« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月29日 (木)

春はSAYONARAの港

ゴールまであと…。
って感じ。
小・中・高校の教科書業務。もう少しで終りだー。
がんばれ、みんな。がんばれ、俺。

営業先では、ここ数日、転勤される先生方とのお別れの挨拶を繰り返す日々。
超寂しい。
超悲しい。

もっと このままで いたかった 
時が止まったら いいのにね
だけど 微笑ながら
目の前の その扉 開けましょう

おニャン子クラブの「じゃあね」の歌詞がふいに頭をよぎる。

そう、扉の向こうには、また、新しい季節が待ってるんだもんね。
微笑みながら、行くさ。
うん。

おニャン子クラブ A面コレクション Vol.1 おニャン子クラブ A面コレクション Vol.1

おニャン子クラブ,河合その子,うしろゆびさされ組,吉沢秋絵,瀬尾一三

4月になれば 悲しみは 
キラキラした思ひ出

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月25日 (日)

じゃあね

新聞紙上にて教職員の人事異動が発表された。

本屋の営業、しかも学校担当の俺。
えー?!あの先生、他管区へ異動しちゃうんだー、とか、あー、よかった!あの先生は来年度も残留かあ。
とか、一喜一憂しながら、異動者をチェックする。

数年前、本屋になる前に、学校で事務職員やってた俺。
トーゼンながら、かつての同僚の先生方の名前も多数発見
俺の営業エリア内の学校に異動してくる先生が何人かいた!

嬉しい。また再会できるなんて。ホントに嬉しい。
大げさじゃなく、これは、奇跡だと思う。

○ 見たDVD

亀は意外と速く泳ぐ デラックス版 亀は意外と速く泳ぐ デラックス版

先週見た「笑うミカエル」に続いて上野樹里さん主演映画。
なんとゆーか、いわゆる超脱力コメディ。
蒼井優さんがトんでて凄く良かった。

随所に盛り込まれてる小ネタが最高。
何でそーなるんだよ、という箇所がいっぱいあったけど、そのイミわからなさが、すんごく面白かった。

日常世界のモノゴトのガチガチの「意味」とか「定義」とかが、この映画ではガチガチではなく、「フニャって」なってて、そこにすごーく、なんとも言えない「いい空気」が流れてた。
うん、素敵な作品でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月24日 (土)

ガールズ・ろっく

年度末はHELLだ。(←アートスクール木下氏風)
予算残を全て消化するためとか、
ここにきて、急遽、市から図書費が追加配当されたから、
とかで、かけこみ注文が多いのです。(注:私は本屋です。)
いやあ、儲かっちゃって儲かっちゃって笑いがとまらんなあ!グヘグヘグヘ。
とゆー感じで、喜ぶべき事なのでしょうが。
ここで喜べない、俺は、プロフェッショナルじゃないのかもしれない。
真の商売人じゃないのかもしれない。
DEMO…まあ、商売人のカタチはひとつではないはずだから。
黙ってがんばる。

♪音楽鑑賞日記♪

Heavy Starry Heavenly(初回生産限定盤)(DVD付) Music Heavy Starry Heavenly

Tommy heavenly6

すごおく疲れてる時って、やっぱり女のヒトが歌ってるやつ聴きたくなるんですね。
やっぱり、どーも、どーしても、川瀬さんの歌声が好きなようです。俺は。

…昨日、ここまで書いて意識を失ってました。
そう、トミー。よく「ガーリー」とか「ガールズ・ロック」的な
文脈で語られたりしてますよね。うん、わかる。
そーゆー、要素も好き。
けど、やっぱり…
川瀬智子さんの表現の中の純音楽の部分が好きですね。俺っちは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月22日 (木)

ロック検定2級

なんか、すごおく疲れた一日。
今日は、仕事中、「まったく…」とか「やれやれだぜ…」とか
KOKOROの中で何度もつぶやく。
とにかく、黙ってやるだけ。マジメにやるだけ。武士らしく。

帰宅後、親友からケータイに着信。
が、あまりに疲れて、声を出すのもしんどかったので、出ないことに。
ごめんよ、サトー君。
死んだような身体で、昨日発売のロッキングオン・ジャパンを眺める。
そーしたら、おおっ!!!!
と、思わず拳を握りしめてしまった記事が。

6月にMTVロック検定という検定試験があるとか。
検定料、2級が4500円、3級が3900円だって。
それ、超受けてーーー!!

「持ってる資格はですね、えー、文書処理能力検定2級と図書館司書資格と、あとは…
ロック検定2級です。ええ、そうですとも。ロック検定2級。で?」
とか言ってみたい。

♪音楽鑑賞日記♪


アイドルワイルド!
のニューアルバム。
スコットランド・エジンバラ出身。
98年のデビュー時から聴いてる。
俺の中では、「英ギターロックの良心」的なバンド。
最高に優しく、蒼く、疾走する、そんな音楽。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月21日 (水)

思えば遠くへ…

♪いきなり音楽鑑賞日記

日々とポップス 日々とポップス

YO-KING

年齢という数字は  ぼくらを遠くに来させた
時間という数字は ぼくらに重くのしかかる
けれども涙の熱さで君をあたためよう 今

確かにね、歳は重ねたけど。
ショージキ、自分が遠くまで来たのかどーか、わかんない。
時間も自分も有限。
もうちっと、熱くガムシャラに行きたい。生きたいな。うん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月20日 (火)

笑えないミカエル

終了ー。超貴重な2連休。
といいつつも、午前中仕事してきたけど。

晩飯時、ばーちゃんといろいろ話す。

ちなみにうちのばーちゃんは齢、78歳。毎日ビールを飲んでる豪快なひとだ。
俺が休みの日、俺といっしょに酒が飲めるのが非常に楽しいらしい。
そーゆー、俺も幸せ者だ。ばーちゃん孝行したいな。
と、KOKOROの底からそう思う。

まじめにやってりゃあ、最後に絶対いい事あっからな。

と、俺より48年長く生きてるばーちゃんは、俺に、そう言った。

☆ 映画鑑賞日記

笑う大天使(ミカエル)プレミアム・エディション 笑う大天使(ミカエル)

原作読んでりゃあ、印象も違ったのかな。
あんまし、映画としての出来がどーとかこーとか、面白い・面白くない、とかそーゆー観点で考えない方がいい作品かなと。
ちょっと、頭からっぽにしたいときとか、ナンも考えたくない時とか、あと、少し和みたいときとか、そーゆー時に見るのがいいかも。
CGで再現したと思しき、ヒラヒラ舞い落ちる桜の花びらがキレイ。
春よ、恋。

♪音楽鑑賞日記♪

Born Beautiful Born Beautiful

日暮愛葉

日暮愛葉さんの1STソロ作。これ、俺の中では春のアルバム。
これが出た2年前の今の時期ぐらいにほんとよく聴いてたなー。
凛とした雰囲気が最高にカッコイイです。

3枚目のアルバムはまだかなー。



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月19日 (月)

イギー!!!!

昨日はお墓参りに行った。
お盆とかお正月とかお彼岸。
そーいう時期。自分が日本に住んでて日本人なんだなー、と実感できる。
普段はあんまし、そんなこと考えないよね。

○ 読書日記

わたしのいもうと わたしのいもうと

著者:松谷 みよ子,味戸 ケイコ

いじめと孤独と死。とてつもなく、心が痛んだ。
他人(ひと)の気持ちを100%理解することは不可能だと思う。
でも、その他人の気持ちを想像することはできる。
自分自身に置き換えて想像してあげることもできる。
そーすることによって、100%とまではいかなくても、限りなく100%に近いくらいまで、気持ちをわかる、理解する、共有する、ことは出来る。
と、ワタシはそう信じています。

♪音楽鑑賞日記♪

ザ・ウィヤードネス ザ・ウィヤードネス

イギー・ポップ&ザ・ストゥージズ

キました。イギー!!ストゥージズ名義では34年ぶりの復活作。
しかも、プロデューサーは、スティーヴ・アルビニ。
そりゃあ、買いますよ。イギーが聴きたくて、とゆーより、アルビニが創る音を聴きたくて買いました。情緒性皆無で音の塊をそのまんま録音してるようなアルビニ・サウンド。
ただただロッケン・ロールなアルバムでした。
甲本ヒロトさんによるCDの帯のコメント通りなアルバム。
「やったぜベイベー!!!!!!!!」

山田タマルさんの「回廊」。
資生堂マキアージュのCM曲だった例の曲が入ってるやつ。
春の色とかにおいとか、そーゆーのを感じました。
いーなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月17日 (土)

三十にして立つ

三十にして立つ、とは「論語」の中の孔子のことば。
俺はどーも、三十にして、初めて「アイドル」なるものにハマりつつある今日この頃なのであります。これ↓

ファン・サーヴィス [bitter] ファン・サーヴィス [bitter]

Perfume!!!!!
ライヴDVD見ました。
なんとまあ、そんな…っていうぐらい、かわゆい。
いや、でも、音楽もすんごくいいよね。
エレクトロでポップでダンサブルでちょっとセンチメンタル。
もうニューオーダー級ですよ。

サブスタンス サブスタンス

アーティスト:ニュー・オーダー

なんにせよ、何かに心が動くだけいいよね。
心が生きてる証拠。
Perfumeの皆様、俺の心を蘇生させてくれてありがとう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月13日 (火)

じゃじゃ馬ならし

大雪の日。
休みでよかった。

そんなこんなで、部屋にこもってました。
で、「じゃじゃ馬ならし」見てました。
俺が高2の時にやってたドラマ。前にスカパーでやってて、おー、なつかしー!
って感激して全話録っといたやつ。
観月ありささんとか内田有紀さんとか武田真治さんとか石田壱成さんが出てます。
でも、主役は中井貴一さん。あと、本上まなみさんも出てたのにはびっくり。
でも、本上さん、あの頃より今の方が35倍ぐらい綺麗。
女子の風貌ってそんなにも変わるもんなんだなー、と、素直に感心してしまいました。

♪音楽鑑賞日記♪

FRUITS CLiPPER FRUITS CLiPPER

アーティスト:capsule

ダンスミュージック、クラブミュージックの何たるか、なんて、俺はZENZEN知らない。
ただ、聴いてて、何かしら心が動く音楽、が好きというだけです。
これ、前作までのポップさとかキュートさが後退してて、よりダンス音楽的純度が上がってる感じがする。身体も心もノれる。

The Who by Numbers The Who by Numbers

The Who

英米ではビートルズ、ストーンズ、ツェッペリンと並ぶ超大御所。なのに、日本での知名度はイマイチ(でも有名だよね)という、ザ・フー。
70年代以降のフーもじっくり聴いてみよう、と思って聴いてみたのだが…。
なーんか、イマイチ。特有のサウンドのダイナミックさもないし、メロディの良さもないなー。
この作品の前々作、「フーズ・ネクスト」は人生のベスト10に入れてもいいぐらい大好きなのに。
心が動きませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月11日 (日)

遠い渚

AneCan (アネキャン) 2007年 04月号 [雑誌]

チマタで話題のアネキャン。売り切れちった。
でも、あの分厚さと重さ2.2キロは女子にやさしくないつくりだなー、と思うのだが。

Rolling Stone (ローリング・ストーン) 日本版 2007年 04月号 [雑誌] Rolling Stone (ローリング・ストーン) 日本版 2007年 04月号 [雑誌]

販売元:インター・ナショナル・ラグジュアリー・メディア

本日創刊のコレ。やっぱり買ってる俺。
でも、中身は、なにかとロックロックってうるさすぎな気がしたけど。
とか言いつつも、「ロック」ってついてると条件反射的に反応してしまうのです。
悲しくも嬉しい習性。

♪音楽鑑賞日記♪

Heavy Starry Heavenly(初回生産限定盤)(DVD付) Heavy Starry Heavenly(初回生産限定盤)(DVD付)

アーティスト:Tommy heavenly6

最近の愛聴盤その1。とにかくブリリアント・グリーンとトミーが好きなのです。

ア・ディスタント・ショア(紙ジャケット仕様) ア・ディスタント・ショア

アーティスト:トレイシー・ソーン

最近の愛聴盤その2。エヴリシング・バット・ザ・ガールのトレイシー・ソーンの82年リリースのソロ。
なんとなくボサノヴァ、そこはかとなくジャズ、なテイストのアコギとトレイシーの声だけのアルバム。アルバムの邦題は「遠い渚」。
まさに、そんなイメージ。
雨の日に聴きたいな、これ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月10日 (土)

このうたをうたえ!

一昨日だったかな。
営業の仕事終わって夕方、店舗に戻ってきた俺。
普段は元気なユイちゃん(仮名)がえらく暗い。
ハナシを聞いてみたら、2日続けて仕事上で大きなミスを犯してしまったとのこと。
「まあ、MACHIGAIは誰にでもあるよ。大丈夫!」とかなんとか、慰めにも励ましにもならん事しか言ってやれなかった。

そんなこんなで、昨日、そのコに自作CDRをプレゼントした。
口下手な俺は、そーやって時に、今の俺なりの気持ちをCDRに込めるのだ。
まあ、これでも聴いて元気出してよ、つってあげた自選CDR。
題して「このうたを歌え!かなり濃い曲4曲プラスボーナストラック」

1.若者たち:銀杏ボーイズ
2.美しき人間の日々:サンボマスター
3.DIVE&DIVE:AIR
4.ガストロンジャー:エレファント・カシマシ
ボーナストラック
5.Oneway Generation:本田美奈子

いずれも、落ち込んだ時に、俺がよく車ん中とか歌う曲。

今日、出勤したら少し元気になってた同僚のそのコがいた。
俺からのエール、少しは届いたみたい。
よかった。

君と僕の第三次世界大戦的恋愛革命 サンボマスターは君に語りかける
MY LIFE AS AIR ガストロンジャー
ゴールデン☆ベスト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 7日 (水)

バイバイ・ブライアン

休み。
休みの日はひきこもり、が続いてたのに、久しぶりに外に出た。
おかげで、いろいろいい事あった。イエイ。

☆ 見たDVD

ブライアン・ジョーンズ ストーンズから消えた男 通常盤 ブライアン・ジョーンズ ストーンズから消えた男

ストーンズの創設者にして初期のバンドのリーダー。1969年7月3日、自宅プールにて不可解な溺死。享年27歳。
の、ブライアン・ジョーンズの謎の死に迫った映画。

俺、超ストーンズ好き。オリジナル・アルバムも全部持ってます。ってぐらい。ストーンズのアルバムだけで100枚近く所有してるかも。
でも、最近はあまり聴かなくなっちった。
ストーンズの記録本みたいなのも何冊も読んだからバンドの歴史も知ってるけど…。

映画見て改めて思った。
知識として知ってた事とはいえ、ブライアン・ジョーンズ、人間的には最低。
酒に溺れ、女に溺れ、薬に溺れ、暴力に溺れ…。
典型的な、セックス&ドラッグ&アルコール、そしてロックンロール!
ライフを体現してる、そーいうアーティスト。
それで、自ら破滅への道をたどるっていう。

そりゃあ、バンド、クビになるわ。ってぐらい映画で描かれていたブライアン、ボロボロだったな。
ミックからクビを宣告された直後、「たまにはスタジオに顔出せよな」ってキースに言われて、力なくキースと握手するブライアン。なんだか切なかった。
バンド創ったのブライアンだったのに。

でも、そんだけいろんなモンに溺れて中毒して身を滅ぼすまでボロボロになってるのに、自分が信じる音楽(ブルース)に対する気持ちだけは、すごく無邪気に持ち続けてたのかなって、映画見て思った。音楽っていう部分にだけはとっても純粋な人。
改めて、そう感じた。

12 X 5 12 X 5

The Rolling Stones

そんなこんなで、ムショーにブライアン在籍時のストーンズが聴きたくなって、彼がまだかろうじて、リーダー的ポジションにいた頃のアルバム聴いた。アメリカでの2枚目。

ブルースやR&Bのカバーといった純黒人音楽志向だったブライアン。
それらに独自のポップな感覚を織り交ぜてオリジナル曲を量産していったミックとキース。

映画見て、ブライアンの自らが信じる音楽に対する強い想いを改めて感じたのに…。
実に久しぶりに聴いた初期のストーンズ。悲しいかな、今の俺の心に響いたのはミック&キース作曲のオリジナルナンバー群の方だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 6日 (火)

涙の数だけ強くなったか?

バテた。
最近ZENZEN本屋の仕事してないよ、俺ってば。店舗管理者なのに店舗にいる時間少ないし。
営業職なのに営業してない。単なる本の配達員と化してるぞ、俺。コラ。

ほんとはね、こーゆー、本とか

春夏秋冬 京都四季めぐり 春夏秋冬 京都四季めぐり

販売元:小学館

こーゆー本とか

楽しく遊ぶ学ぶ きせつの図鑑 楽しく遊ぶ学ぶ きせつの図鑑

販売元:小学館

営業先の学校とか保育園とかに売り込まなきゃいけないのにい。
小学館さん、ごめんなさい。
本を介して自己表現するんだ、という信念はDOCOいった?俺。え?

♪音楽鑑賞日記♪

Flora(初回限定盤)(DVD付) Flora(初回限定盤)(DVD付)

アーティスト:ART-SCHOOL

アートスクーーール!!!!!!
「花と豊穣と春の女神」
アルバムタイトルの「Flora」ってローマ神話でそーゆー意味なんだって。

まだ2回しか聴いてないけど、ホント、春のイメージな音の世界観。
数日前にファースト聴いたけど、そこにあった音のGIZAGIZA感もないし、ヴォーカルに関しても、悲痛ともいえるような木下氏の叫びもないし。

なんかねえ、長い秋、もっと長い冬を越えて、春という季節に自力でたどり着いた、みたいな印象受けましたよ。「季節は自然に移り変わった」的なもんじゃなくて、光を求めて、優しさとか温かさをひたすら求めてここまで来た、っていうような。

でも、内に秘めてるもの、抱えてるものは相変わらずヘヴィだけど。

涙の数だけ強くなれるよ、って岡本真夜さんですよね、歌ってたの。
アルバム中の「SAD SONG」で、木下さんはそれとは真逆なイミの事歌ってた。苦しんだぶんだけ強くなる?ちげーよ、弱くなったんだよ、って。

俺は一体どっちなんだろう、強くなってんのかな。弱くなってんのかな。
今日はそんなこと、考えながら、寝ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 5日 (月)

春のアルバム

終ー了ー。貴重な休みの日が。
まーた、家から一歩も出ず。
ええ、見たい聴きたい読みたいもんがいっぱいあるんですよ、僕ぁ。
そーゆー表現に触れて、この狭い部屋の中で、いろいろ感じたことが、リアル世界で生きていく上での、力になってるんだから。

○ 読書日記

クイック・ジャパン Vol.70 (70) クイック・ジャパン Vol.70 (70)

販売元:太田出版

カンニング竹山さんの23000字インタビュー、読む。
俺は、あんましテレビ見ないし、昨今のお笑いについても詳しくない。
カンニングのコントもじっくり見たことない。
でも、竹山さんの芸風は好きです。
芸というもの対するまっすぐで、真摯な姿勢。かっこいい。
漢(おとこ)だねえ。ほんとに。

♪音楽鑑賞日記♪

Flora(初回限定盤)(DVD付) Flora(初回限定盤)(DVD付)

アーティスト:ART-SCHOOL


よーやく聴きましたよー。
詳しくはまた次回にでも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 4日 (日)

フォール・アウト・ボーイ!!

はろー。昨日はひなまつりでしたね。
児童書コーナーで、おひなまつりコーナー展開してたのにイマイチでした。
十五夜にしろ節分にしろ、ひなまつりにしろ、どーもNIPPONの伝統行事に関する絵本、展開しても動きが悪いです。クリスマス本はあんなに売れるのに。そーゆー世の中なのかな。少しだけ寂しいけど。

○ 日々読書日記

楠木正成〈上〉 楠木正成〈上〉

著者:北方 謙三
販売元:中央公論新社

どーもね、日々、仕事してて「もはやこれまで…!切腹して相果てるのみ!」と自分に限界を感じる事が最近ひじょーに多くて。いや、腹は切らないけど。
でも、出来うる限り、じたばたしてやる!もがきあがいてやるぜベイビー!という心意気はキープしていたい。キープ・オン・ロッキン。

そんなこんなで、自分に気合を注入するんだ、というイミで最近、よく武士道関連の本読んでるんです。武士道とは死ぬ事とみつけたり、ていうアレです。
あと、楠木正成。勇と義に厚い漢(おとこ)の生き様に触れて、気合を入れたいわけですよ。そんで、たまにパンダ育児日記(2日の記事参照)とか見て、やさしい気持ちを思い出したいんですよ。

そーやって、あがきながら、もう少し今を生きてみようと思ってるんですよ、コノヤロウ。

♪音楽鑑賞日記♪

インフィニティ・オン・ハイ-星月夜(期間限定特別価格盤) インフィニティ・オン・ハイ-星月夜(期間限定特別価格盤)

フォール・アウト・ボーイ

シカゴ出身のアメリカ全土で大ブレイク中の若手バンドですな。
このアルバム聴き始めた当初は、ふーん、コレ系ね、という感想しかなかった。
キッズの、キッズによる、キッズのための、US版青春パンク。みたいな。水で薄めたような。

しかし、困った事に最近、このアルバムの曲のメロディとかリフとかサビとか、知らぬ間に口ずさんでる俺、30歳。
繰り返し聴いてるうちに大好きになってしまいましたよフォール・アウト・ボーイ。
俺が好きなタイプの過剰にドラマチックなポップなロック。
まあ、ポップを感じる心に15歳だとか30歳だとか、あまり関係ない。
とゆーことかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 2日 (金)

パンダ育児NIKKI

☆ 読書日記

パンダ育児日記 パンダ育児日記

販売元:二見書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

苦しい。苦しい。なんて愛くるしい。
天使が白と黒の生き物に姿を変えて、中国四川省に降臨したんだ、そーに違いない。

って、バカな空想してしまうほど、かわゆい。「癒し系」とか、そーゆー、レベルじゃないですよ。

中国四川省パンダ保護研究センターでの0歳から4歳までのパンダの育児日記。
生後6ヶ月になるとパンダの皆さんは「パンダ幼稚園」に入園するんだって。
いーなー。俺も入園させてくれー。
それで、すべりだいでたくさんたくさん遊んで、疲れちゃって、すべりだいの傾斜の途中で眠りたいのです。

パンダにはパンダの生き方があり、ニンゲンにはニンゲンの生き方があるのだろーけど。
それはわかっとるけど。

♪音楽鑑賞日記♪

ファン・サーヴィス[sweet](DVD付) ファン・サーヴィス[sweet](DVD付)

アーティスト:Perfume

やべー。パンダ並にかわゆい音楽だよ、これ。Perfume。06年俺内ベストアルバムランキングにもランクイン。(→1月の記事参照)
これまたcapsuleの中田ヤスタカさんプロデュースのエレクトロ・近未来型ポップユニット、3人組の女子。

しかもDVD付・初回限定版買ってるし。
そーゆー部分に少しの恥じらいを感じてしまってる。
俺に足りないのは覚悟だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »