« ARABAKI | トップページ | レイジ・アゲンスト・ザ・ロッキンポ »

2008年5月 4日 (日)

ノージェネレーションぎゃぷ

今日はカラオケに行ってきた。
ひょんな事から18歳の男の子と19歳の女の子と。
俺とで。

5時間ぐらい歌ってたな。
カラオケなんて年に2、3回、しかもだいたい2時間程度しか歌わない俺にとっては別世界だ。
その女の子は10時間、11時間歌うのは当たり前だとか言ってたな。

12歳も歳の離れた若者達と交流する機会はこれまでなかったけど、その「カラオケ時間」の部分以外は会話してて、ほとんど、ジェネレーションギャップを感じなかった。
俺の感性もまだそれほど老いちゃいないって事かな!

○ 読書日記

猪木式教育論「父親の背中」の見せ方 猪木式教育論「父親の背中」の見せ方

著者:アントニオ猪木
販売元:講談社

「心の貧乏人にはなるな!」
なるほど。

でも、全体的にあまり得るものがなかった。
それよりも、今更だけど、猪木のDVDが欲しい。

あ、あとストーンズの最新ライヴアルバム聴いた。

これまでに聴いたどんな「サティスファクション」より最高なノリだった。
デビュー47年目ですか。

|

« ARABAKI | トップページ | レイジ・アゲンスト・ザ・ロッキンポ »

本とひとりごと」カテゴリの記事

コメント

ここじゃお久しぶりですね!
例の2人とカラオケですか。よかったですね。
私は前回の「勉強会」以来行ってませんけど
なんとなく自分自身がここ最近の「すべてに対するイヤイヤオーラ」に負けそうです。
今日はそんな自分に闘魂を注入すべく久々にCDを3枚ほど借りました。とりあえず職場内環境を改善させるためにちょこちょこ見繕って焼いてみたので明日、乞うご期待!!!

投稿: ゆ…でもなくま…でもなくmshk | 2008年5月 4日 (日) 03時45分

この記事へのコメントは終了しました。

« ARABAKI | トップページ | レイジ・アゲンスト・ザ・ロッキンポ »