妻物語 スタンダード・エディション [DVD] 下妻物語 スタンダード・エディション [DVD]

販売元:東宝

これは2年ぶりぐらいに見返しました。
1回目に見たときほどの強烈な印象はなかったけど。
やっぱり好きな作品。
そしてやっぱり女子同士の友情は美しいな、と。

|

« ハンサムスーツ | トップページ | ふたりのイエスタデイ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。