« 我に七難八苦を与えたまえ | トップページ | 再び謙虚と感謝 »

2008年3月21日 (金)

山中鹿之介マインド

さーて。明日は忙しいのう。
すごおく、やることたくさん。

憂きことの なおこの上につもれかし
かぎりある身の力ためさん

戦国時代、尼子家の武将・山中鹿之介が詠んだ歌。
何で、そんな歌詠んだの?同僚の武将に聞かれて、

「人間、いろんなことに出合ってみないと、自分の力がわからない。
だから、いろんな困難に直面して自分の力をためしてみたい。」
って、山中鹿之介は言ってたんだって。
その心意気たるや、大したものよのう。
自分を励ますための歌なんだろう。

それを見習って、俺も、最近しんどい時、あの歌を心の中で詠んでます。

○ 音楽鑑賞日記

L.A.M.F.: The Lost '77 Mixes L.A.M.F.: The Lost '77 Mixes

アーティスト:Johnny Thunders & the Heartbreakers


このアルバム、久しぶりに聴きました。
ジョニー・サンダース。

「ロックンロール・パンク」というジャンルがあったら、そのジャンルの最高峰…
って、以前、なんかの音楽誌で、このアルバムのレビューを読んだ事がある。
それに付け加える事は何もないですね。
かっこいい事この上なし、です。

|

« 我に七難八苦を与えたまえ | トップページ | 再び謙虚と感謝 »

音楽とひとりごと」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。