« 星月夜 | トップページ | MUGEN »

2007年2月14日 (水)

ハーヴェスト

休み。
珍しく2連休。でも、ちょっと仕事したけど。

読んだ。

日々パワー 日々パワー

著者:堀川 波
販売元:ポプラ社

ふつうの毎日が新しい「今日」をつくる。8つの日々パワーで、自分を引き出そう、今日をもっとキラキラ生きよう、そして、それらのパワーは全部、自分の中にある!
とゆー感じの本。

いそがしくても ひとりぼっちでもへっちゃら なぜなら「好き」を見つけた自分だから

とゆー意味の一節に「うん!」って深くうなずく。すきパワーを日々の中で、もっと探求したいなあ、と思った。

♪いろいろ聴いた♪

ポータブル・ロックの87年リリースの2枚目。紙ジャケ。リマスター版。
元ピチカードファイヴの野宮真貴さんがピチカートの前にやってたバンド。
なんとゆーか、すげー80年代の音。ドラムにエコーかかってる感じとかちょっとチープな打ち込み、シンセの音とか。英米の80年代サウンドと違って日本のそれって、もうちょっと稚拙な音だけど、それがまた自分の中のセンチメンタル感受神経に直撃する。
世代的な感覚なのかなあ。80年代が小学生だったからかな。なんか、遠い遠い故郷を思い出す的な。夕方5時からやってた昔の再放送アニメのエンディングテーマ的な寂寥感とゆーか。この感じわかりますかね。
80年代は遠くになりにけり。

Some Loud Thunder Some Loud Thunder

クラップ・ユア・ハンズ・セイ・ヤー

デイヴ・フリッドマン、プロデュースの2枚目。聴くほどに、なじんでくるなー。この脱力感。温かい感じ。切ない感じ。

Harvest Harvest

Neil Young

ニール・ヤング。今月のマーキー誌で、アートスクールの戸髙さんが、06年私的セラピーアルバムの中の一枚として挙げてたので、久しぶりに聴いてみた。

やっぱし、むちゃくちゃ、いいなあ。「孤独の旅路」最高に好き。
ニール・ヤングのアルバムは70年代の作品しか聴いてないけど、なんか、いつも聴くと途方に暮れたくなる。黄昏たくなる。
途方に暮れてる感と黄昏てる感。それは、俺にとっては心地よい違和感。
なので、途方に暮れて、ぼーっとしたい時、ニールヤングのアルバムを聴きます。
すごく効きます。

|

« 星月夜 | トップページ | MUGEN »

音楽と本」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハーヴェスト:

« 星月夜 | トップページ | MUGEN »