« どロック | トップページ | 脳内崩壊DAYS »

2008年9月 8日 (月)

龍馬を超えた男 小松帯刀

○ 読書日記

龍馬を超えた男小松帯刀 龍馬を超えた男小松帯刀

著者:原口 泉
販売元:グラフ社

今やってる「篤姫」を見るまで、「小松帯刀」という人物の事は全く知りませんでした。
その存在すら知りませんでした。

凄い人だったんですのう。
でも、坂本龍馬とか西郷隆盛みたいに知名度が大メジャー級にならなかったのは、やっぱり活動の仕方が、縁の下の力持ち、的だったからなのかな、と思いました。
でも、俺はこーゆー人が好きなんですよねえ。組織人、仕事人としてのタイプとして。
こーゆー風な誠実で「信頼できる」人が陰でしっかり組織を支えてくれているからこそ、前線部隊の方々も自由奔放に活動できる、っていう。

ゴールにつながり得る、派手じゃないけど、しっかりした軌道の、そして攻撃陣がシュートを打ちやすいパスを出せる、そんなお方なのかな、と。

幕末マイ・フェイヴァリット人物ランキングにランクインです。

|

« どロック | トップページ | 脳内崩壊DAYS »

本とひとりごと」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。