« 一瞬先は闇 | トップページ | 武士道というは死ぬ事と… »

2008年10月16日 (木)

哀しい

○ 面白い漫画が読みたい

さよなら絶望先生 第1集 (1) (少年マガジンコミックス) さよなら絶望先生 第1集

著者:久米田 康治
販売元:講談社

1巻読みました。うん、これは面白かった。
ネタが細かいし、マニアックだし。
しかし、あくまでも「うん、これは面白かった」という面白レベル。
面白いっ!!実に面白いっ!!!続きが気になって夜も眠れない!!!
っていう面白さとは違うんDEATH。
その昔、少年ジャンプでドラゴンボールとかスラムダンクとか読んでた時は、まさに、そんな「夜も眠れない」状態だったのに。

自分の事ながら、その昔、熱中したモノに対する興味関心がどんどん薄れていくのは少し、哀しい。繰り返すが…哀しい事よ。
漫画しかり、サッカーしかり、大相撲しかり、F1しかり。
熱が下がらず、上昇してるものっていったら音楽と歴史モノぐらいか。
いや、でも、それがあるだけ良いではないか。

|

« 一瞬先は闇 | トップページ | 武士道というは死ぬ事と… »

本とひとりごと」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。