« 暗めのイギー | トップページ | ライオット・ガール »

2008年6月27日 (金)

ちょっとだけ

○ 読書日記

ちょっとだけ (こどものとも絵本) ちょっとだけ (こどものとも絵本)

著者:瀧村 有子
販売元:福音館書店

なっちゃんのおうちに、赤ちゃんがやってきました。
なっちゃんはおねえちゃんに、なりました。

ガマンする事。
誰かのために譲らなければならない事。

ヒトは幼いながらも、それを実践し、がまんしたぶんだけ、譲った分だけ、少しづつ成長できるもの。人間としての根が深くなっていく。
だだし。そこのガマンにも、「譲る」事に関しても、その根っこに「誰かのために」という思いを持つべきだな。
なっちゃんみたいにね。

最近、本読んでても、ZATUNEN、雑念が心に入り込み、イマイチ集中して読書に打ち込めない。
そんなときは、こーして、絵本を眺めるのだ。


|

« 暗めのイギー | トップページ | ライオット・ガール »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。