« キャンディ・ガール | トップページ | 弥勒菩薩様 »

2008年8月25日 (月)

世界の海援隊でも…

○ 読書日記

日本を洗濯する坂本龍馬言行ノート (中経の文庫 も 3-1) 日本を洗濯する坂本龍馬言行ノート (中経の文庫 も 3-1)

著者:森友 幸照
販売元:中経出版

「竜馬がゆく」読破の余熱、微熱が続いた状態で読みました。
…なんでしょうね。
「大局観」とでも言うのでしょうかね。
目先の細々とした、あーだこーだにかかずらうのではなく。
常にでっかい視野で、気持ちで、ビジョンで…ていう心の有りよう。

「世界の海援隊でもやりますか」

…龍馬語録の中で、やっぱりこのひと言が一番好きです、私は。
新政府の役職名簿に、龍馬の名前が無い事に驚いた西郷隆盛。
「役人にならず、坂本さぁはこれからどうするのです?」との問いに対する返答。

シビれますのう…。
「篤姫」といい、坂本龍馬といい、幕末はシビれる人、いっぱいいるのう。

平成の世の今の実生活で、シビれる人との出会いがないなあ。近年。
否、出会いがないのではなく、それは俺の心が曇っているせいかも。
人を「観る」眼力、心眼…それが麻痺ってるのかもしれぬわ。

○ 音楽鑑賞日記

爪爪爪/「F」 爪爪爪/「F」

アーティスト:マキシマム ザ ホルモン

相変わらず、コレ。
今、車ん中でのエンドレスリピートCD。
コレと勿論、「篤姫」のサントラ。

その2枚を聴きながら、「役割」と「誇り」と「覚悟」と「意味不明さ」について、考える日々であります。

爪爪爪!!!!!!!!!!!!!
腕に女 KISS
汚物転がして 野垂るがいい

って、言葉のイミはよくわからねえながら、明日も通勤途中の車中、私は大音量でこの歌を歌うのであります。

|

« キャンディ・ガール | トップページ | 弥勒菩薩様 »

音楽と本」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。