トップページ | 2006年9月 »

2006年8月30日 (水)

素晴しい音楽を世に広める会

本日31日をもって、退職する職場の同僚への御餞別代りの自作コンピレーションCDの編集を今までしてました。

「素晴しい音楽を世に広める会」を組織・運営しているので(会長・俺 会員・俺のみ)、ごあいさつ代わりとかお別れの際の御餞別代りにこの手のCDを自分で編集しては、四方八方に配る、という活動をしてます。

ちなみに、今回のそのCDをあげる相手は…「24歳女子・特に音楽に詳しいわけでもない、比較的好きなアーティストはミスチル、ゆず、スピッツ、レミオロメン、ダニエル・パウター等、男性ヴォーカルものが好き」…という情報をもとに、曲をセレクトしてCDを作成しました。以下、そのオリジナルコンピCDの曲目。

  1. 3月のシーン:残像カフェ
  2. 電波塔:アジアン・カンフー・ジェネレーション
  3. 風に吹かれて:エレファント・カシマシ
  4. グラフィティ:ゴーイング・アンダーグラウンド
  5. アオバ:メレンゲ
  6. Raining:こっこ
  7. シトラス:アドバンテージ・ルーシー
  8. ピクニックには早すぎる:フリッパーズ・ギター
  9. LOVE DISCHORD:ビート・クルセイダーズ
  10. セイコウトウテイ:スネオヘアー
  11. BABY BABY:銀杏BOYS
  12. 祭りのあと:桑田佳佑
  13. やさしさに包まれたなら:荒井由実

うーん、どうでしょう。ちょっと通好みかなあ。こーゆーのあげてよろこんでもらえるかなあ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月29日 (火)

きりんさん

夏休みも終わり。小中学校は今日が第二学期の始業式のようですね。

「夏休みの課題図書!県すいせん図書!自由研究図書!」コーナーも秋用に変えなきゃなあ。あ、俺、本屋なんです。児童書担当なんです。

夏休み効果のおかげで今月の児童書全般の売り上げは絶好調でした。てへ。でも、浮かれてるヒマはないなあ。次の秋用のコーナー展開を考えないとね!絵本コーナーに関してはオーソドックスに、「おつきさま」「おべんとう」「おいしい」がキーワードの絵本を展開しようと思ってるんだけど。

そんなこんなで、秋とは関係ない絵本だけど、去年の秋に見つけたオススメ絵本!

キリンさん キリンさん

著者:まど みちお,南塚 直子
販売元:小峰書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

南塚直子さんの絵がとっても素敵です。秋というより春っぽい、「陽だまり」というイメージの絵です。もちろん、文章(というか詩)も素敵です。

あそびましょって ぞうさんが きたらいいな わたしのいえに

あそびましょって くまさんも きたらいいな わたしのいえに  

(あそびましょ)

ちなみにこれ、収録されている詩で個人的に一番お気に入りの詩です。

ケーキと果物が乗ったテーブルを前に女の子とゾウさんとクマさんとキツネさんが座っています。家の外にキツネさんが何かプレゼントを持ってやってきました…という絵。

あーいーなー。俺んちにも来てくんないかなあ、ぞうさんとか、くまさんとか。なーんて思っちゃいます。

そんな絵本のBGMはこーゆーのでどうでしょう。↓

Lust Music Lust

アーティスト:Rei Harakami
販売元:ミュージックマイン・アイディー
発売日:2005/05/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

エレクトロニカ?テクノ?というのでしょうか。ジャンル名はよくわかりません。

歌が入っていないインスト音楽ですが、ある音楽ライターの方が、レイハラカミの音楽について実にうまい表現をされていました。

水彩画のようなナイーブな音の向こうに「うた」がきこえる…って。

この手の電子音楽?系のものもたまに聴くのですが、レイハラカミが鳴らす電子音は何だか、あったかいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月27日 (日)

でびゅー

メカ・オンチでデジタル嫌いの自分が。ブログデビュー。眞鍋かをりさんの本読んでよーやくここまでたどりつきました。

それにしても、世界の片隅でキーボードたたいて書いたこんな文章読んでる人っているのかなあ。

日々を生きていて、黄昏たくなったり、ぼけーっとしたくなったり、何かつぶやきたくなったりしたら、ここの部屋に入って独りごとをつぶやきたいです。

スマッシング・パンプキンズ:メロンコリー そして終わりのない悲しみ

今日、実に久しぶりに聴きました。「TONIGHT TONIGHT」「1979」が特にお気に入り。 

メロンコリーそして終りのない悲しみ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年9月 »