« 歴私塾 | トップページ | パンクロック万歳 »

2009年2月15日 (日)

レイジ・アゲンスト・ザ・ハヤリ…なんだけど。

基本的に自分は、ハヤリとかには絶対にのっからないんだけど。
「逆チョコ」あげました。
母親に。
まあ、善なることだからね。
のっかってもいいかな、と。こーゆー時ぐらいは。ハヤリに。

○ 読書日記

[新装版]坂本龍馬の人生訓 [新装版]坂本龍馬の人生訓

著者:童門 冬二
販売元:PHP研究所

独創的な人間関係の確立。
経済的視座の重視。
飽くなき自己変革への希求。
複眼でものを見続ける。
理想主義と現実主義を一致させる。

…それが坂本龍馬の人間学なり。

○ 音楽鑑賞日記

ガンボ ガンボ

アーティスト:ドクター・ジョン

ロック名盤ベスト200、とかそのテのガイド本にはたいてい取り上げられているこの作品。
10年以上もずーっと、「いつか聴いてみよう」って思ってて、よーやく聴きました。
率直な感想は、「濃いな~」っていうもの。
でも、メロディとか聴きやすいです。
ものの本には「ニューオーリンズ・サウンド」とかいうくくりで紹介されてたりもしますが。
要は、濃密なアメリカンルーツミュージックですな。
ソウルとかR&Bとかブルースともまた違う…。
そういうのを煮込みに煮込んだカンジ。
オールマン・ブラザーズバンドとか、レーナード・スキナードとか、70年前後のクラプトンとか、あのヘンのいわゆる「サザン・ロック」とか「スワンプ・ロック」とか呼ばれる音に近いかも。それらを煮込んで煮込んでドロドロに「濃く」したような。

|

« 歴私塾 | トップページ | パンクロック万歳 »

音楽と本」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。