« 武士の情け | トップページ | 黄昏戦士 »

2007年7月 1日 (日)

俺の道

○ 見た

A.I. A.I.

ラストのハッピーエンディング・シーンは不要なのかも。
でも、やっぱり、俺は泣かされました。
人間になりたいと願い続けた主人公のロボットの男の子。
愛を求め続けるその姿は人間より人間らしい。
そう俺の目には映った。

○ 読んだ

本屋の森のあかり 1 (1) 本屋の森のあかり 1 (1)

著者:磯谷 友紀

同僚の女子から半ば強引に、「面白いから読んでみて下さいっ!」
と、渡されたので、読んでみた。
うん、本屋やってる人間ならいろいろふーん、って共感できる部分があるかも。

うちの本屋と、この物語の舞台の本屋の決定的な違い。
それは、従業員のテンション。
自分も含め、仕事が単なる「作業」と化してる感じ。
情熱が足りない。
この物語の書店員たちはみんな輝いている。
それは、マンガだからとかゆーハナシではなく。
やっぱりテンション(=やる気)のモンダイだと思う。

○ 聴いた

Essence of life Essence of life

アーティスト:SOTTE BOSSE

なんか、もう、今の世界から遠く遠く離れて、ただただ、この音楽だけ聴ききながら過ごしたい。そんな事を考えました。そんな気分にさせられました。

○ DAYS

本日休み。家でくつろぎ中の俺に2度3度と、助けてー、という電話が。仕事のね。

どーして、俺は行ってしまうのか。助けてしまうのか。

切り捨てる方が、見捨てるほうがホントは会社のためになるのに。

でも、やっぱり会社とか組織とか、そーゆーのの前に、目の前の仲間を助けないわけにはいかんのだ。助けたいのだ。
それがほんとの自分なんだろう。

|

« 武士の情け | トップページ | 黄昏戦士 »

ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。