« ミスター・HONDA | トップページ | やりたいことをやれ!!! »

2007年10月15日 (月)

廃墟の街

休み。

嫁にいった妹がウチに帰ってくる度、俺の部屋に入るなり言われるのよ。
いつも。

普段、この部屋でどーやって寝てるの?

って。

今日は、そんな、廃墟の部屋を大そうじしました。
ハード・ファイの新譜とかベイビー・シャンブルズの新譜とか聴きながら。
優雅に。

でも、まだ掃除進捗率65%ぐらい。
あの部屋が100%綺麗になるなんてありえるんだろーか。

○ 読書日記

いつまでも、いつまでもお元気で―特攻隊員たちが遺した最後の言葉 いつまでも、いつまでもお元気で―特攻隊員たちが遺した最後の言葉

販売元:草思社

読了。
「永久に語り継がれるべき感動の記録」ってあったけど。
少なくとも「感動」はできんかった。
18歳の隊員が祖父・祖母に宛てた遺書中の

何時マデモ 何時マデモ 元気デ 永生キシテ下サイ

なんてゆー箇所。

胸が詰まるというか。
苦しくなるというか。

多くの方の遺書の中に出てくる「大儀のため」というフレーズ…。
「大儀」って一体…。

|

« ミスター・HONDA | トップページ | やりたいことをやれ!!! »

本とひとりごと」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。