« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月30日 (月)

幸せよこんにちは

昨日、従姉妹の結婚式に出席。
まったく…。泣かせんじゃねーよ。
っていう式だった。
こーゆーふうに流す涙はいい。
涙くんも幸せだよね。

俺より7コ下の従姉妹。
披露宴のクライマックス、両親への手紙。
ガキだったあいつが…。よくも、まあ…。
こんなに立派な言葉を…。
ってぐらい素晴しかったな。
みんな知らぬまに大人になってるんだね。

これで、我が家系、宗家の長男(俺です。俺。)のみが独身者として残っちまった。
結婚がなんじゃい、とか思ってたけど。
サスガに今回はいろいろ考えた。
むむむムムム無無無無mmm…。

やれやれだ。

♪音楽観賞日記♪
コステロ・ミュージック フェイヴァリット・ワースト・ナイトメアー Sundet  

DithyrambosSuper Departure ビヨンド

フラテリス、アークティック~、GUTHER、
meg、i-dep、ダイナソーJr.…。
最近のローテーションアルバム。
こーして、宗家の長男は、いろんな音に溺れながら、あーでもない、こーでもない、と悩みつつ、今日を生きている。
という次第であります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月26日 (木)

働く漢

世間でいうところのゴールデンウィーク。
1日も休めない。
ふえーん。

なーんて、泣き言いってちゃだめなのか。
黙って働け、俺。

あー、休みたいと思っちまう自分はまだまだ修行が足りないのだろうか。

♪音楽映画鑑賞日記♪

「ビバ ジョー・ストラマー」プレミアム・エディション 「ビバ ジョー・ストラマー」プレミアム・エディション

パンク・イズ・アティテュード。ノット・スタイル。

ジョー・ストラマーは、たまには仕事休みたーい、なーんて、言わないだろーな。

うん、黙ってがんばる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月24日 (火)

血の味

食べるもの全て血の味。
だった1日。

今日は20年ぶりぐらいの抜歯DAY。
医療技術の進歩か、センセイのウデか。
知らぬ間に終わってました。

健康がICHIBAN。
そう、痛感した1日でした。

♪音楽鑑賞日記♪

テイク・トゥ・ザ・スカイズ(DVD付) テイク・トゥ・ザ・スカイズ

エンター・シカリ

そんなこんなで、今日は横になって音楽ばっかし聴いてた。
痛い痛い、血が止まらない。
エンター・シカリ。なんでもチマタで話題らしいですね。
レイヴ・メタルだかトランス・メタルだか。

ほえー、確かに今までに聴いた事ない音楽やね。
新鮮味は感じたものの、イマイチ盛り上がれませんでした。

あーあ。
今年、ゆっくりお花見してない。
桜が散ってるよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月23日 (月)

ねこざくら

今日はひたすら返品作業に終始した1日。
書店にある雑誌・書籍は一部のものを除いて、出版社に返せる仕組みになっています。
売れなかったものとか売りたくないものとか。

返品本のヤマの中から発見して、思わず見入ってしまった1冊。
返品せず、自分で買おうと思ってキープ。

さくらねこ―猫と桜の物語 さくらねこ―猫と桜の物語

著者:相沢 秀仁,相沢 京子
販売元:二見書房

可愛いーー。
猫と桜のコラボ写真集。

♪音楽鑑賞日記♪

L.D.K Lounge Designers Killer L.D.K Lounge Designers Killer

capsule

可愛いーー。
ヤな事いっぱいの現実世界を一瞬忘れさせてくれます。

あーヤダヤダ。
明日は歯医者行き。
しかも親知らず抜きコース。
これも修行だと思って耐えよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月22日 (日)

桜のダンス

どーも体調不良な日々。まいった。

お外では桜が咲き狂っている。

土手沿いの桜並木。
だーれも知らない秘密のお花見スポット。
そこにいるのは俺と長谷川京子さん似の彼女のふたりだけ。
桜柄、うす桃色のお気に入りの湯のみ茶碗。
桜の木の下、二人で温かーいお茶を飲む。
そんで、俺は昨日聴いたダイナソーJrのアルバムがいかに素晴しかったか、について話し出す。
うん、うん、そーだね、ってクスクス笑いながらうなずく長谷川京子さん似の彼女。
それから…

おーーーっっと。目を覚ませ、俺。
「桜」というフレーズでつい妄想ワールドに行っちまったぜ。
ちなみに、俺の身近に「ダイナソーJr」を知っている女子はいない。
長谷川京子さん似の女の子はいる。
昨日、その子に「長谷川京子さんに似てるよねー」って言ったら、「そんな恐れ多い事言わないで下さいよーーー」って言われた。
でも、なんか嬉しそうだったけど。

♪音楽観賞日記♪

ビヨンド ビヨンド

ダイナソーJr.

オリジナルメンバーとしては18年ぶり!の新作!
轟音ギター、疾走感溢れる鼻歌哀愁メロディ。
18年ぶりだろーと、それは変わってなかった。
やっぱり、どーしよーもなく好きなバンド。

あと、これ。
スクービードゥーの新作。「トラウマティック・ガール」
向井秀徳さんプロデュース。
マツリスタジオレコーディング。

マギレモなく向井さんの音。マツリスタジオの音。
そう聴こえた。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月20日 (金)

いちおー本屋

超ーーだるーーーい。
早く寝なきゃ。

最近思う。書店員なのに、本屋のことが良くわからん俺。
コミック・児童書担当なのに。
最近はどっちも放置気味。

担当している絵本くん、コミックちゃん達に申し訳ない。
マジ、そう感じる今日この頃。
もう少し売り場にある、否、「いる」本たちに手をかけてあげたいんだけど。

陽が明るいうちは店にいないからなー。
いちおー副店長職という身にも関わらず。
完全に本の配達員と化している感が。

こんなんでいーのか。
と、キョーレツにそう感じる今日この頃。

♪音楽鑑賞日記♪

Whatever People Say I Am, That's What I'm Not Whatever People Say I Am, That's What I'm Not

Arctic Monkeys

セカンド聴く前に復習。やっぱカッコイイかも。
リズム感が独特やね。

Heavy Starry Heavenly(初回生産限定盤)(DVD付) Heavy Starry Heavenly

Tommy heavenly6

やっぱりトミーが好き。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月17日 (火)

日本酒は俺の敵

死んでた1日。

昨日の飲み会の影響か。
メシも食えず、ロックも聴けず。
とにかくダルだった。
いわゆる二日酔いとゆーやつか。これ。
せっかくの休日が。
ここ数年、一日たりとも酒を飲まない日はなかったのに。
今日は飲めなかった。
連勝記録ストップだ。

30代に突入し、俺の肝臓ちゃんの機能が衰えだしたのだろか。
こうして朽ちてゆくのか。
諸行無常やのう。
エブリシング・マスト・ゴーやのう。

♪音楽鑑賞日記♪

トリコロル

トリコロル

キタキマユ

うるさい音楽が聴けなかったので、これ。

2001年俺音楽大賞アルバム部門第一位作品。
当時すごーく愛聴してた。

キラキラキラーってしてて、透明感があって。
聴いてると少しセンチメンタルじゃーにーな気分になって。

キタキマユさん、またアルバム出してくれないかしら。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月16日 (月)

ぐわー

日曜なのに、売り上げイマイチ。

なーんか、テンション下がる時ってないDEATHか。
なーんか、凹む時ってないDEATHか。

商売の世界って勝ってなんぼじゃないですか。
勝ち負け大嫌いな俺っちにはやっぱり、生きづらい世界だ。
とジッカン。
儲けたとか損したとか契約取ったとか取られたとか、そーいうのじゃない世界で生きたいなあ、と痛切に思う今日この頃DEATH。

そんなこんなで、ぐわー、うぎゃー、って感じの1日でした。
あー、叫びたい。
ぐわー。

♪音楽鑑賞日記♪

Appetite for Destruction Appetite for Destruction

Guns N' Roses

(予想通り?)来日公演も中止になった、ガンズ。
叫びたいとき、何かをブッ飛ばしたい時はこれやね。
ピストルズの「勝手にしやがれ」同様、これまたバイブルやね。
俺にとっての。
いろーんな、もやもやを一瞬ぶっ飛ばしてくれる。叩きのめしてくれる。
これよ。これ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月15日 (日)

悪魔とドライブ

休み。
なので、今日はひたすら休む。

○ 見たやつ日記

僕たちは世界を変えることができない(通常盤) 僕たちは世界を変えることができない(通常盤)

銀杏BOYZのDVD。早起きして見ました。2時間40数分。
「青春時代」と「人間」聴きながら、少しだけ、泣きました。
「幸せになったら、こんな歌忘れてくれ」って、「人間」歌う前に峯田さん、言ってたけど。
もし、幸せを掴んだとしても、忘れませんよ。俺は。

幸福のスイッチ 幸福のスイッチ

気が付けば、ここ一ヶ月以内、上野樹里主演映画を3作品も見ている俺。
そこに、特に深いイミはないのだけれど。
家族愛とか姉妹愛とか父娘愛とかについてあれこれ考えたくなる、すごおく、ストレートなホームドラマ~っていう感じでした。
こーゆーの見るたびに姉妹ってなんか、いーよなーとか思う。
妹が「お姉ちゃん」ではなく、名前(ちゃん付け)で姉を呼ぶのがなんか、いい。
まー、かく言う自分も、実の妹を名前で、しかも「さん」付けで読んでるけど。

○ 聴いたやつ日記

So This Is Great Britain? So This Is Great Britain?

アーティスト:The Holloways

こりゃいい!!
何でも「テムズ・ビート」とかいう一派に連なるバンドらしいけど。
そーゆージャンル的なことはよくわからない。

ポップで軽快なビートと英国のいろんな伝統音楽がミックスされた感じ。
楽曲ごとの詞の中に登場する主人公達の「独りぼっち」感もすごーく良い。
しばし、愛聴します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月14日 (土)

勝手に切りやがれ!!!

すごーく、久しぶりに髪を短く切りました。
ジョニー・ロットンぐらい。
いつも行く美容院のお姉さんに、
えーと、セックス・ピストルズのジョニー・ロットンみたくして下さい
って言って。
そのお姉さん、ジョニー・ロットン知らないって。
まったく、どーいう教育受けてきたんだ。

ロックは長髪。むさ苦しいくらいがちょーどいい。
っていうのが自分の髪型に対する一貫した姿勢だったんだけどね。

昨日、社内のちょっとお気に入りの女子から、
「○○君(俺の名前)は髪、短くした方が、ZETTAI、似合うよ!」
って言われ、それを真に受けて、切っちゃった。
という次第だったんです。
なんと単純な、俺。

でもね、そんな髪型で出勤したらいろーんな人から褒められた!
てへっ。
気付いてもらえるだけでも嬉しいのに。
そんなこんなで、お気に入りの女子からも、褒められ、今日はとーってもいい気分で眠れます。
こーゆー日は年に1回あるかないかってぐらい貴重です。

ありがとう、ジョニー。

♪音楽鑑賞日記♪

Never Mind the Bollocks Here's the Sex Pistols Never Mind the Bollocks Here's the Sex Pistols

The Sex Pistols

そんなこんなでピストルズ。
聴いてから寝ます。

もしかしたら、人生で一番繰り返し聴いてる作品かも。
嬉しいときも、楽しいときも、悲しいときも、切ない時も、どんな時も聴いてきたな。
これ聴いてると、一瞬だけ全能感が湧き上がり、一瞬だけ、無敵になれる。
一瞬だけ。
自分にとっては、そんなアルバム。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月13日 (金)

悲しみの理由

まー、どこの本屋さんでもそーなんでしょうけど…。

児童書の売り場ってぐっちゃぐちゃになるじゃないですか。
まー、手にとって読むのはいいんだけど。
俺は児童書担当してるんですけどね、ええ。

俺ですね、基本的に、うちの店内にある本って全部、自分の子どもだと思ってるんです。
で、そんな児童書売り場の崩壊ぶりを見るのが毎日悲しくて悲しく仕方ないのです。
ぐっちゃぐちゃにされて、中にはページ破られてる本もあるし。

子ども連れて店に来る親御さん方に言いたいよ。
「うちの子(本)に何てことするんですか!!!!」
はっきし言ってこれ、いじめですよ。
本に対する。わが子に対する。
破られた本が泣いてるの、聞こえないのかな。
俺には聞こえるけど。

まー、俺、独り身だし。子どももいないし。
子育ての何たるか、なんてZENZEN知らないけど。さ。
もし、将来、人の子の親になる事があったら、わが子に教えてあげたい。
「本くんがね、おうちに帰りたいよーって泣いちゃうよ。ちゃんと、もとにあった場所、その本くんのおうちに戻してあげてね、おうちに帰してあげてね」
ってね。

使ったものは元に戻しなさい、という指導じゃなくてさ。
全てものには帰るべき場所、「おうち」があるんだよ、と。
そこに帰してあげてよ、と。

人間だけじゃなく、モノにもやさしくしてあげてよ、と。
本くんにも、お洋服ちゃんにも、ランドセルくんにも、鉛筆ちゃん、消しゴムくんにも。
全てにやさしく、と。
そのほうが、本くんも、お洋服ちゃんも(以下省略)、幸せになれるから、
ってね。

なんてゆーか、いたわり、ですよ。いたわりのKOKORO。
ダライ・ラマさんが著書で語ってた「思いやり」のKOKOROですよ。
まー、自分がそんないたわり心に満ちた人間だなんて思わないけど。
それを意識するのは大事なことだろう。大人も。子どもも。

♪音楽鑑賞日記♪

Heaven’s Kitchen Heaven’s Kitchen

Bonnie Pink

今日はあの頃のボニーピンクさん聴いて寝ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月11日 (水)

NO TIME!!!!

一日、24時間といわず、せめて28時間ぐらい欲しくないですか。

もう1時!?

この1時間半の間にビール3本飲んじった。
そんなことしてるバアイじゃないのにーーー。
明日朝早起きしなきゃいけないのにーー。
今から、月イチ発行してる個人的本屋だより、完成させなきゃいけないのにー。
しかも、明日発行しなきゃいけないのにーー。

酒好きだから酒を飲むのではないのです。
そこに酒があるからです。
プチ逃避です。プチ現実逃避。

そんなこんなで、休みの今日。久しぶりに、書を捨てて街に出ました。
じっくり読む時間もないのに、音楽系雑誌いっぱい買っちゃった。
マーキー、クッキーシーン、ローリングストーン、あと鹿野さんの新雑誌MUSICA。
読まなくても、紙面からミュージックが聴こえてきそうな雑誌ばかりだけど。

♪あわてて音楽鑑賞日記

We Are the Pipettes We Are the Pipettes

The Pipettes

俺には時間がない。雑誌をパラパラめくりながら、今日買ってきたCDのうち何枚か、さらっと聴く。さらーーっと。
The Pipettes。スヌーザー誌の06年年間ベストに入ってて気になってたやつ。
60年代初頭のガールズコーラスグループぽい雰囲気。4月下旬の日曜の午前中、窓から差し込む陽光に目を細めつつ、お部屋のお掃除。そんな時、聴きたい。感じ、かな。

モデルのMegさんの本日発売のミニアルバム。相変わらず音もオシャレ&キュートなクラブみゅーじっく、というオモムキ。俺はMegさんの声が好きなんだな、と再確認。

substratosphere substratosphere

FINE LINES

元ハスキングビー、ショートサーキットのメンバーらによる新バンドの1ST。
今日、ワタレコで試聴して、ひと耳惚れして購入。
エモとかパンクとか、そーゆージャンル内ジャンル、カンケーなく、
ただただ素晴しい、曲と歌と演奏。

言葉になりません。

嗚呼、こんなの書いてるバアイじゃない。
仕事しなきゃーーー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月10日 (火)

DONZOKO

アネキャンの売れ行き、イマイチ。

○ 読んだ本日記

どん底 新装版 どん底 新装版

著者:そのまんま東

今を時めく東国原知事、98~99年の謹慎生活中の日常を綴った手記。
昨日取り上げた「GOOD JOB」同様、自分の体験とシンクロしてすんごく感情移入しながら読んだ。
俺も、ヒトから、世の中から逃避してひたすら日陰に隠れてた時期があったから。
ケータイの電源、1年近く切ってたっけな。
あ、別に犯罪犯したとか、そーゆー事情じゃないですよ。
ごくごく個人的な理由です。KOKOROの、KIMOCHIの問題です。

でも、ヒトは確かに、限りなく、飛翔できるんですね。そこに強い意志があれば。
この本読みながら、今の知事の活躍ぶりを見てて、ホント、そう思いました。

♪音楽かんしょー日記

Scratch Scratch

木村カエラ


心身ともに疲れてる時、(今です。今)木村カエラさんの音楽は効きます。
虹です。虹。
虹色のポップミュージックです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 9日 (月)

俺のOL時代

○ 読んだ本日記

Good Job 7 (7) Good Job 7 (7)

著者:かたおか みさお
販売元:講談社

全7巻読み終わったぜい。
先月NHKでやってたドラマ見て、いろいろ思うところがあって。
で、原作のコミック買って読んでみました。

「働く女の子のバイブル」とかいうキャッチコピーがついてるコミック。
いわゆるOLの女子達の日々の仕事と職場の人間模様を描いた作品。
なにゆえに、男子の俺がOL漫画に過敏に反応したかとゆーと…

俺も一時期OLやったことあるから。
男だけど。
でも、これほんと。
以下、少し思い出バナシが続きます。おヒマなお方、お付き合い下さい。

とある建設・土木系の事務所(国のお役所)で「事務補」という職名で1年近く働いた。
そこには事務補という名のいわゆるOLが十数名。
男子は俺ひとり。
とゆー、すごーく特殊な状況下で。

だからこのコミック読んでて、いろいろその当時の事がフラッシュバックりました。

作品中でもテーマとして取り上げられてたけど、意識の持ちようによって、単純作業にもクリエイティヴィティってゆーのかな。
創造性とかやる気を見出せるもんです。
コピーとりだって、あるいはお茶出しだって。
俺もいつもそーゆー事を考えながら、当時、毎日仕事してました。

当時の俺の、そんなふうな女子十数名の中に男子ひとりとゆー状況。
もちろん最初の2ヶ月ぐらいはすんごくとまどった。
ほら、女子ってムラを作るじゃないですか。
男子の俺、すごーく、警戒されてたから。
なかなか、その輪というのかな、村の中に入れてもらえなかった。

でも、だんだん俺の存在を女子の皆さんに認めてもらって。
月イチのランチ会に混ぜてもらったり。
常に女子14人に男子1人とゆー状況で。
店の人からはさぞ異様な光景に見えてただろーな。

あと、ごはんネタでもうひとつ。
お昼ごはんはお弁当組の女子の皆さん、いつも、とある部屋でみんなで食べてたんです。
んで、ある日、俺も誘われたわけです。
○○君も一緒に食べよーよ。って。
で、その部屋で一緒に「笑っていいとも」見ながら食べてたんだけど。

数日経って気付きました。
その部屋って、「女子更衣室」だったんです。
俺「?!ここって女子更衣室ぢゃないですか!?」
A子さん「うん、そーだよ」
俺「てゆーか、俺、男子ですよ。マズイじゃないですか!!入っちゃあ。」
(すでに数日間そこでメシ食ってたけど)
B子さん「別にいーんじゃない。ね、いーよね」
女子一同「うん、いーんじゃないの」

とゆーありがたいお言葉を頂きましたが、サスガにそりゃ倫理的によくないだろう、と、自分で判断して、翌日からまた自分の机で一人で食うようになったけど。

このOL時代の特殊な状況下で過ごした1年はホント、勉強になった。
そして、ある程度おかしな環境下でも俺は生きていけるんだ、という自信になった。

そんなこんなで、多くの得がたい体験をした自分のOL時代の思い出に浸りながら、読んだ「GOOD JOB」。
働く女の子、のみならず全ての働く人々にオススメです。

うーん、今日の記事は長かった。

♪音楽鑑賞にっき♪

shabon songs(初回限定盤)(DVD付) shabon songs

安藤裕子

借りてきた安藤裕子さんのアルバム聴いて寝ます。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 8日 (日)

駄目人

休み。

○ 観たDVD

ダメジン デラックス版 ダメジン

「時効警察」とか「イン・ザ・プール」とかの三木聡監督作品。
例によって脱力感・ゆるさ満開。
DEMO、今作は観ててノれなかった。

○ 読了本日記

思いやり 思いやり

著者:ダライラマ14世テンジンギャツォ

2005年の日本でのダライ・ラマ14世さんの公演を書籍化したもの。

とにかく他人に対する思いやりや、慈愛のKOKORO。
それが大事だ、と。
そしてその究極はそーいった他者を思うKOKOROに「アタシ的には」とか「俺としては」といった「私」的な感情が一切混じっていない状態。
思いやり純度、慈愛純度100%。
そーゆー感情、この世に存在するのだろうか。

♪黄昏音楽鑑賞日記

Let It Be…Naked (CCCD) Let It Be…Naked

ザ・ビートルズ

新聞にある大学教授の訃報記事が。
俺の3年の頃のゼミの先生だった。

その当時のことがフラッシュバックりました。
ビートルズよく聴いてたなー、とか。
そんで、ビートルズに憧れて髪のばしてたなー。
とか。
んで、たまに実家帰ると、親に
「そのビートルズみたいな頭、みっともないからやめなさい!」
ってよく言われたなー、とか。
(注:1960年代のハナシじゃないよ、90年代後半のハナシですよ)

小林先生、ご冥福をお祈りいたします。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 7日 (土)

我的最好桜歌

AneCan (アネキャン) 2007年 05月号 [雑誌] AneCan (アネキャン) 2007年 05月号 [雑誌]

今日発売だよなー。第2号。
売れるかなー。

昨日は、超トッパツ的に飲み会だった。
「電光石火の超特急が 流れ星と並んで走る」
ってぐらいトッパツ的に。
店のメンバーみんなで。
今のメンバー体制になって3ヶ月。
ケッソク力(りょく)ちゅーのかな。
徐々に固まってきた。
かも。
未だにグループ内で一番売り上げ悪い店舗だけど。
ぎゃぼー。

♪音楽日記♪

sakura sakura

NIRGILIS

こっちでも桜が開花したらしい。
うれしー。
いや、ほんとに。
無類の桜ずきなんで。俺。
桜があれば、メシ3杯ぐらいいける。
っていうぐらいに。

極私的近年マイベスト桜歌。
ケツメイシでも森山直太郎さんでもコブクロでもない。
これですよ。これ。

今の季節のうちにいっぱい聴いとこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 6日 (金)

気分は上々

春はお別れの季節。
であると同時に出会いとか再開の季節ですな。

本屋の営業の俺。

営業やってるのに、未だに知らない人と接するの苦手なんです。

今の時期、多いじゃないですか。
営業先(学校)での転勤してきた方への自己紹介。
ならびに、名刺差し出しての、「何とぞよろしくおねがいします」
っていうアレ。

でも、今日嬉しかったのが、俺が学校で仕事してた頃の元同僚の先生。
ある方は教頭、またある方は校長先生、として出世されてこっちに戻ってきたお方が何人かいらっしゃったのだ。
また再会できるなんて。
夢にも思ってなかったな。

「あれ!?織田君!!(俺の名前:仮名)何やってんの!?」
「えー、まー、なんとゆーか、本屋になりました。てへっ」

みたいな会話を繰り返す。
お偉くなられても、変わらず昔(と言っても数年前)、同僚だった頃と同じように、気さくに接してくれて、とっても嬉しかったです。ありがとうスズキ教頭先生、マツウラ校長先生、セガワ校長先生。
ほんとにね、人の縁なんてどこでどー繋がってるかわかんないですね。

そんなこんなで、ついさっきまで、友人にプレゼントする自選CDRのジャケット作ってました。
よーやくできた。題して「何となく 気分は上々 編」
えーい!!!

1.KICK IT OUT:ブンブンサテライツ
2.そらとぶひかり:コルテモニカ
3.トゥインクル・パウダリー・スノウ:Perfume
4.FRUITS CLIPPER:CAPSULE
5.ZAZEN BEATS:RYUKYUDISKO
6.サーチ&デストロイ:イギー・ポップ&ザ・ストゥージズ
7.SUPERSTAR TRADESMAN:THE VIEW
8.FIRE CRACKER:ELLEGARDEN
9.ドルフィンダンス:STAN
10.CHERRY BON BON:RAVEN
11.土星にやさしく:クロマニヨンズ
12.LUCKY ME:トミー・ヘヴンリー
13.WHATEVER ARE YOU LOOKING FOR:木村カエラ

選曲のポイント。
前半はエレクトロニック。
中田ヤスタカさんネタ3連発。
後半は「何となくイギー」がテーマ。
ラストは少し切なく。

気分は上々。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 3日 (火)

不動心

TOKYOでは桜が咲き狂っているそうな。
ここはまだです。もう少し先。

ここ数ヶ月、休日はとってもとっても具合が悪い。
起きた瞬間から身体が重いし、ダルい。ダルダル。
からっぽの世界、だ。
とーにーかーく、動きたくない。
動きたくないこと、山の如し、ってぐらい。
これが、仕事の日じゃなくて良かった。

とか、安心してていーのだろうか。

♪聴いたやつ

Flora(初回限定盤)(DVD付)

Flora

ART-SCHOOL

聴くほどになじんでくるなー。

HIROMIX’99

「Flora」聴いてたら、春っぽいやつが聴きたくなって。
ヒロミックスさんのアルバム。これは春ぽい。ちょっと切ない。
「ロマンチックテレパシー」大好き。

ライフブラッド ライフブラッド

マニック・ストリート・プリーチャーズ

なんとなくマニックス。
これ、出た当時は、この作品の黄昏っちまった雰囲気になじめなかった。
昨日、クラクソンズがわからない俺はトシか、と思ったけど。
このアルバムの良さは、俺もトシとった今だからこそ、わかる。
そう感じた。

また、明日からリアル・ワールド、か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 2日 (月)

ドリカム

うー無、疲れた。
って仕事から帰ってきたら、以前、応募した某出版社の絵本大賞の選考通知が届いてた。

その出版社の絵本プロデューサーというお方が、俺の作品に興味を示したらしく、選から漏れたけど出版化を考えてるので、直接会っていろいろ話がしたい、とゆー内容の手紙が入っていた。

ほんとかよ~、騙されたりしないだろーな、という疑念が浮かぶ。
が、それなりに有名な出版社だし。
チャンスなんてどこに転がってるかわかんないし。
会って話だけでも聞いてみよっかな。
オノレの人生はオノレで切り開く。
しかねーからな。

本屋やってて、自分が書いた本を自分の店で売る。
あるいは、営業先で売り歩く、って夢があっていーなー。
浪漫があっていーなー。
ってずっと思ってた。

実現できるかな。

♪音楽鑑賞日記♪

近未来の神話(期間限定) 近未来の神話

クラクソンズ

チマタで話題のこれ。「ニューレイヴ」とかゆーやつ。
ダンサブルな音楽好きなんだけど。
いまいちノれない。
トシかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月 1日 (日)

YASAGURE パンダ

なんと、もう4月ですか。

久しぶりの休み。

心身ともにバテ気味の親友のS君に、本と自選CDRでもプレゼントしようと思いつく。
そんなこんなで、自分とこの店で悩みに悩んだ末、選んで買ったきた2冊。

やさぐれぱんだふたたび やさぐれぱんだふたたび

著者:山賊

バカドリル バカドリル

著者:天久 聖一,タナカ カツキ,タナカ カツキ

「坂口安吾名言集」とかそーゆー気合注入系を選ぼうかと思ったけどやめた。
疲れたKOKOROには、こーゆーフニャっとしたやつの方がいいかな、と思って。

いつも思う事だけど、誰かにプレゼントするための本を選ぶのって楽しい。
よね。

それと、プレゼント用CDRを3枚作成。何となくタソガレ編、何となくサワヤカ編、
何となく気分は上々編。

サワヤカ編

1.タイムマシンにお願い:サディスティック・ミカ・バンド
2.MY BRAND NEW EDEN:山田タマル
3.雨だけ:nobol
4.BLACK AND WHITE:THE UPPER ROOM
5.○×アーメン:ROCO
6.MY ONLY ONE:MOCCA
7.カラーガール:THE FUZZ PICKS
8.SUPERSTAR TRADESMAN:THE VIEW
9.FAIRLY TALE:ASPARAGUS×BEAT CRUSADERS
10.SHAKESPEARE:SUZAN CAGLE
11.数字:YO-KING
12.IMAGINARY FRIENDS:NADA SURF

タソガレ編

1.君にありがとう:つじ あやの
2.RECOVERLY:NEW BUFFARO
3.PLAIN SAILING:TRACY THORN
4.夜の冒険者:小明地洋哉
5.EUROPEAN LOVER:LITTLE MAN TATE
6.ディザスター:BEAT CRUSADERS
7.APRIL SKIES:THE JESUS&MARY CHAIN
8.REDEMPTION SONGS:ジョー・ストラマー&ザ・メスカレロス
9.ユメクイ:大塚愛
10.YOU:木村カエラ
11.BEHIND THE CLOUDS:TAICHI MASTER
12.SUNNY DAY:ROCO

こんな感じ。マニアックだな~。
まー、S君も音楽に関しては俺並のマニアッカーだからね。

俺からのエール、彼のKOKOROに届くだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »