« 黄昏戦士 | トップページ | それがきっとしあわせ »

2007年7月 3日 (火)

はげしい雨がふる

今が至福のとき。
なぜって明日、お休みだからっ!

○ 読んでる本

新選組血風録 新選組血風録

著者:司馬 遼太郎

隊員それぞれが主役形式の短編集。
やっぱりね、何かをとことん極めるには、何かを棄てなきゃいかんのだね。

武士であるには、時には血も涙も情けも愛も棄てなきゃいけないんだね。
哀しいけど、それが武士の生きる道なんだね。

○ DAYS

やらなきゃいかん事がありすぎ。
明日も休日出勤しなきゃいかんか。
でも、それは幸せなことなのかな。
誰かに、必要とされている事。
ノルマを課せられている事。
そりゃあ、つまり、俺が今いる場所に、
いてもいいよ、っていう証だもんね。

誰からもなーんも、求めれない状況。
それって、いなくてもいーよって、言われてるみたいな感じ。
そーゆー状況。再び経験したくないし。

とにかく、寡黙にがんばろう。


|

« 黄昏戦士 | トップページ | それがきっとしあわせ »

本とひとりごと」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。