« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月28日 (月)

ARABAKI

とゆーわけで、昨日はARABAKIロックフェス行ってきました。

サンボマスター、i-dep、ミドリ、モンゴル800、ビートクルセイダーズ、ストレイテナー、つじあやの、10-FEET、ピロウズ、チャットモンチーを見ました。
けど、一番のお目当ての銀杏BOYZ見ないで帰ってきちゃった。

雪降るんじゃねえかってぐらい寒いし、雨降ってきたし、風邪気味で体調イマイチだし、銀杏まであと2時間あるし、それ見終わったら家に着くの23時頃になりそうだし、明日仕事だし、とか考えたらテンション下がっちまいました。

○ 音楽鑑賞日記

ぶっ生き返す ぶっ生き返す

アーティスト:マキシマム ザ ホルモン

結局、ピロウズと時間が重なってて、ホルモンは見れませんでした。
でも、これ、やっぱり良いです。最高です。
かっこいいです。曲良いです。面白いです。
ロックが好きなら、バンドの音楽が好きなら、聴いたほうがいいですよ。
と言いたい感じです。
でも、ロックが好きじゃなく、バンドの音楽が好きじゃない人が聴いたら、騒音にしか聴こえないかも。

| | コメント (0)

2008年4月26日 (土)

明日天気になああああああれ

少しKAZEぎみDEATH。

vandalize vandalize

アーティスト:10-FEET

ぶっ生き返す ぶっ生き返す

アーティスト:マキシマム ザ ホルモン

明日参戦予定のロックフェスに向けて、あわてて予習してました。

マキシマム ザ ホルモン、最高じゃないですか。
この上なく最高じゃないですか。

明日天気になあれ。

| | コメント (0)

2008年4月24日 (木)

いいんだよ

いいんだよ いいんだよ

著者:水谷 修

夜回り先生ですね。
でも、俺、夜回り先生にあまり興味ありませんでした。
ただただ、書名に反応して購入。
内容は水谷先生の「詩」と言ってもいいような中身でした。

「いいんだよ」って好きな言葉なんです。
特に他者に対して、大らかな気持ちをもって投げかけてあげたい言葉ですね。

○○でもいいんだよ。
○○だっていいんだよ。
ってなかんじで。

ただし、自分自身には安易に向けたくない言葉ですけどね。
「いいんだよ」よりむしろ、○○であらねばならない、ぐらいな自分を律する気合が必要だと自分では思いますね。

他者には「いいんだよ」
オノレには「ねばならない」

肝心の本の中身はなんだか、あまり心に響きませんでした。

中島らも ROCKIN' FOREVER 中島らも ROCKIN' FOREVER

著者:中島 らも
販売元:白夜書房


こん中に「いいんだぜ」という最高に素晴しい曲が収録されています。

アントニオ猪木じゃないけど、相手のいろんな力を全て引き出し、全て引き受け、それでいて動じない器の大きな漢(おとこ)になりたいなあと。

| | コメント (0)

2008年4月21日 (月)

未知の音楽を探したい欲

休み。
なんだかすごーくまったりした休日を過ごしました。
職場の同僚の大お姉さま方(私の母親より年上)とひたすらお茶してました。

○ 音楽鑑賞日記

Limelight Blue on the Q.T. Limelight Blue on the Q.T.

アーティスト:Qomolangma Tomato

こらまた凄いバンド発見。
横浜出身だとか。
FUGAZIみたいな、ストイックなUSハードコアな音にラップというかポエトリーリーディングというか、言葉の速射砲というか、そんなんが乗っかってる感じ。
いや、乗っかってないな。言葉も音も縦横無尽。
とにかくギザかっこいいです。

More the Vacation!! More the Vacation!!

アーティスト:Sweet Vacation

「胸キュン・キラキラ・ガーリー・ハウス」なユニットの2nd。
Perfume好きなら好きになる音でしょう。
向こうはテクノでこっちはハウス。
今作にはコールドプレイとかブラーとかTMNのカバー曲が入ってました。
とにかくギザかわゆいです。

snoozer (スヌーザー) 2008年 06月号 [雑誌] snoozer (スヌーザー) 2008年 06月号 [雑誌]

俺は一体この一ヶ月で何種類の音楽雑誌を買っただろう。
ロッキング・オン、ロッキング・オン・ジャパン、スヌーザー、クッキー・シーン、ミュージック・マガジン、MUSICA、ブリッジ、マーキー、あと「プレイボーイ」でロックアルバムベスト100てゆー特集やってたんでそれも買ったし、ロッキング・オンから出たディスクガイドベスト500も買ったし、あと毎月貰いに行ってるタワレコの「バウンス」でしょ、あと同じくHMVのフリーペーパーも。

初めて音楽雑誌(ロッキング・オンでした)を買ったのが、確か20歳の頃だったかな。
今31歳。
で、未だにこんだけの「心ときめかせてくれる音楽どっかにないかなー」探求欲が自分の中に存在し続けている事。
拍手だ。拍手。我が事ながら。

| | コメント (0)

2008年4月20日 (日)

MY♡三大スター

○ DAYS

年度末年度始め業務が終わってよーやくひと段落。
って思ってたのに。
この余裕のなさは何だ。
昨日なんざ、これはナニモノかが俺を陥れようとしてる謀略か!
ってぐらい、イレギュラーな厄介ごとが俺の身に次から次へとふりかかってきたぞ。
今年一番心身ともに疲労した。
そんな気がした。
お天道様が、お前は修行が足りん!って言って、いろいろ試練を与えたもうて下さってるんだ。
そう思う事にする。
来週の事だが、これまたなんだかえらくやっかいな事を引き受けてしまった。
これも、試練じゃ。自分を磨く試練じゃ。
そう思う事にする。

○ 三大スター

BOMB (ボム) 2008年 05月号 [雑誌] BOMB (ボム) 2008年 05月号 [雑誌]

販売元:学習研究社

あー、そう言や、齢三十一にして、「訳」あって生まれて初めてアイドル雑誌なるものを購入しました。笑わば笑え。
「訳」はその表紙の通りであります。

そう、今日のミュージックフェア、Perfumeと中川翔子が出てましたね。
今の俺の心の三大スターのうちの二組が共演。
って事で、正座して見ましたが…。
その両者の絡みがなかったのがちょっと残念。

そう、Perfume、中川翔子、西郷隆盛。
今の俺の三大スターです。

○ 読書中日記

西郷隆盛の人生訓 新装版 西郷隆盛の人生訓 新装版

著者:童門 冬二
販売元:PHP研究所

ほら、やっぱりね。
自分を出し惜しみしちゃいかんのですよ。
全力でぶつかるんじゃい。
その誠実さが時に人の心も動かすんじゃい。
勉強になるな。

○ いろいろ音楽鑑賞日記

I Am I Am

アーティスト:Chrisette Michele
販売元:Def Jam

Def Jamレーベル期待の新人なんですって。
最近、ピコピコしたテクノ・ハウス系音楽ばっか聴いてたからこーゆーヴォーカルがしっかりしたやつ、すっごく馴染む。この界隈の音楽からも取り残されないように、ついていかなきゃ。

コンク コンク

アーティスト:ザ・クークス
販売元:EMIミュージック・ジャパン

平均年齢22歳。まだ2作目。にして、この風格と落ち着きようは何だ。
こんなどっしりした雰囲気のUKロックは久しぶり。
オーソドックスすぎるUKギターロックだけど、王道こそが最強、っていう天地自然の原理にかなった1作だと。

GAME GAME

アーティスト:Perfume


ま、そんな、こんなで。私的三大スターです。はい。

カップルズ カップルズ

アーティスト:ザ・ロング・ブロンズ

英国シェフィールド出身のスタイリッシュでクールなバンドの2作目。
だけど、圧倒的に前作のバンドサウンドの方が好み。
なんかピコピコした音入れだしちゃって。曲もキャッチーさが薄れちゃって。

Midnight Boom Midnight Boom

アーティスト:The Kills
販売元:Domino

2作目聴いてなかったんです。なので、久しぶりにキルズの音に触れました。
俺はようわからんが、ヒップホップ畑で有名なプロデューサーが絡んでるんですって。
確かにそんな色合いも感じられる音。だけど、キルズはキルズ。
けだるくって、ロックがちゃんとかっこよくロールしてる音はやっぱりキルズ。

そんなこんなで。

| | コメント (0)

2008年4月11日 (金)

加速!!!!!!!!

反省と学びの日々であります。

○ 読書日記

日本一メルセデス・ベンツを売る男 ザ・トップセールス吉田満の販売術 日本一メルセデス・ベンツを売る男 ザ・トップセールス吉田満の販売術

営業活動の使えるテクニックとかここから見出せないかなあ。
って思って読んだ。
けど、そーゆー面では全く参考にならず。
でも、ベンツを売るのも、1冊410円のコミック本を売るのも、お客に対する姿勢とか心構えとか誠意とかそーいった部分は全く同じなのだ。
っていう当たり前の事を再認識できたのは収穫。
「こいつは俺のためを思って言ってくれてるんだな。
とお客さまが思ってくださる。そこからすべてが始まります。」
こりゃ金言だ。

○ 音楽鑑賞日記

アクセラレイト アクセラレイト

アーティスト:R.E.M.

R.E.M.キターーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!

…取り乱してしまいました。
でも、取り乱しますよこれ聴いたら。
こんなR.E.M.をZUUUUUUUUTO待ってました。
「ドキュメント」とか「モンスター」の頃のギターロック路線に回帰…
とか言われてるようだけど、それ以上のロックン・ロールぷり。
最強に最高な最新のR.E.M.がここにいます。

| | コメント (0)

2008年4月10日 (木)

エイプリル・スカイズ

新しい年度のはじまりは、ギザ忙しい。

その忙しさに我が心まで流されていはいかん。
心の川は春の小川のようにいつも、サラサラ、キラキラ清流の流れのようでいたい。
っていうのが理想だお。
意味なく無理やりしょこたん語。

○ 音楽鑑賞日記

ダークランズ ダークランズ

アーティスト:ジーザス&メリー・チェイン

若干地味なポジションのジザメリの2枚目。
このアルバムに入ってる、「APRIL SKIES」という曲が大好きでして。
4月になると聴きたくなる。
今日も、この曲だけ、3回聴きました。
あと、「HAPPY WHEN IT RAINS」も同じぐらい好き。
とにかく、派手さはないけど、純粋に「いい曲」がいっぱい入ってる作品ですよね。
ほんとは、久しぶりに1ST「サイコ・キャンディ」聴こうと思ったのに、見つからなかった。
いい加減、CDをきっちり分類しないとまずいか。
失くしたCDいっぱいあるよ。
しかも自分の部屋の中で。
エルヴィス・コステロの1STはどこいった?

| | コメント (2)

2008年4月 7日 (月)

敬天愛人

話し言葉で読める「西郷南洲翁遺訓」 無事は有事のごとく、有事は無事のごとく (PHP文庫) 話し言葉で読める「西郷南洲翁遺訓」 無事は有事のごとく、有事は無事のごとく (PHP文庫)

著者:長尾 剛

シビれるなあ。
座右の書にしたいですよ。
ますます西郷隆盛の事を知りたくなった。
歴史人物に限らず、俺がシビれる人ってやっぱり共通してる。

強きをくじいて弱きを助く、という気概に満ちている人。
慈愛の心に満ちている人。
オノレにとてつもなく厳しい人。
黙ってやる人。
心が宇宙よりも広い人。
自分のことより、自分を含む組織や他者に対し心配りができる人。
そして、その行いの根底に、一切の私利私欲の匂いが感じられない人。

○ 音楽鑑賞日記

+1 (DVD付) +1 (DVD付)

アーティスト:木村カエラ

まだ2回しか聴いてない。
けど、俺内年間ベスト10入りほぼ確実。
そんぐらい良い。

Antinomy Antinomy

アーティスト:BRAHMAN

まだ5回しか聴いてない。
けど、俺内年間ベスト10入りほぼほぼ確実。
そんぐらいシビれます。


| | コメント (0)

2008年4月 4日 (金)

四十九年一睡の夢

In the City In the City

アーティスト:The Jam

JAMの全作中、なんだかんだで、このアルバム、一番好き。かも。
「IN THE CITY」のイントロが大好き。

週刊新説戦乱の日本史 2008年4月1日号 週刊新説戦乱の日本史 2008年4月1日号

そんなこんなで、例によって、俺は、上杉謙信かっこいいーー!!
って叫びながら、今の俺が貫くべき「義」とは?いったい何なのか。
といったカタい事を日夜考えては、ムムム無無無…と唸ってばかりいる日々なのであります。

| | コメント (0)

2008年4月 2日 (水)

4月バカ。

UNTRUE UNTRUE

アーティスト:ブリアル

「ダブステップ」っていうんですって。
こーゆーの。
なんか、すごおく暗めエレクトロニカって感じ。
ダークトロニカ。

高木正勝/エアーズ・ノート(CD) 高木正勝/エアーズ・ノート

崇高さすら感じられるエレクトロニカ。
この世の一切の不純物が混じっていない…とすら感じられる音だと思いますよ。これ。

mass of the fermenting dregs mass of the fermenting dregs

神戸出身の3人組女子バンド。(最近一人脱退したとか)
これがデビューミニアルバム。
なんと、2曲をデイヴ・フリッドマンがプロデュースしてる。
「変拍子多用、ちょっとプログレ的展開を見せ、それでいてガレージ度を増したチャットモンチー」っていう印象(笑)

以上。本日の音楽鑑賞日記。

| | コメント (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »