« パンクロック万歳 | トップページ | いよいよ、西郷VS大久保 »

2009年2月18日 (水)

少年メリケンサックです!!!!

寒いです。

○ 読書日記

愛語の力―禅僧ひとりニューヨークに立つ 愛語の力―禅僧ひとりニューヨークに立つ

著者:嶋野 榮道

タイトル通りの内容です。
何も持たず、「禅」の心だけをもって、ニューヨークに渡り、その地に禅寺(的なもの)を建設し、禅の教えを多くのアメリカ人に伝道したひとりの禅僧のお話。

自力でもなく、他力でもない。
目の前の事を素直に正直に受け入れ、それに没入して信ずる道を歩み続ければ、「自力でも他力でもない力」でもって、道は開かれる…勉強になりましたよ、いろいろ。

○ 音楽鑑賞日記

LOVE LETTER(DVD付) LOVE LETTER

アーティスト:大塚愛

ジャケットの中の写真を見て、ふと思いました。
大塚愛ってこんなに可愛かったか。
と。
いえ、もちろん、音楽も凄く良かったです。

少年メリケンサック オリジナル・サウンドトラック 少年メリケンサック オリジナル・サウンドトラック

アーティスト:サントラ,少年メリケンサック,少年アラモード,GOA,マサル,ねらわれた学園,TELYA

結局買いました。
だって、向井秀徳氏のある種ソロアルバム的な作品ですものね。
収録全33曲のうちの、25,6曲ぐらいは向井氏が手がけてますから。
向井さんワールド全開です。
レゲエ、ダブ、テクノポップ、テクノ歌謡、ナンバーガールぽいギターロック、センチメンタルなメロディラインのインスト曲…などなど。
インストが多いけど、歌が入れば「これ、ZAZEN BOYSの新曲?」とでも思えるような曲も多し。
ナンバーガールぽいギターロックな「あいまい模様」という曲。
向井さんが映画の特番の中のとあるインタビューであの曲は「ナンバーガールのパクリ」と仰られてたのが、なんか面白いなあと。
自分で自分の曲パクってる事になるじゃないですか。

|

« パンクロック万歳 | トップページ | いよいよ、西郷VS大久保 »

音楽と本」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。