« eden | トップページ | キャンキャン酔い »

2007年2月23日 (金)

安吾がロック

10年ぐらい前かなー。
坂口安吾の「堕落論」読んで、えらく衝撃受けた。
なんちゅーか、サムライだな、ロックだな、と。

そんなこんなで、久しぶりに安吾本読んだ。

なぜ生きるんだ。―自分を生きる言葉 なぜ生きるんだ。―自分を生きる言葉

著者:坂口 安吾
販売元:イーストプレス

然し、生きていると、疲れるね。
かく言う私も、時に、無に帰そうと思うときが、あるですよ。
戦いぬく、言うは易く、疲れるね。
然し、度胸は決めている。是が非でも、生きる時間を、生きぬくよ。


そして、戦うよ。決して、負けぬ。
負けぬとは、戦う、ということです。
それ以外に、勝負など、ありゃせぬ。
 
(「不良少年とキリスト」より)

そんなこんなで、嗚呼、俺も歯を食いしばって、黙って、戦うのだ、
と自分のKOKOROに言いきかせて、明日も生きるのだ。
ガオー。

♪音楽鑑賞日記♪

COLTEMONIKHA COLTEMONIKHA

アーティスト:COLTEMONIKHA
販売元:ヤマハミュージックコミュニケーションズ
発売日:2006/05/17
Amazon.co.jpで詳細を確認する

安吾だロックだストイックに生きるのだ、とかなんとか、ゆっときながら、
こーゆーカワユイ音楽を聴いているのです。

コルテモニカ。capsuleの中田ヤスタカさんとファッションブランド・メイドインコルキニカのデザイナーであり、モデルの酒井景都さん(←かわゆい)のユニット。

なんて、ファンタジックな。虹色の電子の森のなか、妖精さんと動物さんたちのささやき声がきこえてくるかのよう。
なんだか、書いてて意味わかんないけど、そーゆーキュートな・エレクトロ・ポップ・ミュージック。

|

« eden | トップページ | キャンキャン酔い »

音楽と本」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安吾がロック:

« eden | トップページ | キャンキャン酔い »