« MANGA BOY | トップページ | ウルトラ・ブルー »

2006年12月10日 (日)

RADWIMPS

休み。

どっか出かけようかと思ったら、雪が降ってきた。しかも、バリ寒い。
なので、今日も引きこもりDAY。

明日なき暴走 明日なき暴走

ブルース・スプリングスティーン

はい、また出ました。ブルース・スプリングスティーン。数日前の記事にも書いた「明日なき暴走」の30周年記念盤のDVDのDISCⅡ見る。ブルースと彼のバンドメンバーが、当時のアルバム制作の様子を振り返る内容。このロック史に残る奇跡の作品が生まれるまでのドキュメント。バンドメンバー、プロデューサー、そしてブルース・スプリングスティーンが、このアルバムの制作のために、いかに全身全霊をそそいだのか。外からの、さらにオノレら自身とのプレッシャーとの戦い。その果てに創り上げた作品。そーいう事実が痛いほど伝わってきて、見ていて、胸が詰まった。

アルバム発表から30年後、54歳のブルースいわく。「なぜ人は悩み、苦しまなければならないのか?」「それは、悩み、苦しむ必要があるからだ」…………深い。

ブルースいわく。「自分が生み出した曲。その曲から生じる問いに正面から向き合い、その答えを探し出す。それが、ファンに対しての、また音楽家・表現者として自分の責務なのだ。」

むむむムムム無無無無…。仕事でもそれ以外でも、これまでに、俺は俺がやったこと、形にしてきたいろんなもの。それらは、俺自身になにかの問いを発していなかったか?気付いてなかった…。
まだまだ修行が足りんな。俺。

RADWIMPS3~無人島に持っていき忘れた一枚~ RADWIMPS3~無人島に持っていき忘れた一枚~

RADWIMPS

今年出たアルバムは今年のうちに聴いとこう月間。第二弾。今日聴いた1枚。
ラッド。ムムム無無無……こいつは、まいった。ある種の音を聴いた時のみ感じる、ホンモノ感。ロック感。刹那と永遠が交錯するかのような音と詞の世界。まいったな。やべえ、6日にリリースのニューアルバム、すげー聴きてえ。今すぐ聴きてえ。

特にシングルにもなった「25コ目の染色体」。「遺伝子」でも「DNA」でもなく、「染色体」という表現がまた凄いな。こーゆー歌だったのか。
最近読んだ絵本「がいこつ」という作品の中で、「たとえ、がいこつになっても、キミが好き」というようなくだりがあって、その想いの強さに心が揺さぶられたけど、この曲のインパクトは、それ以上だ。ほんとうにまいった。

その人の染色体まで愛せるのか。染色体にまで想いと願いを込められるのか…。
まだまだ修行が足りんな、俺。(2回目)

ブルース・スプリングスティーンとRADWIMPSにいろいろ気付かされた一日でした。

|

« MANGA BOY | トップページ | ウルトラ・ブルー »

音楽とひとりごと」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: RADWIMPS:

« MANGA BOY | トップページ | ウルトラ・ブルー »