« クリエイション | トップページ | 自称めぞん一刻世代 »

2007年5月12日 (土)

ふたりのイエスタデイ

今日は外回りから店に帰ってきたのが、午後7時。
なので、児童書コーナーの手入れができず。

昨日に引き続き、さらに児童書が入荷しとった。
勝負は終日店にいる明日かな。
明日中に売り場創りを完成させたいけど。

店に戻ったとたん、同僚の女子から「○○さん、疲れてますね」
って言われたけど。
疲れてないっすよ。僕ぁ。
ヤになってるだけ。
いろんなことが。

♪ 聴いた音楽日記

ビヨンド ビヨンド

ダイナソーJr.

ダイナソーJr、聴く。
「ロックミュージックは悩みを解決してはくれない。悩んだまま躍らせるだけ」
って言ってたのは、THE WHOのピート・タウンゼントだったっけ。
この再結成ダイナソーの新作、まさにそんな感じ。
自分の中のドン詰まり感を打破してくれるわけじゃあない。
でも、ドン詰まったまま、突っ走らせてくれる。
みたいな気分になれる。

ふたりのイエスタディ +9 ふたりのイエスタディ

ストロベリー・スウィッチブレイド

なんか、フイに聴きたくなりまして。
久っさしぶりに聴きました。
英・グラスゴー出身の女子2人組。85年作。
平たく言っちまうと、80年代風エレポップとゆーカンジでしょうか。
なにげにアコースティックかつサイケな色合いも感じられますが。

1曲目の表題曲のイントロ聴いた瞬間、軽いめまいを覚えて意識を失いかけました。
ちなみに、私はこの曲が死ぬほど好きで、前のケータイの着メロにしてました。
めまいがするほど甘酸っぱく。
めまいがするほどかわいらしく。
胸キュン(死語?)とはまさに、この曲を聴いた時のこのカンジの事を言うのでしょう。
久しぶりにアルバム通して聴いたけど、1曲目しか印象に残りませんでした。
あれれれ。


|

« クリエイション | トップページ | 自称めぞん一刻世代 »

音楽とひとりごと」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ふたりのイエスタデイ:

« クリエイション | トップページ | 自称めぞん一刻世代 »