« 春のアルバム | トップページ | バイバイ・ブライアン »

2007年3月 6日 (火)

涙の数だけ強くなったか?

バテた。
最近ZENZEN本屋の仕事してないよ、俺ってば。店舗管理者なのに店舗にいる時間少ないし。
営業職なのに営業してない。単なる本の配達員と化してるぞ、俺。コラ。

ほんとはね、こーゆー、本とか

春夏秋冬 京都四季めぐり 春夏秋冬 京都四季めぐり

販売元:小学館

こーゆー本とか

楽しく遊ぶ学ぶ きせつの図鑑 楽しく遊ぶ学ぶ きせつの図鑑

販売元:小学館

営業先の学校とか保育園とかに売り込まなきゃいけないのにい。
小学館さん、ごめんなさい。
本を介して自己表現するんだ、という信念はDOCOいった?俺。え?

♪音楽鑑賞日記♪

Flora(初回限定盤)(DVD付) Flora(初回限定盤)(DVD付)

アーティスト:ART-SCHOOL

アートスクーーール!!!!!!
「花と豊穣と春の女神」
アルバムタイトルの「Flora」ってローマ神話でそーゆー意味なんだって。

まだ2回しか聴いてないけど、ホント、春のイメージな音の世界観。
数日前にファースト聴いたけど、そこにあった音のGIZAGIZA感もないし、ヴォーカルに関しても、悲痛ともいえるような木下氏の叫びもないし。

なんかねえ、長い秋、もっと長い冬を越えて、春という季節に自力でたどり着いた、みたいな印象受けましたよ。「季節は自然に移り変わった」的なもんじゃなくて、光を求めて、優しさとか温かさをひたすら求めてここまで来た、っていうような。

でも、内に秘めてるもの、抱えてるものは相変わらずヘヴィだけど。

涙の数だけ強くなれるよ、って岡本真夜さんですよね、歌ってたの。
アルバム中の「SAD SONG」で、木下さんはそれとは真逆なイミの事歌ってた。苦しんだぶんだけ強くなる?ちげーよ、弱くなったんだよ、って。

俺は一体どっちなんだろう、強くなってんのかな。弱くなってんのかな。
今日はそんなこと、考えながら、寝ます。

|

« 春のアルバム | トップページ | バイバイ・ブライアン »

音楽とひとりごと」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 涙の数だけ強くなったか?:

« 春のアルバム | トップページ | バイバイ・ブライアン »