« はげしい雨がふる | トップページ | 動かざる事山の如し »

2007年7月 4日 (水)

それがきっとしあわせ

休み。
が、仕事に出る。
やれやれだ。

○ 読んでる本日記

吉田松陰一日一言―魂を鼓舞する感奮語録 吉田松陰一日一言―魂を鼓舞する感奮語録

販売元:致知出版社

幕末の長州藩士。松下村塾の3代目主宰者の松蔭先生語録本。

鞠躬力を尽くし 死して後 已む

(志を立てて始めた事は、全身全霊をつくして行い、やめるのは死んだあとだけである。)

…強い。
少しでも、見習いたい。

ふしぎ遊戯―完全版 (2) ふしぎ遊戯

著者:渡瀬 悠宇
販売元:小学館

例の奈々子さん(仮名)から借りて読んでました。
うーん、「封神演義」の少女コミック版的なオモムキ。
ってテキトーに言ってるけど。
でもそーゆー印象。
数ページに1回の頻度でキスシーンがあって、
何かこう、背中がむず痒くなる感じがします。
でも、面白いです。
が、30の男が読むタイプのマンガとはちと、違うかも。

○ 聴いた音楽

CONNETTA CONNETTA

アーティスト:鈴木亜美

バッファロー・ドーター、キリンジ、つじあやの、カジヒデキ、大塚愛、スクービー・ドゥー等々。いろんなミュージシャンとコラボって創ったという作品。
とゆーので、どんなもんやろう、と思って聴いてみました。

キリンジとのコラボ曲「それもきっとしあわせ」がすごく良かった。

歌いたい歌がある 私には描きたい明日がある
そのためになら そのためになら
不幸になってもかまわない

…嗚呼。聴いてて、何だか無性に泣けてきました。切ないな。

Don't Make Me Wait(Import) Don't Make Me Wait(Import)

アーティスト:Locksley

試聴後、ひと耳惚れして購入。が、家帰って聴いてみたら、なんかイマイチ。
ニューヨークのバンド。何でも、むこうでは、「21世紀のビートルズ」とかいう賛辞を浴びてるとか。
確かに、初期のビートルズにそっくりなガレージ・ロック。

|

« はげしい雨がふる | トップページ | 動かざる事山の如し »

音楽と本」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。