« 2007年10月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月31日 (木)

アキレス・ラスト・スタンド・バイ・ミー

○ 読書日記

「やさしい」って、どういうこと? 「やさしい」って、どういうこと?

著者:アルボムッレ・スマナサーラ
販売元:宝島社

ただ、その書名に惹かれて購入。
俺が、いつも、毎日考えてることだから。

何でも、著者の方はスリランカのお方で、仏教学会ではえらく有名なお方だとか。

肝心の本の中身の方は…。
なんだか、わかったような、わからんような…。
そんな内容。

「やさしくあること」とは、自然のままでいる事。
無でいる状態。まっさらな心でいる状態。
エゴを捨てること、自我から離れる事…とかなんとか。
そんなイミの事が書かれていました。

わからんでもないが。
でも、「無」の心から放たれる「やさしさ」。
それって、なんだか、とっても無機質なものになっちゃうんじゃないかな。
って思いました。
100人の人がいれば、100のやさしさがある。
俺は、そう思うが。
ぬくもり感というか、その人固有の温度感というか。
人の事だけじゃなく、花、蝶、月、風…。
要は万物、森羅万象全てに心を配る、慮る、その対象の身になって考えてあげる。

弱ってる人がいたら、「だいじょうぶ?」って声をかけたげる。
鉢植えのお花がしぼんでいたら、「たーんと召し上がれ!」ってお水をあげる。
部屋ん中に迷い込んできた蝶やトンボは逃がしてあげる。
…みたいにね。

「全てにだいじょうぶ?」
そーゆ気持ち。
それが、俺が思うこの書名の今の自分の答えだな。

○ 思ひ出アルバム

プレゼンス プレゼンス

アーティスト:レッド・ツェッペリン

ジミー・ペイジ氏が来日してるらしいですな。
なんか、記者会見で沢尻エリカさんに関する質問に答えてた。

これは、私が一番か二番か三番目に好きなゼッペリンの作品。

そんなこんなで、唐突に、もしも願いが叶うならシリーズ。
全国の中学校・高校のお昼の校内放送で「アキレス最後の戦い」をフルで流してほしい。

| | コメント (0)

2008年1月29日 (火)

○HKウオッチャー

休み。

すごおく疲れてたので、家でじっとしてました。

ここ1週間ぐらいで録り溜めてたやつをいろいろ見る。

先週の「あいのり」
男同士の涙はむさ苦しいけど、美しかった。軽くもらい泣きした。

先週の大河「篤姫」
誇りとは…その人が生きるうえで、よりどころとしている断固たる心構えのようなもの…。
篤姫の母上の「幸」さまはいつもいいこと言うなあ。

先週のNHK「一期一会」
自分の存在意義に悩む東大生が登場。
なんかブルーハーツとベニーKに感動してたな。
若人よ、もっといろんな世界に触れなさい!!
存在意義。俺?
我想う、ゆえに、我あり。
そんぐらいしか考えてないな。

NHK「トップランナー」
これ再放送。なんか、NHKばっか見てるな、俺。
ゲストはチャットモンチー。
やっぱし、一途なキモチとか想いとか、気合。これだね。
それは、岩をも砕くし、多くの人の心にも突き刺さるし。
想いの強さ。ココロザシの強さだ。

先週のCS「中川翔子の夢ヶ丘レジデンス」
ゲストはcapsuleの中田ヤスタカ氏!!
これは近い将来、両者のコラボが実現しそう。
ふたりとも、発想の自由度がトテツモナク高い表現者なんだ。
って思いました。

以上、引きこもり、テレビ鑑賞日記でした。

○ 音楽鑑賞日記

TWINS DISCO TWINS DISCO

アーティスト:DISCO TWINS,吉川晃司,セイジ,KAORI,宇多丸,オオヤユウスケ


テクノです。
DJ TASAKAとKAGAMIによるDISCO TWINS。
吉川晃司さんをフューチャリングした1曲目がとにかく、最高。
アガります。




| | コメント (0)

2008年1月28日 (月)

大相撲少年

仕事帰りにカラオケ行ってきました。

私は、銀杏BOYZ、ブルーハーツ、沢田研二、河島英五、ゴダイゴ、聖闘士星矢のテーマ曲、小公女セーラのエンディング曲、などを歌いました。

率直な感想ですが、音楽聴くより、歌う方がハッサンできますね。発散。

閑話休題。
白鵬勝ちましたね。
今日のムスビの一番。
さっきニュースで見ましたが。
素っばらしい相撲でした。
でも、今のふたりの状態。
今日の勝負の内容を見る限りでは…
白鵬がカクジツに1レベルないし2レベル、朝青龍を上回ってるの感じました。

最近、私もめっきり大相撲から離れてしまいましたが。
小3、つまり10歳から25歳ぐらいまで、大相撲は一場所も見逃すことなく、ずっと、毎場所見てました。
中、高、大学時代、そして社会人になってからも、オンタイムで見られない時は、ビデオ予約録画して毎日見てました。ほんと、毎日。
特に自分が気に入った一番なんかは、ビデオに保存したりして。
自分で編集した「ベスト・オブ・大相撲」というビデオ。
10本分ぐらいあるかも。

時とともに、自分の趣味嗜好も変わるもの。

プロレスから離れ、F1から離れ、大相撲から離れ…。

そして、ここ十数年夢中になり続けているロックミュージックからも離れる…。
そんな日が来るのだろうか。

エヴリシング・マスト・ゴー エヴリシング・マスト・ゴー

マニック・ストリート・プリーチャーズ

とかなんとか、考えてたら、ふと頭の中で再生されたのは、このアルバムの表題曲…。

すべては過ぎ去っていくもの…。

なのかな。

| | コメント (2)

2008年1月27日 (日)

せいめいのれきしの最新地点

○ DAYS

ご高齢の、かつお得意サマのお客サマからクレームの電話が。

10分とちょっとおハナシを聞かせていただきました。
が、うち、7分ぐらいは、同じ事を繰り返し訴えておられました。
「あなたにこんな事お話しても、しょーがないけど」
って言わましたが。
…確かに、しょーがない内容でした。

なんといいますか。
誰しも、「わかってもらいたい」んですよね。
ええ、俺だって、自分のキモチをわかってほしいですよ。

でも、みんながみんな…
わかって!!わかって!!ボクを、ワタシをわかって!!
もっと理解して!!
じゃあ、ダメなんですよねえ。
人と人とのカンケイにおいて。
世の中において。

一方通行な「わかってほしい」願望だけじゃなく。
こちら側の「わかってあげる」「理解しようとする」
そーゆーキモチ。
それが、大事、ですよ。
ね。

○ 読書日記

せいめいのれきし―地球上にせいめいがうまれたときからいままでのおはなし せいめいのれきし―地球上にせいめいがうまれたときからいままでのおはなし

著者:バージニア・リー・バートン,いしい ももこ
販売元:岩波書店


地球の歴史は30億年とかよんじゅうおくねんとか。
「悠久」とか「壮大」とか「ネバーエンディング」とか「エバーラスティング」とか。
そーゆーフレーズが思い浮かびます。
でも、今のこの瞬間。
この自分の生も、その「せいめいのれきし」の末端。
最新地点。

なので、だいじにだいじに、せいいっぱい、おもいっきり、生きなきゃ。
ギザ貪欲!!に生きなきゃ。
と、少しだけ、そんな事を考えまんた。

○ 音楽鑑賞日記

フル・サークル フル・サークル

アーティスト:ロジャー・ニコルズ&ザ・スモール・サークル・オブ・フレンズ

嗚呼、これは夢かマボロシか…。

40年ぶりのセカンドアルバム。
愁いを帯びた、木漏れ日ミュージック。

素晴しすぎです。

| | コメント (0)

2008年1月26日 (土)

レイジ・アゲンスト・ザ・もろもろ

○ 読書日記

ネットカフェ難民と貧困ニッポン (日テレノンフィクション 1) Book

ネットカフェ難民と貧困ニッポン

著者:水島 宏明
販売元:日本テレビ放送網

最近、「ワーキングプア」という単語に象徴される雇用・労働問題を題材にした本をちょこちょこ読んでいる。

俺は比較的、そうあくまでも比較的、裕福な家庭に生まれ育った。
が、自分が所属している「家」から自分を切り離して冷静に、今の自分が置かれている状況を判断すると、正直、今の俺も広義の「貧困層」に分類される収入しか得ていない。

どーせいーんだ、俺はこんな感じで。このまんまで。
…なんて考えは全くない。
現況をなんとかしたい、というキモチがある。とっても。

その現況と格闘してくには、自分が置かれているモロモロの環境について、もっといろいろと知らなきゃいかん。
無知では駄目なのだ。
知識は時に武器にもなるし、オノレのエネルギーにもなると思う。
ので。

○ 音楽鑑賞日記

Do the Vacation!! Do the Vacation!!

アーティスト:Sweet Vacation

某大型レコード店に行った際、「Perfume好きは必聴!」という殺し文句につられて、購入した一枚。
これ、かなり良いです。
キュートなテクノ、というかハウス・みゅーじっく。
シンディ・ローパーの「グッド・イナフ(グーニーズのテーマ)」、マドンナの「マテリアル・ガール」のカバーがなかなかどうして悪くない。
あと、BOOWYの「ホンキートンキークレイジー」のカバーも入ってた。

THE FIRE THE FIRE

アーティスト:STAN
販売元:Columbia Music Entertainment,inc.( C)(M)
発売日:2007/12/05
Amazon.co.jpで詳細を確認する

レッド・ツェッペリンみたいな荒れ狂うグルーヴ。
生きることとか社会の矛盾とか闇とかをグサリと突く歌詞。
STANです。
ここ1、2年デビューのバンドで、私が最もロック純度が高い!!って思ってる日本のロックバンドです。

| | コメント (0)

2008年1月22日 (火)

威風堂々

○ DAYS

最近…

本をたくさん読んでいる。
DS版FF3を毎日30分やっている。
腹が立つことがこの上なく多い。
大河「篤姫」がおもしろい。
お笑いコンビ、サンドウイッチマンがおもしろい。
CDをむやみやたらに聴くのをやめた。
スイミン不足DAYS。
再び部屋が廃墟化してきた。
部屋に花を飾った。

こんな感じでしょうか。

○ 音楽鑑賞日記

【送料無料選択可!】チェイス・ディス・ライト / ジミー・イート・ワールド

チェイス・ディス・ライト

ジミー・イート・ワールド

言わずと知れた元祖「エモ」バンド。
去年11月リリースの3年ぶりのアルバム。

彼らが鳴らすあまりに清々しく誠実なサウンドとメロディ。
汚れつちまった俺なんかが聴くと、なんか涙出てくるわ。

もう「エモ」とか、そんなん関係ないですよ。
堂々たるアメリカン・ロックの良心です。

| | コメント (4)

2008年1月20日 (日)

迷わず行けよ

○ 読書日記

猪木語録 元気ですか!一日一叫び! 猪木語録 元気ですか!一日一叫び!

著者:アントニオ 猪木

花が咲こうと 咲くまいと 生きていることが 花なんだ

…むちゃくちゃ心揺さぶられた一言。

俺も、貴女も、貴方も、みんな。
それぞれ、花ですよ。
そう思います。

○ 音楽鑑賞日記

ウルトラ・オレンジ&エマニュエル ウルトラ・オレンジ&エマニュエル

ウルトラ・オレンジ&エマニュエル

フランスのロックバンド・ウルトラオレンジが、仏人気女優のエマニュエルさんをフューチャリングして作った一枚。
いかにもヴェルヴェット・アンダーグラウンドに影響受けてます、ってなフンイキのサウンド。

でも、すごく良いです。特にヴォーカルの気だるくも官能的な感じが。

晴れた日曜日の午前中。
部屋の窓から差し込む陽光を感じながら、このアルバムを聴く…。
なんか、全ての力が抜けそう。心地良い脱力感に包まれそう。

| | コメント (0)

2008年1月19日 (土)

桜の心

Baby cruising Love / マカロニ Baby cruising Love / マカロニ

アーティスト:Perfume

今日のMステを見て、びっくり。
Mステシングルチャート3位!!!
…でも、何故か手放しで喜べない。
売れる前から追っかけてたミュージシャン。
どーしても情がわくじゃないですか。

嗚呼、遠くへ行っちゃうよ…。
的な寂寥感ね。

なんか、たまに「パフューム好き」とか言うと、
「アレのどこがカワイイの?」ってイミの事をよく言われるけどさ。
俺の中ではね、パフュームはミュージシャンなの。
ビジュアル等々のアイドル性に目がくらんでCD買ったりしてるわけじゃないのに。
まず、音楽ありきなんですよ。
彼女らの音楽が大好きなんですよ。

そんなこんなで、Perfumeのニューシングル。
うーーーん…。
もうちょっとアップテンポな、突き抜けた曲が1曲欲しかった。

○ 読書日記

百歳からあなたへ 百歳からあなたへ

著者:松原 泰道
販売元:海竜社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

これです。
書名の通り、百歳になった松原氏の珠玉の70の言葉が収録されています。
住職をされていたお方です。

本の中で、私がとっても感動した句がありました。

あれを見よ 深山の桜咲きにけり まごころつくせ 人知らずとも

ほとんど人が踏み入れる事もない山の奥深い所に咲き誇っている綺麗な綺麗な桜の木。
そう、その桜は人が見てるから綺麗に咲くとか、咲かないとか。
そーゆーわけではないんですね。
オシャレして綺麗に見せかけようとしてるわけじゃないんです。
人知れず、深山でただただ咲いているんです。誰も見てなくとも。

ね、人間も、この深山の桜のような心構えが大事ですよ。

誰かに褒められたいから、評価されたいから、とか。
人が見てるから、見てないから。
じゃなくて。
やっぱり、俺は俺でいたいですし。
一生懸命、やらなきゃいかん事にまい進するのみですね。




| | コメント (0)

2008年1月18日 (金)

地元・愛

国会議員村長―私、山古志から来た長島です 国会議員村長―私、山古志から来た長島です

著者:長島 忠美,石川 拓治
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

読了。

中越大地震。その日から、疾風怒濤の1000日間。

将たる者、かくあるべし。漢(おとこ)たる者、かくあるべし。
って思いました。

ふる里を愛する気持ち、村民を愛する気持ち、
村民、職員、ひとりひとりの心を思いやる気持ち。

長島氏の無限大の愛情と責任感に、泣かせていただきました。

| | コメント (0)

2008年1月14日 (月)

ほほえみは光る風の中

○ 久しぶりの…絵本日記

やっぱりおおかみ やっぱりおおかみ

著者:ささき まき
販売元:福音館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

世界にいっぴきだけ生き残っていた、というおおかみのお話。

「なかまが ほしいな」「おれに にたこは いないかな」

…と、なかまをさがして、街々をさまようおおかみ。

ブタの街、ヤギの街、羊の街、うさぎの街…。

行く先々の街で、煙たがられ、恐れられ、蔑まれ。
そして…。

「おれに にたこは いないんだ」

…と、さまよった果てにたどり着いた墓地で独り、そうつぶやく。

「やっぱり おれは おおかみだもんな
おおかみとして いきるしかないよ」
最後は、そう悟るオオカミ。

どーせ俺はオオカミだし、という投げやりモードとは全く違う。
また例えとして、引用するけど。
オアシスの「スーパーソニック」的な「我起立一個人」スピリット。

「孤独に生きる」のではなく、「孤独を生きる」。
そんなおおかみくんの、力強い意志に、胸が熱くなります。

○ これまた久しぶりの音楽鑑賞日記

しょこたん☆かばー×2~アニソンに愛を込めて!!~(DVD付) しょこたん☆かばー×2~アニソンに愛を込めて!!

アーティスト:中川翔子

…むむムム無無無…。
こいつは、やられた。

その昔、映画「ガンダムF91」のテーマ曲だった、
「ETERNAL WIND~ほほえみは光る風の中~」
森口博子さんの曲。

その曲のカバーが入ってた。

懐かしさとかセンチメンタルさとかメランコリアとか。
そーゆー、ないまぜになった黄昏感覚がTUNAMIのように襲ってきた。
そして何よりも響いたのが、この曲における中川翔子さんの歌声。

光る風の中 ほほえんでる あなたがいる
「Pray Don’t Break A Peace Forever」
そのまぶしさを見つめてる

まいった。
しばらくその黄昏の場所から、戻って来られそうもない。

| | コメント (0)

2008年1月11日 (金)

愛 愛 愛

○ 私的読書日記

失われた愛を求めて―吉井和哉自伝 失われた愛を求めて―吉井和哉自伝

著者:吉井 和哉
販売元:ロッキング オン

読了。

ロックスターも、人間なんだ。

稚拙でありきたりな表現ですが…それが正直な感想です。
イエローモンキーの音楽にも、吉井和哉さんの音楽にも、「人間くささ」みたいな感覚をずっと感じてました。

そーゆーのが全部つながりました。
私の頭ん中で。


| | コメント (0)

2008年1月 2日 (水)

俺内ミュージックアワード2007

新年あけましておめでとうございます!!!

実に実に、お久しぶりの記事になってしまいました。

最後の更新は10月下旬ぐらいでしたっけ。

まあ、それはさて置いて、去年も発表した俺内ベストアルバム2007!!

以下、順不同です。聴いた回数とか、それを最初に聴いた時のインパクトとか、超個人的な好みとか、そーいうのが選考の基準になってます。

Heavy Starry Heavenly Scratch ビコーズ・オブ・ユー(期間限定特別価格)

METROPOLIS(DVD付) Hats off to the Buskersソー・ディス・イズ・グレイト・ブリテン?(期間限定スペシャル・プライス盤)
The Piano It's Me (通常盤) ソレイユ ビヨンド
生命力

Tommy heavenly6:Heavy Starry Heavenly
木村カエラ:Scrach
ne-yo :Because of you
noodles:METROPOLIS
The View:Hats off to the Buskers
Holloways:So This Is Great Britain?
SUEMITSU & THE SUEMITH:The Piano It's Me
中納良恵:ソレイユ
Dinosaur Jr.:Beyond
チャットモンチー:生命力

以上!!

そして、惜しくもベスト10入りを逃した作品さん達↓
Flora センド・アウェイ・ザ・タイガーズ インフィニティ・オン・ハイ-星月夜 デラックス・エディション(初回限定盤)(DVD付) ウィル・リヴ・アンド・ダイ・イン・ジーズ・タウンズ
BEAM アズ・アイ・アム ツァイトガイスト サムワン・トゥー・ドライヴ・ユー・ホーム

アートスクール。マニックス。フォール・アウト・ボーイ。
ジ・エネミー。MEG。アリシア・キーズ。スマッシング・パンプキンズ。
ロング・ブロンズ。

以上!!

今年はどんな音楽に出会えるのでしょうか。楽しみ。

| | コメント (4)

« 2007年10月 | トップページ | 2008年2月 »