« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月29日 (土)

めずらしく

流星の絆 流星の絆

著者:東野 圭吾
販売元:講談社

本は読んでませんが。
ドラマは欠かさず見てます。
民放の連続ドラマを見るなんて事はめったにないのだが。
1,2話はどーも、かったるい感じでしたが、ここにキてガゼン面白くなってきた。
コミカルなやりとりの合間のシリアスなシーンが良いです。
シリアス度が1.5割り増しぐらいに感じられます。
それと、戸田恵梨香さんは、やっぱし可愛ゆいです。

○ ここにきて

アントニオ猪木名勝負十番III [DVD] アントニオ猪木名勝負十番III [DVD]

2巻目を飛ばして、3巻を購入。
今から少し見ます。

○ マニアックな音楽観賞日記

I love NP I love NP

アーティスト:naivepop or petitfool

名古屋の2人組の5年ぶりのセカンドアルバムだとか。
「ド」がつくほどの渋谷系サウンド。
ド渋谷系。
これがまた、最高。
トーレヨハンソンなサウンドとかシューゲイザーとかエレポップとかが融合したこのうえなく、多幸感に満ちたギターポップでした。

Vivian Girls Vivian Girls

アーティスト:The Vivian Girls


シューゲイザーとガレージとローファイが混じったような音を出す、女子3人組。
10曲 21分という短さ。

| | コメント (0)

2008年11月27日 (木)

西郷

○ 読書日記

新装版 天璋院篤姫(上) (講談社文庫) 新装版 天璋院篤姫(上)

著者:宮尾 登美子

ドラマ終わってから読むつもりだったのだが。
今月初めから読み始めました。
でも、まだ上巻読み終わらず。

こないだの「篤姫」は久しぶりに、見てて号泣しました。
西郷隆盛の漢(おとこ)に泣けました。
ほんとに。
前から思ってましたが、あのお方には「自己犠牲」というイメージがつきまといます。

今、大河ドラマ3作同時に見てますが。
新選組! 翔ぶが如く、篤姫。
そのいずれにも西郷隆盛が出てきます。
が、篤姫の小澤西郷が一番、俺がイメージする西郷隆盛に近いし、一番好きですね。
翔ぶ~の西田西郷は、何度見ても、西郷隆盛ではなく、「西田敏行」にしか見えないし。
新選組!の宇梶西郷は、なんか「悪っ!」っていうワル西郷さんぽいし。

西郷隆盛の座右の銘(?)の「敬天愛人」。
この思想を知ってから、俺のモノの考え方も少し変わったとでごわす。
日常生活でむかつく回数、腹が立つ回数が減りましたね。
人を相手にせず、天を相手にせよ、と。
人をあーだこーだ怨んだり憎んだり文句たれたりせず、ただただ天の道理に従って、自分のここが足りない、ここが至らない、ここが未熟だ、とオノレの誠の足らざるを尋ぬべし…っていうね。

でも、「万人を愛する」っていう境地にはまだまだ辿りつけてないけど。
やっぱり、苦手な人は苦手だし。
でも、そこに「たどり着こう」という気持を持つことは尊い事だと思うので。
己の誠の足らざるを尋ねて、精進するのみです。

○ 音楽鑑賞日記

【CD】金延幸子/み空 金延幸子/み空

「日本のロック・フォーク名盤ベスト○○」によく取り上げられますよね。
ジョニ・ミッチェルみたいでした。
あ、でも、ジョニ・ミッチェルほど情念うずまいてないかな。
もっと爽やか。透明。澄んでる。
そう、トレイシー・ソーンのソロアルバムみたい。



| | コメント (0)

2008年11月24日 (月)

ユメかマボロシか。

ここ数日は…。
初雪降ったり、タイヤ交換したり、同僚に泣かれたり、トシを取ったり、新選組!にハマってたり、やるせなかったり、なんかいろいろでした。

○ ええええ!?

チャイニーズ・デモクラシー(初回限定)(SHM-CD) チャイニーズ・デモクラシー(初回限定)(SHM-CD)

アーティスト:ガンズ・アンド・ローゼズ

つ、ついに、出た。ホントに出た。
嗚呼、これはユメかマボロシか。
まさか、生きてるうちに聴けるとは思わんかったわい…ゴホッ、ゴホッ…っていうのが正直なKIMOCHI。
制作期間14年、総制作費14億円。全14曲収録。1曲、いちおくえん。
ちなみに、俺個人的には、10年ぐらい待ちました。発売を。
14年前はガンズ聴いた事なかったんで。
久しぶりに、緊張して、コンポの再生ボタンを押しましたが。

あ、あれれ…!?
っていうのが正直な感想です。
なんか、普通…。
っていうのが正直な感想です。その2。
ユーズ・ユア・イリュージョンの方がずっといいわい。
っていうのが正直な感想です。その3。

冗長なバラードみたいな曲が多い気が。
それらをカットして全10曲、ぐらいが丁度よかったんじゃないのかな、と。
1回しか聴いてないので、もう少し聴き込んでみますが。

モダン・ギルド モダン・ギルド

アーティスト:ベック

ジツに久しぶりに、ベックのアルバムをちゃんと買ってききました。
「最高傑作!」と「全10曲、33分」という文句に惹かれて。

これが?最高?傑作?
っていうのが正直な感想です。

ちなみに、一番好きなベックのアルバムは98年に出た「ミューテイションズ」です。

波紋クロス 波紋クロス

アーティスト:nhhmbase

ネハンベース。バンド名がいいですね。「涅槃」って。
54-71みたいな印象でした。
なんか演奏と歌(っていうのかな)がズレてて、そのズレが独特のグルーヴを生み出してる…みたいな感じの。
イースタン・ユースの「極東最前線」とかに入ってそうなイメージです。

でも、これまたよくわかりませんでした。

Dream Fighter Dream Fighter

アーティスト:Perfume

やっぱりコレが一番いいな。

最高を求めて~終わりのない旅をする~♪
のは、きっと~僕らが~生きている翔子、いや、証拠だから~♪
もう、余裕で歌えます。




| | コメント (0)

2008年11月19日 (水)

無題。無題。無題。

大河ドラマ3シリーズ同時に見てる今日この頃。

篤姫。
と新選組!(DVD)と翔ぶが如く(DVD)。
久しぶりに見る新選組はもう面白くって面白くって。
見るペースも翔ぶが如くより早くなっちまってます。
翔ぶが如くも面白いんだけど。
90年という時代のせいか。
西田敏行さん演じる西郷さんがむちゃくちゃ熱いんですよね。
101回目のプロポーズ(91年)の武田鉄也を思い出しました。

○ 読書日記

日日是好日―「お茶」が教えてくれた15のしあわせ 日日是好日―「お茶」が教えてくれた15のしあわせ

著者:森下 典子
販売元:飛鳥新社

茶道習いたい、私も。
結局は、ありのままの今を肯定して、ありのままの自分を生きなさいっていうシンプルなことなんでしょうね。

○ いろいろ音楽鑑賞

Dream Fighter Dream Fighter

アーティスト:Perfume


Perfume内今年リリースのシングルで一番良いです。

17才 17才

アーティスト:銀杏BOYZ,峯田和伸とチン中村
販売元:初恋妄℃学園/UK.PROJECT

南沙織さんのいわずと知れた名曲のカバー。
映画「俺たちに明日はないっす」の主題歌だとか。
うーん。なんか、普通。

グラスヴェガス グラスヴェガス

アーティスト:グラスヴェガス

グラスゴーのバンド。
ジザメリ以来の衝撃!とかオアシスとストロークスの1枚目のアルバムが引き合いに出されてたりとか、本国でもこっちでもえらく盛り上がってるようですが。
そんなにいいかなあ。
ジザメリの1枚目をフィル・スペクターがプロデュースした感じ(?)の音でしょうか。
音がくぐもってて、メロディが60年代ふうで。
も少し聴いてみます。

| | コメント (0)

2008年11月17日 (月)

タクミ

そう、昨日は日本伝統工芸展っちゅうのを見てきた。
着物とか陶器とか茶器とかそーゆーのをひたすら。
じーっと眺めてても、飽きないもんですのう。あーゆーのは。
匠の技っちゅうもんは、装飾を廃し、いろんなもんをそぎ落とし、そのモノの核が自ずと見るヒトに伝わるような。
それを表現する事なのかな、と。

人間のありようとしても、そんな「匠」の、タクミの境地に達する事ができるよう、精進できればのう、とか考えましたよ。
多弁でなくとも、接する人に、人柄、人格が伝わり、嗚呼こん人は信頼できる、って感じてもらえるような。

会場には、お客さんがいっぱいだったけど、ご年配の、50代以上の方々がほとんど。
たぶん、30代の客って俺だけだったと思う。
はてさて、何ゆえに、こーゆー分野って若者から見向きもされんのだろう。

○ 音楽鑑賞日記

ロボットハニー ロボットハニー

アーティスト:Aira Mitsuki

「10曲入り、1050円」につられて買ってしまったが。
いや、しかし、なんとも、良い曲です。
くどいようですが、Perfumeに似てないです。

| | コメント (0)

2008年11月11日 (火)

幕末クレイジー

NHK大河ドラマ 翔ぶが如く 完全版 第一巻 NHK大河ドラマ 翔ぶが如く 完全版 第一巻

今度はこーゆーものを借りてきて、見始めてしまった。
1990年の大河ドラマ。
若き西郷さんと大久保さん、異様にはしゃいでます。
全力疾走シーンがやたら多いし。
あと、西田・隆盛の妹役の酒井法子さんがかわゆいです。

新選組!完全版 第五巻 新選組!完全版

さらに、同時にこれも見てます。04年の大河。
山南さんが切腹する回とか藤堂平助が隊を抜ける回とか。
好きな回が入ってる巻だけ借りてきてみてましたが。
お、面白い。
1回目からまた見たくなってる。

○ 音楽鑑賞日記

JAPAN JAPAN

アーティスト:the telephones

日本のバンド。
ダンスとディスコとロック。
ドーピングパンダとか後期プリスクール(懐かしい!)ぽい感じでした。
いまいち、ガツン!とクるものがありませんでしたが。
もう少し聴いてみます。

ア・ディスタント・ショア<SHM-CD> ア・ディスタント・ショア

アーティスト:トレイシー・ソーン

たまに、ムショーに聴きたくなるんです。トレイシー・ソーン。
エブリシング・バッド・ザ・ガールのトレイシー・ソーン。
アルバムの邦題は「遠い渚」。
まさに、そんな音楽です。
春夏秋冬、いつの季節にも似合います。
メランコリー。

○ 読書日記

寂聴あおぞら説法 4 寂聴あおぞら説法 4

著者:瀬戸内寂聴
販売元:光文社

いきなり最新刊の4巻目を読みましたが、寂聴さん、実にいい話をしてくださってます。
1巻目から読みたくなりました。

ボーイズ・オン・ザ・ラン 10 (10) (ビッグコミックス) ボーイズ・オン・ザ・ラン 10

著者:花沢 健吾

よーやく最終巻読みました。
かっこ悪いことは、なんてかっこいいことなんだろう。

…って思ったり思わなかったりしました。
難にせよ、いや、何にせよ、一生懸命なヒトは美しいです。
心が。

| | コメント (0)

2008年11月 9日 (日)

マサムネ

寒い。いろんな意味で、寒い。
今日は寒かった。
もう、冬。いろんな意味で、冬のJIDAI。

○ ヒーロー

伊達政宗 (4) (講談社漫画文庫) 伊達政宗 (4) (講談社漫画文庫)

著者:横山 光輝,山岡 荘八

原作が原作だけに、漫画といえども文字が多く、読み終わるまで難儀しました。
地元の英雄なのに、マサムネ様にはあまり思い入れが無く。
でも、実際のところ、政宗がのりにノッてた時代って米沢とか福島県南が本拠地で、宮城・仙台は政宗の「地元」とは言い難い面もあるのではありますが。
才能を遺憾なく発揮しすぎ、表に出しすぎて、いろんな人にケーカイされてしまったのでしょうな。

| | コメント (0)

2008年11月 8日 (土)

めちゃめちゃイケてない

ギブ&テイク、じゃあなくって、ギブ&ギブ&ギブ!

いつも心にギブギブギブスピリットでいたいです。はい。

○ 漫画

世界の終わりと夜明け前 世界の終わりと夜明け前

著者:浅野いにお

ヒメアノ~ル 1 (1) (ヤングマガジンコミックス) ヒメアノ~ル 1

著者:古谷 実

出てくるキャラクターが何かしらの「生きずらさ」を抱えている。
くすぶってる感、夜明け前感、エンドレスな梅雨の季節、感。
そーゆーフンイキが好きです。

○ 似てない

COPY COPY

アーティスト:Aira Mitsuki,Terukado

Perfumeの二番煎じ、的に揶揄されてたりするようですが。
似てないじゃないですか。
あくまでも表面が似てるだけ。
って感じました。
これはこれで、凄く良いアルバム!

| | コメント (0)

2008年11月 4日 (火)

我を美しく、と書いて「義」

○ 読書日記

壬生義士伝 下   文春文庫 あ 39-3 壬生義士伝 下

著者:浅田 次郎
販売元:文藝春秋

読み終わりましたー。
例によって、力が抜けました。
素晴しい作品を読了した直後にやってくる「燃えつきましたよ私は」感です。
「義」とは何ぞや?とか「誠」とは何ぞや?とか言ってると、デジタルがトゥーマッチな平成の世にあっちゃあ、「そーゆーのうっとーしわい!」って一蹴されそう。
「キレイゴト」がまかり通らない世の中で、「綺麗な事」が貫けるように…そんな風に生きていきたいです。はい。

○ 音楽鑑賞日記

DOWN TOWN DOWN TOWN

アーティスト:YMCK & DE DE MOUSE,moumoon,コトリンゴ,一十三十一

YMCKのファミコンサウンド。
ファミコン世代にはたまりません。
そんなファミコンサウンドで今回はシュガーベイブとかゴダイゴとか、はっぴいえんどの名曲をカバー。
でも、それ以上に、DE DE MOUSEのちょっとセンチメンタル仕様のテクノサウンドで聴ける「ルージュの伝言」が最高に素晴しかったです。

| | コメント (0)

俺はまだ本気出してないだけ。

30過ぎると、1分間が50秒ぐらいで過ぎる…ていうウワサは本当かもしれない。
てな事を、晩秋の冬色がかった風を頬に受けつつ、シミジミジ実感する今日この頃であります。

○ 読書日記

俺はまだ本気出してないだけ 2 (2) (IKKI COMICS) 俺はまだ本気出してないだけ 2

著者:青野 春秋
販売元:小学館

やっと2巻出ました。
漫画家目指して、執筆とバイトと草野球…の日々を送っている大黒さん42歳。
主人公を筆頭に、停滞感120%、闇病み(ヤミヤミ)なキャラクターが多数登場。
でも、彼らを笑えない。
主人公の父君のセリフ…
「まったく、どいつもこいつもダメだねえ。俺も十分だめだけど。」
「でもさ、市野沢クン…大丈夫な人、見た事ないけどね、俺は。」
…かもしれない。俺も見たことないな。カンペキに大丈夫な人。

あ、俺もまだ本気だしてないよ。
って言っておこう。
これ、ダメ人間の決め台詞。

○ 音楽鑑賞日記

アズ・アイ・アム アズ・アイ・アム

アーティスト:アリシア・キーズ

あ、大丈夫な人、カンペキな女(ひと)いた!
ここに。
その歌唱力、その作曲能力、その美貌、その自己プロデュース力。
天はカノジョに10ブツぐらい与えてるんじゃないかなあ。
この3枚目のアルバム、いろーんなタイプの曲が「アリシア・ミュージック」というレベルに昇華されています。
軽々しく「アール・アンド・ビー」とか呼べないような、高貴なフンイキに満ちた、ソウル・ミュージックです。これ。久々聴きましたが、シビれました。

| | コメント (0)

2008年11月 2日 (日)

いたって健康

諸般の事情により、昨日、今日と、病院と家を何度か往復する事に。
ちなみに、拙者はいたって健康なのだが。
トーゼンの事ながら、病院内は、「一目で健康そうではないとわかる方々」で溢れかえっており…。
車椅子のお方、担架みたいやつで運ばれていくお方、拙者の眼前を幾人も横切っていかれました。
健康体で病気をしていないわが身。
両親と天から授かったこの身体と命をしっかり使い切らねば、と思いました。

○ 読書日記

子どもが育つ魔法の言葉 for the Heart PHP文庫 (PHP文庫) 子どもが育つ魔法の言葉 for the Heart

著者:ドロシー・ロー・ノルト

前に読んだやつの続編。
「人と違うからつらいのではなく、違いを認めないから辛くなってしまうのです。」
「耳を傾け、身近に感じ、分かち合う。それが人を理解する事」
子どものみならず、大人も育つ魔法の言葉が満載です。
そんなん言われんでも知っとるわい!
なんて、誰が言える?
本当のことととか大切な事はいつもシンプルこのうえなく。
しかしながら、それらがいつも心の真ん中にあり、きっちり実行できている…。
なーんて人は世にそうそういないのだ。
常に「オノレの誠の足らざるを尋ぬべし」のKIMOCHIで精進したいと思ってはおるのですがね。まだまだ修行が足りず。ギャボー。

○ 音楽鑑賞日記

Switch Switch

アーティスト:immi,Shigeo,kNY

誰かに声が似ている…そう、ボニーピンクさん。
あと、少しCHARAぽさとYUKIぽさも入ってるかも。
CHARAとYUKIが生粋のテクノ・エレクトロ畑のミュージシャンであったなら、こんなカンジの音楽になるのだろうか。
でも、鼻歌で歌えるような曲が少ないのがちょびっと残念。

| | コメント (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »